アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ライバル自動車会社のリコールを逆手に取ったアメリカの比較広告----“Black & White”のアメリカと“武士は相身互い”の日本
“Three million cars, Toyota recalls.(『三百万台の車です、Toyotaがリコールするのは』)”という刺激的なナレーションが聞こえてきました。先日の通勤途上でかけていたラジオからです。

これは、よく聞くと地元ルイビルのNissan系のディーラーが流した比較広告です。ナレーションの後半を聞き取ると、

『Toyotaは三百万台の車をリコールします。こちらはカーディーラーのNeil Hoffmanです。我々はToyotaの車を10年取り扱いその後Nissanの車を8年取り扱って現在に至っています。Nissanの車は常に品質に優れ、Toyotaの車は品質に問題がありました。だから今回の三百万台のリコールに繋がったわけです』

「いやー、ここまでハッキリ言うか!」というアメリカのビジネス文化ですね。

[ライバル自動車会社のリコールを逆手に取ったアメリカの比較広告----“Black & White”のアメリカと“武士は相身互い”の日本]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アメリカの度量衡とその他の数字について――――実例写真の紹介
少し旧聞に属しますがアメリカの度量衡のエントリーで数字の少数の書き方が日本と違い、最初の“ゼロ”を抜いて行われる旨紹介しました。又日向さんのブログのコメントでも、本件の情報提供しました。その時にはいずれも、実例なしで紹介してしまいましたので、本日はこれを実物(写真)で紹介したいと思います。

いずれも重要な技術仕様や図面、又は会計上の基礎となる数字で見事に“ゼロ”抜きになっています。アメリカと数字にかかわる方はご注意願います。


007_20091114093427.jpg
(最初のゼロにご注意:会社の旅費規程、一部。やや古いですが)

[アメリカの度量衡とその他の数字について――――実例写真の紹介]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

英語のSmall Talkに入っていけないとお悩みの諸兄へ---- Small Talkの日米文化比較論
食事の時やちょっとした時の雑談を、英語でSmall Talkと言うんだそうです。日本人には、英語でのSmall Talk、特に食事の時のSmall Talkが苦手だという人が多いようです。当方もそうです。英語の色々な変化した使い方や発音が、正式な会話の時とはなにやら違うようでさっぱり聞き取れませんでした。

当方の職場では、恒例のFriday Lunchがあります。事務所の皆で金曜日に昼食に出かけることです。最近、当方はここ何回かのFriday Lunchで気づいた事があります。日本人にとってこれが苦手なのは、どうやら英語の聞き取りの問題だけでは無いようだという事です。何か話題そのものが、我々日本人にはとっつきにくいものの様です。よく聞いて見ると、どうやらこちらアメリカ人の話題の中心は以下のような物です。

1.家族の事。
2.家や敷地の補修の事。
3.車の事。

経済の成行き、それに絡む自分の会社や業界の事、又政治や社会の動向それに世界情勢のいわゆる時事問題が好きな我々日本人とは、はなから話が合わないわけです。


[英語のSmall Talkに入っていけないとお悩みの諸兄へ---- Small Talkの日米文化比較論]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

おいちゃんはがんばっているか―――50歳代半ば男のジョギング、ウォーキング記録
今年の4月にハーフマラソンを走りました。その時に練習記録を提示しました。その後尻切れトンボになっていないか?

ご安心ください(誰も心配していないか...)。その後もジョギング、ウォーキングを続けています。月ペースで70Kmから110Kmの距離を走って(歩いて)います。その記録を月別にまとめてみました。
[おいちゃんはがんばっているか―――50歳代半ば男のジョギング、ウォーキング記録]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記