アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
良いお年を!-----「明けましておめでとう」の無い(少ない)アメリカからの時候のご挨拶
皆様、本年(’07年)もいろいろお世話になりました。来年(’08年)もよろしくお願いします。よいお年を!

日本では正月を控えて師走の忙しい時期ですが、こちらアメリカでは既にゆったりとしたクリスマス休暇に入っています。時候の挨拶、もクリスまでにほぼ出尽くしたという感じでしょうか。

ここでは、和洋折衷でこの時期にご挨拶させていただきたいと思います。

[良いお年を!-----「明けましておめでとう」の無い(少ない)アメリカからの時候のご挨拶]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

君はレコード盤の聴き方を覚えているか?----1970年代へタイムスリップの巻
当方の家族は、クリスマスギフトで、当方にレコード(盤)プレーヤーをプレゼントをしてくれました。

当方は、1960年代から1970年代にかけて聞いていたレコード盤を、海を越えての引越しにも持ってきていました。残念ながらプレーヤーは処分しており、デジタル全盛時代の今日ではそれらのレコード盤は聴くチャンスがありませんでした。

こちらアメリカでも、今でもレコード盤プレーヤーは売っており前から欲しいと思っていました。その待望のプレーヤーをプレゼントされたので、いざセットしてレコードをかけてみました。

レコードの歌手や歌の中身のコンテンツもさることながら、プレーヤーそのものや操作方法のハード面も、「おおっ、こんな事があったんだ!」という懐かしさがこみあげてきました。
IMG_6557_1_1.jpg

IMG_6558_1_1.jpg
(部屋の片隅にプレーヤーをセットしました。’70年代へタイムスリップです)
[君はレコード盤の聴き方を覚えているか?----1970年代へタイムスリップの巻]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

百貨事典の向こう側----アメリカの度量衡法の実際の使われ方
本エントリーで、過去にアメリカの度量衡システムの説明をしてきました。日本の皆様方も、既にアメリカでの度量衡システムの存在が容易に(?)お分かりになるかと思います。又、その換算も容易に(??)出来るかと思います。

これは、日本にいても少しネットをググルとその内容が検索できます。しかして、ヤードポンド法の現地アメリカにいると、その実態で少し戸惑う事があります。いわゆる、辞書や事典に載っていない運用法があります。

現地にいなければ遭遇しない、ちょっとした使われ方の違いをここであげてみましょう。

[百貨事典の向こう側----アメリカの度量衡法の実際の使われ方]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

おらが街意識の強いアメリカスポーツ-----アメリカの新聞に見るスポーツの特徴
日本ではここ数日、野球のオリンピック予選がスポーツニュース欄を賑わせていました。又、サッカー日本代表の新監督就任や、プロ野球のストーブリーグの模様で話題沸騰です。

スポーツ大国アメリカ。勿論こちらでもスポーツの話題が花盛りです。しかし、そのニュースの中身を見ると、日本のスポーツ文化とは様変わりです。

[おらが街意識の強いアメリカスポーツ-----アメリカの新聞に見るスポーツの特徴]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記