アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
Japanglishの特徴-------日本的な、英語らしくない英文とは
アメリカ在住何年たっても日本的な英語、Japanglishを引きずっています。最近もそんな事例がありました。それを紹介します。
[Japanglishの特徴-------日本的な、英語らしくない英文とは]の続きを読む
スポンサーサイト
「チャレンジ」と”Challenge”------和製英語と現地英語の乖離----その実例
以前本ブログで、【「チャレンジ」と”Challenge”------和製英語と現地英語の乖離】というコラムを書いた事があります。

和製英語が、本家の英語の意味と違って変化してくるというのはよくありますが、このチャレンジとChallengeもその類で、「難問への取り組み」の難問度合いが、日本語と英語では少し違い英語の方が数段高い、ということを紹介しました。

最近それを裏付けるような事例に出会いました。

[「チャレンジ」と”Challenge”------和製英語と現地英語の乖離----その実例]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「チャレンジ」と”Challenge”------和製英語と現地英語の乖離
和製英語と実際の英語の乖離は、色々ありますが「チャレンジ」もそのひとつです。

日本では、この「チャレンジ」と言う言葉は「ジョギングにチャレンジする」、「今夜は、イタリア料理にチャレンジしよう」等の一般生活から、「今期のチャレンジ目標は、10%売り上げ増だ」のように、ビジネスの場まで広まっています。これは「難問への取り組み(難問へ取り組む)」という意味合いになるのでしょう。

ところが、こちら英語圏で目にし、耳にする”Challenge”は、大きく趣が異なります。


[「チャレンジ」と”Challenge”------和製英語と現地英語の乖離]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アメリカの「セレブ(Celebrity)」------和製英語と現地英語の乖離
日本では、和製英語が氾濫していますが、本当の英語の実態と少し、かけ離れた語句が少なくありません。

その一つが「セレブ」です。お金持ちで有名人の事を言うようです。どういう訳か、日本では芸能人の事を指すときに使う事が多いようです。一般の人とはかけ離れた収入がある人の事を言い、日本での年収基準は1億円前後でしょうか。

こちら、アメリカでも“Celebrity”と言う用語があり、同じくお金持ちで有名人の事を指しますが、そのセレブ具合(?)が一桁くらい違う感じです。即ち、こちらでは収入数十億クラスを言う様です。

先日の新聞の記事に、地元インディアナの事業家のセレブ振りの一端が紹介されていましたLucas Oilの創業者家族が、2.7億円の豪邸を購入したそうです

[アメリカの「セレブ(Celebrity)」------和製英語と現地英語の乖離]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

”Don’t mind”は「ドンマイ」にあらず------その引用と補足
相手を慰める時や励ます時に使う「ドンマイ」は、”Don’t mind”からの誤用だというのは、少し検索するとその記事がいくつか出ています。

今日は、その引用と補足----これらの記事も100%しっくり来ないので補足も少し----をしたいと思います。

[”Don’t mind”は「ドンマイ」にあらず------その引用と補足]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

むくつけき16強の猛者どもが”Sweet Sixteen"?----英語のランキング表示の仕方
日本では現在、高校のサッカーやラグビー等、各スポーツの全国大会が花盛りで、ベスト8やベスト4が出揃ってきている時期です。

こちらでも大学のバスケットが中盤戦を迎え、全米トーナメントへの情勢分析にかまびすしい時期になりました。この時に出てくるのも、どこまで勝ち進めるかの見通しです。

この日本で使う、「ベストXX」という言い方は和製英語かどうかはわかりませんが、あまりこちらアメリカでは聞き慣れない表現です。

ここに、アメリカでの表現方法をお伝えします。

[むくつけき16強の猛者どもが”Sweet Sixteen"?----英語のランキング表示の仕方]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「そんな所にいたのか、お前達!」―――アメリカで出会いの頻度の少ない和製英語の言葉
日本では和製英語が氾濫しています。遠くは文明開化の時代から現在のグローバルスタンダードの時代まで、外国文物を取り入れるのがお得意な日本人は言葉も取り入れています。

この和製英語。語源は英語ですがこちらでは日本ほど遭遇しない言葉がたまにあります。日本のインテリが訳して使い始めた和製英語の数々。使い分ける人の層が違い、学研の徒でもない普通の生活人の当方の周辺にはあまり出回らないのでしょう。

今日は最近、当方がアメリカに来て初めて出会った和製英語の言葉を紹介します。

[「そんな所にいたのか、お前達!」―――アメリカで出会いの頻度の少ない和製英語の言葉]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「情報の伝達」について―――英語表現のいろいろ
先日は解の無い、完結しないコラムになってしまいました。「情報のトス」、「書類のトス」を英語でどう言うか?と云う回答が抜けていました。

[「情報の伝達」について―――英語表現のいろいろ]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

“Toss it in. Drop it in. Slide it in off the Tray.”―――日本語のトスと英語の”Toss”の大違いについて
日本では「トスする」と云うのは和製英語化してよく使われます。特にビジネス分野で「この情報を営業部門にトスする」、「この書類を技術部門にトスする」等使います。

「社内の業務の流れに従い情報、書類を混乱なく申し送る」と言うような意味でしょうか。ところが英語ではこの”Toss”はあまり良い意味で使われないようです。


[“Toss it in. Drop it in. Slide it in off the Tray.”―――日本語のトスと英語の”Toss”の大違いについて]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「君ィ。服装がルーズだね。」、“?????”――――発音が通じるだけに厄介な和製英語(その2)
いちろうはその昔の学生時代にサッカーをやっていました。ある英会話のクラスの時にこの話題を切り出しました。英会話の話題は自分の興味のある分野の話題で押し通せ、という草の根流英語学習法の実践でした。

[「君ィ。服装がルーズだね。」、“?????”――――発音が通じるだけに厄介な和製英語(その2)]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「”W- check?(ダブルチェック?)”その表記方法は無理があらへんか?それはないで。」――――通じそうで通じない和製英語
いちろうがアメリカの工場で生産現場の管理監督をしている時でした。現場では毎日大量の製品が流れて行きお客さんの所に出荷されます。時々お客さんから数量不足の苦情が来ます。そこでいちろうは現場にもっと厳しくチェックするよう指示を出しました。

[「”W- check?(ダブルチェック?)”その表記方法は無理があらへんか?それはないで。」――――通じそうで通じない和製英語]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「君ィ。アメリカ人は失礼だねぇ。最近太り気味で気にしている私に“Smart,Smart”と言ってるよ」――――発音が通じるだけに厄介な和製英語
和製英語も、①発音が比較的に容易でアメリカ人に通じやすい、②アメリカでもよく使われる言葉である、③しかし意味合いが大分違う、という条件が重なるものは当然戸惑いが大きいようです。

[「君ィ。アメリカ人は失礼だねぇ。最近太り気味で気にしている私に“Smart,Smart”と言ってるよ」――――発音が通じるだけに厄介な和製英語]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記