アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
カナダつれづれ-----バンフ(Banff)周辺紹介
前回、カナダ旅行のつれづれに感じた、為替や通貨それから手刀"Excuse me."のことを紹介しました。

そうしたら、肝心の観光案内をしろという意見が、たくさん寄せられたわけではありませんが、「そりゃー、確かにカナダの観光地案内で、肝心の観光案内が少ないのは遺憾、ではなくイカン」と自分なりに反省しまして、本日その写真を少し追加しました。

素晴らしいところです。旅行計画を立てる方はご一考を。

trip to canada 9.2011 343
(Moraine Lake。これも綺麗な湖です。Lake Loiseのすぐ近くにあります。)

[カナダつれづれ-----バンフ(Banff)周辺紹介]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

カナダつれづれ------為替、通貨、手刀”Excuse me.”について
カナダに行ってきました。カナダ西部のカルガリー(Calgary)近郊のバンフ(Banff)という所です。

ここは、北米大陸の中西部大平原から、ロッキー山脈が形成され始める地点に当たります。飛行機でカルガリーに到着して、広大な平原から、雪のかぶった山並みを見ながら、バンフ方面にドライブして行きます。その眺めたるや雄大なものです。

バンフはその山並みの麓にあるある町で、そこから秀麗な山並、氷河や氷河により形成された湖、北米大陸では珍しい温泉、等が鑑賞堪能できます。

と、いう観光案内はさておき、今回はそのカナダで見たり感じたりした諸々の事を報告いたします。

trip to canada 9.2011 409
(雄大な平原を山に向かってドライブします)

trip to canada 9.2011 437
(山並みの麓にあるバンフの街)


[カナダつれづれ------為替、通貨、手刀”Excuse me.”について]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アメリカ企業の長時間労働の実態-----コミットメントと家族のはざま
いつも個人的にお便りを頂く大先輩のNさんから、アメリカで企業での長時間労働に関し質問を受け、それに対して答えさせて頂きました。アメリカのビジネス面での実情を知るのに、このやり取りをまとめておくのも(あまりまとまりませんでしたが)良いかなと思い、ここに掲載しました。
[アメリカ企業の長時間労働の実態-----コミットメントと家族のはざま]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

会議による生産性低下の日本のビジネス社会-----アメリカのビジネス社会との比較
日本のビジネス社会では、会議が多い、会議に忙殺されている、会議によるホワイトカラーの生産性低下があるという事が指摘されています。

確かに、当方も長い間日本の会社でマネジメントをやってきましたので、その“覚え”はあります。

しかし、50代直前にアメリカで転職して、アメリカ人トップに仕えてみて、この会議の非効率さというものを考えさせられています。なにせアメリカ人がマネジメントする組織は、会議が少ない!

当然、会社の大きさにもよりますが,当方の会社はスタッフが13名の小さな会社で、レギュラーに開かれる現在の会議は週2回、一回20~30分の生産進捗会議のみです。スタッフ13人とはいえ、月商1Mill$近くになる会社。営業から購買、生管、製造、技術、総務の機能を有しており、情報が飛び交っています。それで、この会議の少なさ。当方が日本時代に、同規模の組織でも小さいといいながら、もっと多くの会議をしていました。

アメリカのマネジメントの何がこうさせているのか、日米の比較をしながらそれを見てみましょう。

[会議による生産性低下の日本のビジネス社会-----アメリカのビジネス社会との比較]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記