アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英語を、なぜ話せないか-------英語モードは四角四面である
アメリカ生活が長くなってくると、日本語で話したすぐ後に、英語で話すという事がよくあります。家族や、日本人赴任者とアメリカ人とが混在した会話の輪での事です。

そんな時に、よくよく自分の事を観察すると、どうやら日本語モードと英語モード---といっても、最初の話の組み立ては両者日本語ですが---というものがあり、それを使い分けているようです。

アメリカに来た当初は、この両者の切り替えがなかなか大変でした。土日を家族で過ごした後の月曜日は、英語がなかなか出てこなかった、という事もよくありました。

これが、曲がりなりにも出来だしたのは、いわゆる英語力というよりも、それ以前のちょっとしたコツがあったようです。

そのコツは、英語モードはどこか四角四面である、という事を理解する事です。そのお話を二人の方に語っていただきましょう。日本語モードが抜けきっていない いちろう氏と、両者を使い分けているIchiroです。

[英語を、なぜ話せないか-------英語モードは四角四面である]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ビジネス現場の、“姿さやけき“異文化コミュニケーション-----プレゼンや論文の○、×記号
グローバル化の波は、日本の皆さん方の周りまで、押し寄せてきていると思います。ビジネス現場も、英語が必須の状態になってきて、英語に日夜格闘されている方が多いのではないでしょうか。

この格闘ですが、どうも英語そのものに苦しむだけで無く、英語以前の問題で苦しむ事が多いようですね。いわゆる異文化コミュニケーションの問題です。そんな事例と簡単な解を、英語はともかくビジネス異文化コミュニケーションに、長年親しんできた当方から、いくつかお贈りします。

今回は、プレゼンや論文の○、×記号についてです。これを読んで、“姿さやけき“異文化コミュニケーションを身につけて下さい。

(尚、ここの英語圏文化基準は、アメリカ中西部を基準に取り上げています)。

[ビジネス現場の、“姿さやけき“異文化コミュニケーション-----プレゼンや論文の○、×記号]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

英語学習の高すぎる目標-------神業的ヒヤリングやスピーキング能力よりも、“フォッチュー セー?”、と“ユーノアイムセーン?”を!
前回、話すスピードの速すぎる英会話の教材はお勧めできません、旨エントリーしました。しからば、どういう練習をするか?

英会話は、English conversation。 Con-は「共に」という意味の接頭語です。会話は一方的なものではなく、双方向のものです。相手の言っている事が分からなければ、当然聞き返しが出来ます。こちらの言った事が相手に伝わっていない様であれば、当然言い換えが出来ます。

この、聞き返し、言い換えの方法を身につける方が、神がかり的なヒヤリングやスピーキング能力を身につけるよりは、はるかに効果的なのは間違いありません。

[英語学習の高すぎる目標-------神業的ヒヤリングやスピーキング能力よりも、“フォッチュー セー?”、と“ユーノアイムセーン?”を!]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

英語学習の高すぎる目標-------在米18年になる者が聞いて分からない会話例を、日本の英語学習者が学習してどうする!
時々、日本の英語学習のサイトに伺い、その学習内容を見たり聞いたりします。英語学習者向けのサンプル映像でのヒヤリングの英語表現学習サイトです。

これらのヒヤリングのサンプル音声はめちゃくちゃ速く、言い回しが独特です。そのかなりの部分は、我々在米18年の当方にとっても歯が立ちません。日本の英語学習者は、日々これを聞き喋れるように鍛錬しているのでしょうね。

これらは、英語を使う上で最終的にマスターできると、豊かな英語生活を送る事が出来ますが、しかし、日本の英語学習者が、挑戦するのはその学習効率上どうかなと思います。

この、You tubeを聞いてみて下さい。





[英語学習の高すぎる目標-------在米18年になる者が聞いて分からない会話例を、日本の英語学習者が学習してどうする!]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記