アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
難解コード進行の「どうにかなるさ」----「どうにもならない」日本の難解英語教育
ムッシュかまやつこと かまやつひろし。我々の世代では懐かしいシンガーです。そのかまやつひろしのヒット曲に「どうにかなるさ」があります。スパイダーズ解散後に発表されたものです。

最近はこの難解コード版がお気に入りのようです。ギターの達人が弾くと、なかなか味のあるものですね。ギター初心者には真似ようと思っても出来ない事です。

これを聞いて思うのは、日本の英語教育界。大学入試の英語や、各種テスト、試験の英語は、この難解コード進行の曲と同じで、達人には結構な事ですが、初心者には到底真似も出来ないもので溢れています。そんなものの記憶を強要しているのが、現在の日本の英語学習界の状況ではないでしょうか。






[難解コード進行の「どうにかなるさ」----「どうにもならない」日本の難解英語教育]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

哀しきバイリンガルの変な英語-----使える英語のヒント
当方は、アメリカで英語と日本語を使い分けている、いわばバイリンガルです。英語や日本語の達人でもない、普通のバイリンガルでは、頭の中が時々混乱して、妙な言葉になります。これは、他の在米日本人でも同じようです。

よく伝聞されるのが、英語の影響を受けた変な日本語です。このブログでも以前書きましたが、当方も時々、「お金を作る」や「コーヒーを食べる」とやらかします。これは、英語の”make money.”や”have coffee.”(”have lunch.”と混同)を直訳する事から来ています。

当然、英語がしっかり確立されていない当方は、英語にも日本語の影響が入る事があります。語順が日本語風になったり、日本語風な曖昧な表現----英語が未熟だといえばそれまでですが---になったりです。

しかし、この日本語風曖昧表現英語。これでもこちらで結構使えています。それを見てみましょう。

[哀しきバイリンガルの変な英語-----使える英語のヒント]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

南北戦争(The Civil War)が投げかける影-----新聞の記事から
先日の新聞に、南北戦争に関する記事が二題出ていました。題して、”Civil War goes high-tech”と”Civil War buffs envision raid on Charlestown”という二つです。

前者は、近くにある南北戦争の展示館がハイテク化されて見やすくなったという事、それから後者はこの地域で、南北戦争の実演ショーがあったという事です。

この南北戦争。われわれ日本人が想像する以上に、こちらのアメリカの人々の上に影を投げかけています。

001_20110613075711.jpg
(地元新聞の南北戦争関連記事)

[南北戦争(The Civil War)が投げかける影-----新聞の記事から]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

高専卒業程度の英語力----英語世界への対応力
当方は、大分高専という所を卒業しています(高専制度をご存じない方はこちらを)。

英語教育でいうと、高専ほど脆弱な所はないんだそうで。学校のカリキュラムは、工学専門教育が幅を利かせ、英語は片隅のほうにおかれています。又、大学受験も無いために、高度な(?)受験英語をマスターする必要性も、時間も無いといった有様です。

そんな英語教育制度の高専を、なんとかすれすれで卒業した、且つ当然英語が優れてもいなかった当方でしたが、会社生活で国際化を迎え英語を使う必要が出て来て、英語のトレーニングを、周りの大学卒(旧帝大含む)の人達と一緒に始めました。

英語教育でいうと、時間も大学入試等の厳しさも格段上のレベルを経験してきた、大学卒業の人達と伍して来た訳ですが、そんな大学卒の人達にに比べて、高専卒の当方の英語に対する対応力というものは、特に劣っているようには見えませんでした。おかげで、海外勤務を経て、アメリカに永住している有様です。

それは何なんだろうか?というのが今回の主題です。


[高専卒業程度の英語力----英語世界への対応力]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記