アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
“英語20年選手”の実力-------ペラペラに程遠い無骨な話し方
さてさて、当方はアメリカに来て20年が経過してしまいました。こちらでは家庭でこそ日本語ですが、仕事では周りに日本人もおらず殆ど英語。こちらの日本人コミュニティーとの付き合いも余り無く、日常の接触はアメリカ人のみ。又、自宅でのテレビや通勤時のカーラジオ等は現地の番組を視聴し、日なが英語を浴びているという、英語漬けの生活です。

英語の習得という面では、理想的な環境。日本の方は「アメリカで20年も経てば、さぞかし英語がペラペラでしょうね」と思われているでしょうが、その実態は...?

日本の英語勉強中の方からみるとペラペラでしょうが、英語社会の中に入るとペラペラには程遠い、爽やかでない無骨な話し方になると思います。

[“英語20年選手”の実力-------ペラペラに程遠い無骨な話し方]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

還暦過ぎランナーの練習ポイント------スローランニングで200kms/月の練習
11月度のラン実績は139Miles(223kms)でした。9月が150Miles(239kms)と好調でしたが、10月は少し落ちて108Miles(172kms)と低調でした。それを少しカバーしての200km超え。まずまずの月でした。

マラソン練習で、距離をどれくらいにするかというのは難しい問題のようです。現在日本のマラソン界を引っ張っている市民ランナーの星川内選手は市民ランナーならではの視点で練習距離の多すぎを戒めるコメントを出しています。
[還暦過ぎランナーの練習ポイント------スローランニングで200kms/月の練習]の続きを読む

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記