アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
当方の今年の仕事の抱負------“終身”雇用アメリカの労働事情
今年の抱負にも関係しますが、今年65歳になる当方のアメリカでの会社の仕事の見通しについて少し。

当方はこちらの会社に現地採用の形になっていますので、定年というものはありません。アメリカでは本人の意思(と能力)次第で、退職時期を自分で設定できます。よって当方は、日本では一般的な定年後勤務継続も終了する歳ですが、今年は勿論、もう4~5年、70歳位までは今の会社勤めたいと思っています。

日本の経営管理の三種の神器は、①終身雇用、②年功序列、③企業内組合といわれていますが、どうやら終身雇用の方はアメリカの方が確保されているね、というお話を。

[当方の今年の仕事の抱負------“終身”雇用アメリカの労働事情]の続きを読む
スポンサーサイト