アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
”Peer pressure(ピアプレッシャー)”について------日本人の特性と英語学習時の弊害
前回当方が取り違えたピアプレッシャーは”pure pressure”ではなく、”peer pressure”でした。このピアプレッシャーは「仲間からの圧力」というものだそうで、前回のケースでは「アメリカに来た日本人の子供たちは、アメリカの子供達仲間からの圧力で、仲間はずれにされるのが嫌で英語を必死に覚えようとする」というものです。

日本の英語学習者は、このピアプレッシャー。見覚え聞き覚えがありますね、逆の意味で。即ち、英語を話す時に、日本人の仲間の眼が気になり(仲間からの圧力)うまく話せない、という事です。

どうやらこれが、日本人の英語の上達を妨げている要因になっているようです。
[”Peer pressure(ピアプレッシャー)”について------日本人の特性と英語学習時の弊害]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ガラパゴス化する日本企業のマネジメント----Toyotaのリコール対応にみる世界基準マネジメントとの差(追加版――「改善」について)
Toyotaのリコール問題で、前回の“あまりにも日本的な経営手法で成功してきたToyotaにとっては、そのマネジメント手法がかえって独自の進歩を遂げすぎて世界基準からかけ離れてしまっているのではないか、即ちガラパゴス化しているのではないか”の論題の続きです。

今回は、これもToyotaの誇る「改善」についてです。

[ガラパゴス化する日本企業のマネジメント----Toyotaのリコール対応にみる世界基準マネジメントとの差(追加版――「改善」について)]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

同時通訳者の講演会に参加して――――英語習得時のピュアプレッシャーと”Mixed pressure”
一月中旬に、近くの町で行われたプロの同時通訳者の方の講演に行ってきました。これはアメリカ在住赴任者向けの講演で、「英語でどうコミュニケーションをとるか?」という内容のものでした。

プロの同時通訳者のお話でしたが、素人にも分かりやすく英語でのコミュニケーションをとるポイントについていろいろ話をしてくれました。その講演の中で日本の英語学習者の琴線に触れると思われる内容がありましたので、それを紹介してみたいと思います。

今回は、英語習得時のピュアプレッシャーについてです。

追記---この、ピュアプレッシャーは、投稿の方のご指摘で当方の取り違えでした。これは、ピアプレッシャー(peer pressure)が正解な様で、意味は「仲間からの圧力」という事のようです。即ち「仲間はずれにされたくないので、英語を真剣に覚える」というものです。

しかし、当方の言わんとした事は、Pure puressureは「純粋な死活問題になるようなプレッシャー」、 Mixed pressureは「体面を重んじる複雑なプレッシャー」ですが、これに置き換えると本エントリーはストーリーとして分かっていただけるのかな、と思います。これは、調べてみるとあまり定説では有りません。いちろう説かもしれませんので、そのつもりで読んで下さい。

本物のピアプレッシャー(peer pressure)については、思い当たる事がありますので、エントリーは近日公開!とさせて下さい。


[同時通訳者の講演会に参加して――――英語習得時のピュアプレッシャーと”Mixed pressure”]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ガラパゴス化する日本企業のマネジメント----Toyotaのリコール対応にみる世界基準マネジメントとの差
豊田、Toyota社長の、日本でのリコールに関する記者会見が波紋を呼んでいます。会見の時期やその内容についてです。

今回当方はその内容から、あまりにも日本的な経営手法で成功してきたToyotaにとっては、そのマネジメント手法がかえって独自の進歩を遂げすぎて世界基準からかけ離れてしまっているのではないか、即ちガラパゴス化しているのではないかという事をいくつか指摘してみたいと思います。

[ガラパゴス化する日本企業のマネジメント----Toyotaのリコール対応にみる世界基準マネジメントとの差]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

Toyotaのリコール問題に見るブランドの考え方----“世間社会”ではないアメリカの実質的ブランド力
全世界でトヨタ自動車が、リコール問題で大変な事になっています。アメリカでも大変です。というか、アメリカが問題の発生地ですが。

こちらでも、連日地方レベルのニュース(実はこちらでは、全国統一レベルのニュースというのはあまりありませんが)で関連ニュースを報道しています。本当かどうか、中にはToyotaの車がクリークに飛び込んだ映像が写され、これはアクセル(こちらではFuel Pedalと言っていました)が戻らず、急加速で起こった問題だという運転者のインタビューも出ていました。

さすがのToyotaも、ブランドが棄損されかねず正念場ではあります。このブランド。現在マーケティング学で、先進工業国では同じ定義をされていると思いますが、その受け止め方は、当事国の文化の違いにより様々です。

本日は、その日本とアメリカの違いを見て行きましょう。

[Toyotaのリコール問題に見るブランドの考え方----“世間社会”ではないアメリカの実質的ブランド力]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記