アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---追記編
前回のエントリー【英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---”反省しないアメリカ人”というよりも”反省の概念が無いアメリカ人”】に関しての追記です。



当方も、英語の文法を習い、単語も習ったのだけど、いざ実際に会話する段になるとなんと話してよいのやら、さっぱり見当がつかないという事がありました。

日本時代、会社を訪れた外国人。直接の相手ではなかったですが、そばを通りかかる時に、なにか声をかけたいと思っていましたが、何を話してよいのやら分かりませんでした。「遠い所を、こんな田舎まで大変でしたでしょう」と、当時日本人のお客さんに言ってた様に言うのもなんだか変だし。どう言うのかな?と悩んだ物でした。今考えてみると、この話す事の概念の違いがあったのですね。

又、アメリカに来てアメリカ人同僚と仕事を始めた時に、なんとなくギクシャクした事もありました。仕事の評価をめぐり、日本人は「まだまだ、これくらいでは安心できない」と考え口にしますが、どうもそれがアメリカ人にはフラストレーションが溜まるような感じでした。

この頃は英語で意思伝達は出来始めていましたが、この辺りの行き違いが結構ありました。今から考えると、誉めるアメリカ社会と“重荷を一生背負っていく“日本社会との違いだったのですね。


[英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---追記編]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---”反省しないアメリカ人”というよりも”反省の概念が無いアメリカ人”
英語の上達には、“日本語で考えず、英語で考えなさい”というセオリーがあるそうです。しかし、英語で考えても、それが英語圏の概念に無いフレーズであれば、大きく空振りする事になります。

相手---こんにちは。どうですか?
当方---ええ、なかなか...貧乏暇無しで...

これは、日本ではごく普通の挨拶部分ですが、この答え(当方)の部分の「貧乏暇無しで...」を、英語で考えろという事で、

Ichiro--“Well, I do not have time and I am very poor.”

と答えたところで、英語では全くこういった挨拶の概念がありませんので、相手はびっくりして、話も通じません。こういう挨拶のケースでは、多少心配事があろうと、

--“I’m very fine.”

が正解ですね。

この空振り事例は他にも多くあり、日本語の特徴である謙遜系、謙譲系のフレーズに多くなっていますが、今回は、これらの正解と解説を一挙に掲載してみたいと思います。

[英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---”反省しないアメリカ人”というよりも”反省の概念が無いアメリカ人”]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アメリカから見た、「日本の若者の内向き志向」論議----雑感集
前回の、コラムを書きながら、且つ、書き終わった後に感じた諸々の事柄です。


アメリカの到達期待値、もしくは価値観として、“アメリカンドリーム”があります。若者の究極の到達点として、あがめられているロールモデルですが、これの「アメリカンドリームに背を向ける、若者の内向き志向」という論議は、こちらではついぞ見た事も聞いた事もありません。これも一極化していない価値観のあるアメリカ社会のなせる業でしょうか。

[アメリカから見た、「日本の若者の内向き志向」論議----雑感集]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アメリカから見た、「日本の若者の内向き志向」論議----価値観の一極化が閉塞社会に向かう日本社会
日本では最近、「若者の内向き志向」論議が喧しいようです。即ち、「最近の若者は、豊かな時代に生まれ安定を求めるあまり、海外に雄飛したり、日本国内でも冒険をしたりする気概が無くなっている」、というものです。

こちらアメリカでは、「自国の若者の内向き志向」なる論議は、以下の事由により殆んど行われていません。

① 個人の価値観として、”個“の確立やDiversity(多様性)があり、社会全体として”あるべき論“には向かわない。

② 年齢による、“あるべき論“を行う社会背景が無い。

翻って見ると、日本ではこうした論議を通して、社会全体で価値観を共有し、それの実現に邁進する性癖があります。この価値観を押し付け、全体が集団である方向に向かい過ぎると、社会全体が歪んでくるのではないでしょうか。価値観の一極化による社会の歪です。

“彼我比較“という事は、自国である日本を知る事にもなりますので、相手方であるアメリカの分析をして、日本を振り返ってみたいと思います。



[アメリカから見た、「日本の若者の内向き志向」論議----価値観の一極化が閉塞社会に向かう日本社会]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記