アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカの古いものに対する国民性-----商業施設や行政組織でも
前回のアンティークショップ訪問記で、「アメリカで古いものが比較的残っているのは、その国民性もあるのでしょうか」と述べました。国の成り立ちとしては日本に較べれば若い国アメリカですが、近代、現在のレンジで見ると、やはりその国民性かアメリカのあちこちに、この古いものに対する関心という国民性がうかがえます。
[アメリカの古いものに対する国民性-----商業施設や行政組織でも]の続きを読む
スポンサーサイト
アンティークショップ訪問記-----昔にタイムスリップ!!
レトロ、アンティーク、クラシックという言葉を聞くと、血が騒ぎ出すのは当方だけではないようです。こちらアメリカにはその同好の士が沢山いて、各地に店があります。

先日、その中でもメガ級の大きさを誇る、アンティークショップモールに行ってきました。ここで見てきた物は、生活文化面で、戦後アメリカのすぐあとを追いかけてきた我々日本人にもなじみの品々です。

当該店は写真撮影OKでしたので、日本の同好の士に報告いたします。


236.jpg
(こんな油差しが無くなってどれ位なるでしょうか?)
[アンティークショップ訪問記-----昔にタイムスリップ!!]の続きを読む