アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「愚直」をどう英訳する?---------平明英語の勧め
先日の、”英語に訳し難い日本語”のエントリーをした後、早速、又そういうケースに遭遇しました。

当方のお客さんである、ある日系子会社の担当の方と食事をしていた時の事。最近、その日系子会社に本社より幹部の方が視察に見えたとか。その時の米人幹部とのミーティングで、くだんの幹部は経営の方針とともに、経営の考え方を披露しました。

曰く、「私の経営のポリシーは’愚直’という事です」。

この会議には、日本人の通訳の人がいたそうですが、目を白黒させながら通訳したとか。この食事の席の担当者は、英語が堪能ではなく、この通訳がなんと訳したか聞き取れなかったそうです。

当方も一瞬、”Honest”や”Straightforward”が思い浮かびましたが、「これはなかなか難しいぞ」と想いました。
[「愚直」をどう英訳する?---------平明英語の勧め]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ある企業セミナーの曖昧コメントを平明英語に訳す-----平明な英語の勧め
日本語を英語に訳すときに、ふと言葉が詰まる領域の日本語があります。我々多くの日本人は認識していませんが、日本語には英語には無い曖昧な表現の言葉が多いようです。

先日、会社の方にある人事セミナーの案内書が届きました。その中に、前回のセミナーの出席者の事後感想のコメントが載っていました。

「日本の感覚、常識が通用しないと反省した。」
「法の背景の説明があるので理解しやすい。日本との比較も参考になった。」
「日常人事管理を業務としていない人間でも、ルールや考え方が把握できた。」
「自社の規則を法的な観点から再確認することが出来た。」

これを、アメリカのセミナー会場で英訳せよ、と言われると少し時間がかかります。

[ある企業セミナーの曖昧コメントを平明英語に訳す-----平明な英語の勧め]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「度胸と愛嬌」の英訳で頭の中真っ白-----平明会話英語の勧め
当方はアメリカに来て、はや15年になります。英語に関しては、学研の徒ほどの英語漬けでは無く、かといって日本人コミュニティ入り浸りで日本語しか使わないというほどでもない、ごく普通の英語環境です。

そんな中で、母国語ではない英語。新聞を読んでも、本を読んでも辞書は離せません。毎日毎日知らない単語に遭遇。永遠に英語を極めるのは難しいようです。

しかし、話し言葉は事情が違うようです。毎日の生活に必須の話したり聞いたりの英語。こちらアメリカ人の話し言葉を良く観察すると、平明な英語で成り立っています。
[「度胸と愛嬌」の英訳で頭の中真っ白-----平明会話英語の勧め]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記