アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
おいちゃんは頑張れるか?----50歳代半ば男のハーフマラソン挑戦記(その5 :Kentucky Derby Festivalハーフマラソン走破)
Kentucky Derby Festivalのハーフマラソン の部門に出場。2時間11分25のタイムで走破しました。


017_20090427001526.jpg
(ゴールの風景)

005_20090427001605.jpg
(Derbyの街、ルイビルです)


[おいちゃんは頑張れるか?----50歳代半ば男のハーフマラソン挑戦記(その5 :Kentucky Derby Festivalハーフマラソン走破)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

「私ゃ近所の皆様にあわせる顔が無いのよ」と“I believe you know who you are.”の世界----日本とアメリカの処世訓の違い
最近はYouTubeの発達で、昔の歌がいとも簡単に聞けるようになりました。当方も週末の夜は、一杯気分でこれを楽しんでいます。当方の楽しみは’60年代から’70年代の歌です。若かりし多感な年頃に聞いた歌はいつまでも忘れるものではありません。

その中で最近、高石ともやの「受験生ブルース」を見つけました。



なんとも懐かしい歌です。当方の過ごした学校は(大分高専)、いわゆる受験戦争というものはない学制でしたが、それでも学校の勉強で”ねじり鉢巻”の時に良くこの歌を聞き、同じ世代の受験生達へ思いを馳せたものでした。

こちらアメリカでは、大学入学時の受験よりも、大学に入ってからの勉強の方が熾烈を極めます。時期の違いはあれ、学生には日本とアメリカ同じ様な苦しみが降りかかります。よって歌われている歌詞は、日米多少の文化の違いはありますが、こちらの学生にも概ね理解できるものです。

しかし一点だけは、こちらの学生にも理解に苦しむ歌詞の部分があります。それは、

「かあちゃんも俺を激励する。一流の大学に入らねば、私ゃ近所の皆様にあわせる顔が無いのよ」

です。特に「近所の皆様にあわせる顔」の部分です。

[「私ゃ近所の皆様にあわせる顔が無いのよ」と“I believe you know who you are.”の世界----日本とアメリカの処世訓の違い]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

英語の受身練習は出来ているか?---英語圏でネイティブが四苦八苦する時の対処法
うろこさんのブログで紹介されていた"英語圏でネイティブが四苦八苦"物語。英語ネイティブでも、英語の聞き取りやスピーキングに苦労する話しです。これは、英語圏にいるとよく見聞する話です。当方もいろいろ見聞しました。

1.イギリスのコンサルタント会社がこちらアメリカに来た時、その会社のイギリス人コンサルタントとアメリカ人は、お互いに30~40%位は言っていることが分からなかった、との事。

2.当方の会社の中でも、管理者クラスは同じアメリカ人の現場の人の言っている事は良く分からない、との事。

3.(ある記事で読みましたが)ビートルズが英国内ロケである地方に行ったら、その土地の人達は、ビートルズのメンバーの言っている事の40%くらいしか分からなかった、という事。

が、あります。

日本では英語学習で、リスニングやスピーキング技能を上げようと、Toeicテストや音読、シャドウウィングの練習に余念がありません。英語の聞いたり話したりを問題なく出来るようにしよう、という努力です。しかし、上の事例を見ると、この日本での涙ぐましい努力は何なんだろうと思えてきます。

そうです。どんなにリスニングやスピーキングの技能が上がろうと、100%分かり合える事はありません。否、分からない事だらけです。で、あるのに、上のネイティブたちが最終的にコミュニケーションをとれるのは、それぞれ聞き返しや、言い直しの術を心得ているからです。

これは、スポーツにたとえると、相撲や柔道の受身みたいなものです。転ぶ(英語が分からない)事は容認するも、怪我をしないようにしようという受身の訓練(聞き返しや言い直し訓練)を行おうというものです。

英語学習に励んでいる皆さんは、横綱や世界チャンピオンを目指して日夜英語学習に励んでいる事と思います。しかし、横綱や世界チャンピオンは(で、あればこそ)受身も一流です。さて、皆さんは突き押しや投げ技(リスニングやスピーキング)は随分神経を使っているようですが、受身(解らない時の聞き返しや言い直し)は大丈夫でしょうか?英語が解らずに、頭の中が真っ白にならないでしょうか?

今回は、その英語の“受身術”の紹介をします。


[英語の受身練習は出来ているか?---英語圏でネイティブが四苦八苦する時の対処法]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

“ゆるい”関心度合いのアメリカでのWBC("World Baseball Classic“)大会---大会名ネーミングとスケジュール
日本を興奮の渦に巻き込んだ、WBCが終わって一週間以上経ちました。

今回もアメリカの人々の関心度合いの低さは、前回2006年時点(季節外れの“客”に戸惑うアメリカ人野球のWBC準決勝「日本-韓国戦」に見るアメリカ草の根諸事情野球のWBC決勝戦に見るアメリカ事情)の報告となんら変わりません。

アメリカでの“ゆるい“関心度合いは諸説ありますが、今回は新しい視点で切り込んでみたいと思います。即ち、

1.大会名のネーミングが悪いのではないか?
2.試合開始時刻スケジュール設定が悪いのではないか?

というものです。

[“ゆるい”関心度合いのアメリカでのWBC("World Baseball Classic“)大会---大会名ネーミングとスケジュール]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記