アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「英語で考えよ」よりも「日本語で良いから英語的に考えよ」-----英語を咄嗟に出すには
英語力のかなりある人でも、英語が咄嗟に出てこないという事はよくある話です。これは、日本語と英語の文の構造が違う、文型が違うという事から来ているようです。これを防ぐために、「英語で考えよ、日本語で考えるな」ということが言われていますが、これも上手く運用しないとドツボにはまります。

当方の推奨は、「英語で考えよ」よりも「日本語で良いから英語的に考えよ」です。

022_20160213064012fa1.jpg
(金田一耕助とNancy Drewの会話文比較)
[「英語で考えよ」よりも「日本語で良いから英語的に考えよ」-----英語を咄嗟に出すには]の続きを読む
スポンサーサイト