アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
私の「愛の精神」-------「思いやり」の精神
私の母校(大分高専)の校是は「愛の精神」です。

これは学校創立当時の校長が、キリスト教の信者で、その中の精神を掲げたものです。当時、校長の講和では、よくこの精神について話を聞きました。叉、校長主催の私的な会合も行われて、この中でも有志参加者に話しをされていた様です。

しかし、当時の私は講和を聞いても、この西洋的な言葉にピンと来ませんでした。よって、校長の私的な会合にも参加せずじまいでした。

当時の私は、「朝には紅顔ありて、夕べには白骨となる」(浄土真宗の御文の中の一節)がしっくりくる人間でした。大分県の田舎の、日本的な土俗風俗の中で自然に成長してきましたので(仏教にのめりこんでいた訳ではありませんが)、この西洋的な概念にはなじめませんでした。

[私の「愛の精神」-------「思いやり」の精神]の続きを読む
スポンサーサイト
お勧め英語練習法------新聞写真欄 説明文を速読みする
在米25年目になり、英語の方も目から鼻に抜けるように分かりが良くなったわけでもなく、未だに目から鼻の後、耳を通って脳内を迷走している当方です。

それで、未だに良い英語練習材料は無いかと模索している中、最近は新聞の写真欄の説明文章を速読みする、という事をしています。毎日の新聞の記事をきっちり読めば、英語力もつくのでしょうが、日本のネットサーフという低きに流れ易い軟弱な当方にとって、なかなかきっちり読みきる時間が取れません。

それで、新聞の写真欄の英語のみの速読みを、している次第です。しかしこれはお勧め。その要点を記します。

016_20170610050043363.jpg
(最近の新聞はビジュアルです)
[お勧め英語練習法------新聞写真欄 説明文を速読みする]の続きを読む
2017年ルイビル マラソン結果------失敗とか成功とか、そんな些細な事はよいではないか
4月29日の土曜日にルイビル マラソンを走りました。数時間良い汗をかき、その翌朝血圧を測ったら、114/66。いやー、良い汗かきましたねぇ。

(ここで暗転)しかしながら、レースは、5時間29分もかかりました。今回も叉々、18Miles辺り(30km手前)から走れなくなり歩き主体となりました。

最終的には、健康にも良かったしまずまずでした、という達観したレース結果を。

008_20170513055150c63.jpg
(出発前の余裕の表情)


016_20170513055153f9c.jpg
(ルイビルの街が、17,000人のランナーで埋まりました)

[2017年ルイビル マラソン結果------失敗とか成功とか、そんな些細な事はよいではないか]の続きを読む
お勧め英語練習法-----英語小説の読み下し方
お勧め英語練習、2017年版第二報です。

英語圏生活が25年目に入りました。四半世紀です。こんなに長く生活していても、こんなに長く仕事や生活で英語を使っていても、「ウン、オレの英語はカンペキ!」などという事は無く、毎日辞書を持って走り回ったり、何がしかの新聞、や読み物を読み漁って、英語力をつけたいと念じています。

その中に、就寝前の英語の本の読書があり、これが既に....記憶が遠くなりましたが....十年以上は続いています。

031_201704180143462f8.jpg
(英語小説、読み下したシリーズ----黄色の表紙)

[お勧め英語練習法-----英語小説の読み下し方]の続きを読む
お勧め英語練習法-----英語版、漫画卓上日めくりカレンダー
アメリカには、漫画の日めくりカレンダーが各種あります。日めくりカレンダーに、3~4コマの漫画をかいたものです。

当方は、毎年これを買ってをオフィスに置き、毎日の日めくりカレンダーとして使っています。この漫画のScript(せりふ)の部分を、毎日読んでいますが、これが英語の練習に良いということを少し。

017_20170314040857ae0.jpg
(英語版、漫画卓上日めくりカレンダー)
[お勧め英語練習法-----英語版、漫画卓上日めくりカレンダー]の続きを読む
当方の今年の仕事の抱負------“終身”雇用アメリカの労働事情
今年の抱負にも関係しますが、今年65歳になる当方のアメリカでの会社の仕事の見通しについて少し。

当方はこちらの会社に現地採用の形になっていますので、定年というものはありません。アメリカでは本人の意思(と能力)次第で、退職時期を自分で設定できます。よって当方は、日本では一般的な定年後勤務継続も終了する歳ですが、今年は勿論、もう4~5年、70歳位までは今の会社勤めたいと思っています。

日本の経営管理の三種の神器は、①終身雇用、②年功序列、③企業内組合といわれていますが、どうやら終身雇用の方はアメリカの方が確保されているね、というお話を。

[当方の今年の仕事の抱負------“終身”雇用アメリカの労働事情]の続きを読む
2017年、今年の目標------トレーニングで気持ちの良い汗をかく事と、お酒の量、頻度減を目指します
1月も半分過ぎましたが、遅ればせながら本年の抱負です。余命いくばくも無い今年65歳になる当方にとって(あと25年生きられれば御の字と思う)、まずは健康に過ごすという事が第一義の抱負となります。

具体的には、①年二回のフルマラソン大会参加する為のトレーニングを通じて、良い汗をかく、②結果論だが酒量、頻度が減ってきたのでこれを維持、ということに尽きるかと思います。


[2017年、今年の目標------トレーニングで気持ちの良い汗をかく事と、お酒の量、頻度減を目指します]の続きを読む
生産性の低い、日本のビジネス社会----現地現場主義もどうかなぁという論説
最近の東洋経済オンラインに、

【「1人あたり」は最低な日本経済の悲しい現実
日本の生産性は、先進国でいちばん低い】


というコラムが出ていました。以前、本ブログで日本の会議の生産性の低さを投稿しましたが、本日はもう一つの日本的管理手法の「現地現場主義」もどうかなぁ、という論説です。
[生産性の低い、日本のビジネス社会----現地現場主義もどうかなぁという論説]の続きを読む
2016年 Bowling Greenマラソン結果-----失敗レースでしたが、なんとなく達成感

今月初め(11月6日)、今年二回目となるマラソンレースである、Bowling Greenマラソンを走ってきました。結果は、17Miles (27kms)辺りから走れなくなり殆ど歩きのレースとなり、タイムも最悪の5時間17分37秒という結果になりました。

9Miles (14~15km)延々と歩き(途中小走りを入れた)苦しかったレースですが、ゴール到着後は不思議な達成感もあり、これも“一局”かな、という感じです。

012_201611240454417f6.jpg
(参加人員数百名の小さな大会。スタート前のゲートの様子です)

013_201611240454444c1.jpg
(ゴール後のなんとなく達成感の図)

[2016年 Bowling Greenマラソン結果-----失敗レースでしたが、なんとなく達成感]の続きを読む
高専程度の(サムイ)英語で英語社会に対応するには------3Pで(Plunge:飛び込む, Put aside:〔理論は〕横に置く, Practice:練習)対応せよ!
以前、高専卒業程度の英語力(世間ではサムイ英語力と言われているらしい)で、英語世界へ対応しているコツをエントリーしました。叉、高専生のホームステイ学生の、英語のへの優れた対応の仕方をエントリーしました。今ここで、これらを振り返りもう少しまとめて、3Pで要約してみました。

いずれも巷で言われている、①文化的側面、②英語技術的側面、③言語習得的側面、を述べたものですが、要約的に纏めてみました。

高専卒業程度(サムイ)英語力で英語社会に対応していくには3Pで!曰く、

Plunge:飛び込む,

Put aside:〔理論は〕横に置く,

Practice:練習



[高専程度の(サムイ)英語で英語社会に対応するには------3Pで(Plunge:飛び込む, Put aside:〔理論は〕横に置く, Practice:練習)対応せよ!]の続きを読む
マラソン秋の大会に向けての練習-------32km走実施
本日マラソン練習で32kms(20miles)走りました。先週はバテて21kmしか走れませんでしたが、今週は少し抑え気味で(スローランニングを意識して)スタート。これが良かったのか、無事32kms到達。各ポイントの記録は、ハーフで2時間15分、32kmsで3時間30分でした。
[マラソン秋の大会に向けての練習-------32km走実施]の続きを読む
マラソン秋の大会に向けての練習-------フルマラソンに潜む難しさ
マラソンに向けて、久しぶりに長距離を走りました。と、言ってもハーフ(13.1miles、21.1kms)です。11月の初めにあるマラソンの大会に向けて、少し長い距離を走り始めようという練習の一環です。

今回は、フルマラソンを悔いなく走るためにはなかなかすんなりとはいかない、オヤジランナーのもがきを掲載します。

[マラソン秋の大会に向けての練習-------フルマラソンに潜む難しさ]の続きを読む