fc2ブログ
アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
朝地駅懐旧談-----“兵者ども”が跋扈した“栄華”の昔の想い出
ここに豊肥線朝地駅(大分県豊後大野市朝地町)の写真があります。当方の故郷の駅です。

近くに住む学校の先輩Nさんが、撮ったものです。Nさんは、ウォーキングが趣味で、Nさんの町(三重町)から遠征して朝地駅近傍を歩いた時に、写真に撮ってFacebookに乗せたもので、それを拝借しています。

故郷を離れて50余年。数年に一回位しか帰れませんが、その時には列車利用でお世話になっています。現在は無人駅になり寂しくなりましたが(小ぎれいにもなったかな)、全盛期の昭和20年~30年代は、地域の玄関としてエネルギーに満ちた所でした。

244481825_4282053621908331_5744690523213844708_n.jpg
(豊肥線 朝地駅)


[朝地駅懐旧談-----“兵者ども”が跋扈した“栄華”の昔の想い出]の続きを読む
スポンサーサイト



「イメージの詩」-------時を超えて刺さる内容
フォークソング全盛時代に、吉田拓郎の「イメージの詩」というのがあります。これはメッセージソングとも分類される歌でしょうか。なかなか含蓄のある歌詞が含まれています。現在の我々の生活の中でも刺さる内容です。

そんな中から、私の個人的に刺さるフレーズを選んで挙げてみました。同世代の方々にも刺さるのでは?

[「イメージの詩」-------時を超えて刺さる内容]の続きを読む