FC2ブログ
アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ルイビル ハーフマラソン参加記---------ハーフもアップアップの巻
もう一ヶ月にもなりますが、ルイビルハーフマラソンに参加してきました。

ここ数ヶ月。腰の痺れで練習が積めずに、今回はあきらめてハーフ。そのハーフもやっとの事で走ってきました。いよいよ年で、フルマラソンはあきらめざるを得ないか?分岐点に立っている様です。

016_20190530034415d0d.jpg
(余裕のレース前)
[ルイビル ハーフマラソン参加記---------ハーフもアップアップの巻]の続きを読む
スポンサーサイト
日本とアメリカの男女共同参画社会-------母校教員採用基準に見る違和感
先日母校(大分高専)のホームページの教員採用欄を見ていて、アメリカ生活者としてやや違和感がある表現がありました。雇用の男女平等に関してです。

日本では、男女共同参画の活動として、採用時「業績(教育業績、研究業績、社会的貢献、人物を含む)の評価において同等と認められる場合には、女性を優先的に採用します」ということだそうです。

これは、男女平等をうたっているようにあるけど、男性が差別された表現になっており、アメリカの視点で言うとアウトじゃないかなぁ。

[日本とアメリカの男女共同参画社会-------母校教員採用基準に見る違和感]の続きを読む
今年のルイビルマラソンへの挑戦--------「健康維持出来れば、命はいらないよ」ともいかず、ハーフへ切り替え
今年も、ルイビルマラソンの開催が迫ってきました。4月末、あと一ヶ月です。今年は、腰の具合も本調子では無いので、ハーフマラソンに切り替えて、出場予定です。

マラソンの目的も、健康維持で、その練習過程での走り込みが、今の体の健康を維持しているのは確かです。健康の為には、フルを目指して走り込みを行えば良いのですが、過剰な走り込みで腰の状態が悪化しても、本末転倒ですので、今回は“引く勇気”でハーフに切り替えました。

[今年のルイビルマラソンへの挑戦--------「健康維持出来れば、命はいらないよ」ともいかず、ハーフへ切り替え]の続きを読む
アメリカ高齢者の健康管理事情--------高額医療費社会の健康維持
先日、私の出身の学校の、同級生達と健康についてのメールのやり取りがありました。日本では、私と同年代(60歳台半ば)の人々は、いろいろ病院や薬のお世話になっている人が多い様です。

アメリカは医療費がバカ高いので、当然日本の病院事情、薬事情とは違う面が多々あるようです。

[アメリカ高齢者の健康管理事情--------高額医療費社会の健康維持]の続きを読む
高専程度の英語力で世界を駆ける-------英語の入り口に立てるポイント
前回のコラム「大分高専同窓会(明愛会)設立50周年記念 講演内容----“高専程度の英語力で世界を駆ける“」で、秦君や私が、高専程度の英語力で英語世界の入り口に立てた、旨の発表を行いました。

本講演内容は一時間のものでしたので全体分量も多く、そこでの英語の入り口でのポイントが、やや説明不足になりました。

英語の入り口に立つ、要件は何だろう?
英語の入り口では、どういう事が起こっているのだろう?

という事を、もう少し詳しく説明したいと思います。

[高専程度の英語力で世界を駆ける-------英語の入り口に立てるポイント]の続きを読む
総じて65%の達成度--------今年の抱負 実行度年末報告
今年もこちらでは、クリスマス一色のシーズンとなりました。ラジオ、テレビからは、クリスマスの音楽やニュースが流れてきています。年のたつのは速いものです。

今年の初めに、1~5のキーワードで今年の抱負を立てました。一年たってどうなったか?その達成度を纏めてみました。今年半ばに、途中経過で見直しをしたものの、年末版です。

結論は、総じて65%の達成度です。

[総じて65%の達成度--------今年の抱負 実行度年末報告]の続きを読む
大分高専同窓会(明愛会)設立50周年記念 講演内容----“高専程度の英語力で世界を駆ける“
先月末に、大分の母校同窓会(明愛会)の設立50周年記念講演に招聘され、学生向けに講演をしてきました。その内容を記録に留めておきます。

020_201811160330252c9.jpg
(講演で紹介した、大分高専5年機械科の秦君のホームステイと当社で)

[大分高専同窓会(明愛会)設立50周年記念 講演内容----“高専程度の英語力で世界を駆ける“]の続きを読む
アメリカのスポーツ文化---------高校、大学、プロは持ちつ持たれつ
現在アメリカは、フットボールシーズン(アメフット)の真っ盛りです。これから冬にかけて、プロ、大学、は勿論、各地元では高校のフットボールも盛り上がりを見せています。

プロ、大学は巨額のマネーも動く一大産業。テレビの放映も抜かりなくあり、週末はフットボール番組で一色です。

しかし、そこには高校を含めた、お互いのテリトリーを守る配慮もされています。これが、アメリカのスポーツ文化を維持している由縁と感じる事をレポートします。


[アメリカのスポーツ文化---------高校、大学、プロは持ちつ持たれつ]の続きを読む
モハメッド アリ(ボクシング レジェンド)の評価-----------日米彼我比較
先日、近くのルイビルにある、モハメッド アリ センターに行ってきました。日本から来たお客さんを案内してです。

アリはルイビルの出身で、地元ではレジェンドとして崇められ、生家や墓も保存され且つ、アリの業績を称え保存したミュージアムの、立派なビルになったアリセンターも運営されています。

ここで確認した、こちらでは知られているが日本ではあまり知られていない(評価されていない?)業績、それとその反対で、こちらでは知られていない事跡を取り上げてみます。
[モハメッド アリ(ボクシング レジェンド)の評価-----------日米彼我比較]の続きを読む
サマータイム椿事------アメリカサマータイム生活者の報告
現在日本で、東京オリンピックの暑さ解消で、サマータイムの導入が叫ばれています。これには議論がいろいろあるようですね。

このブログでも、ずいぶん以前にアメリカのサマータイムの様子を報告しましたが、サマータイムの本場のアメリカの生活者からみた、生活上の椿事(?)を報告します。

[サマータイム椿事------アメリカサマータイム生活者の報告]の続きを読む
自動運転車の走行実験------自動運転車レースを行ったらどうよ
近未来の交通革命として、自動運転車の実現化があるようです。各自動車メーカーのみならず、他産業からも技術革新を目指して参入、公道の走行実験を続けている様です。

しかし、その走行実験では何件か死亡を含む事故が出ている様で、あるメーカーは走行実験中断する所も出ていますね。歩行者や他の車、天候や外部環境等、いろいろな不測の事態を全て織り込んで、安全を確保するにはまだまだ時間がかかりそうです。

よしんばメーカーサイドがOKを出しても、自動運転車に乗ってみようかという気にはなかなかなれません。

[自動運転車の走行実験------自動運転車レースを行ったらどうよ]の続きを読む
総じて60%の達成度--------今年の抱負 実行度中間報告
今年もぼつぼつ、半分が過ぎようとしています。光陰矢の如しと言いますが、歳のたつのは速いものです。今年の初めに、1~5のキーワードで今年の抱負を立てました。さて、ほぼ半年たってどうなったか?その達成度を纏めてみました。

結論は、総じて60%の達成度です。

[総じて60%の達成度--------今年の抱負 実行度中間報告]の続きを読む