アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカのゴルフ事情―――中級~高級ゴルフ場事情
アメリカでも高いゴルフ場はあります。しかしそれでもまだ日本のゴルフ場よりは格安です。
20060814105537.jpg
(Covered Bridge Golf Course。ファジーゼラー選手設計のゴルフ場です。ゆったりしたきれいなゴルフ場です)
当方の居住地のIndiana州南部。ここが輩出した有名なゴルファーにファジーゼラー(Fuzzy Zellar)がいます。彼はマスターズ優勝の他PGAツアーでかなり優勝しています。

彼は当方の居住区の近くで生まれ育ったとか。現在はシニアーツアーで活躍しています。彼の設計(経営も関与している様です)したゴルフ場も近くにあります。Semi-Public(セマイパブリック)のここらではなかなかのゴルフ場。それでも、ここのプレー料金は約70$です。

IndianaのState Champion Tournament の行われるOtter Creekと云う立派なゴルフ場が近くに有ります。ここは全米でも100番以内のランクの素晴らしいゴルフ場です。ここのプレー料金が50~60$です。

ここらになるとなかなかアメリカの草の根ゴルファーには手が出にくくなります。しかしそれでも日本よりは随分安くなっています。

プロのトーナメントが開催される様な高級のゴルフ場になるともう少し高くなります。KentuckyのLouisvilleに全米プロが何回か開かれたValhallaゴルフ場があります。ここは完全メンバー制のゴルフ場でプレー料金が170~180$位のようです。

全米各地、PGAのツアーが開かれるような超高級ゴルフ場はどこもこのレベルのようです。日本円で2万円位。日本も安くなったとはいえいろいろ含めるとこれに近い料金のゴルフ場はざらではないでしょうか?

以下の写真はFloridaで開かれたプロのトーナメントPlayers Championship Tournamentの写真です。これもきれいなゴルフ場です。トッププロのシン選手のプレーも見られました。
IMG_1432_1_1.jpg

IMG_1436_1_1.jpg

IMG_1431_1_1.jpg


アメリカの気候を表して、各ゴルフ場は抜けるような青空で目に鮮やかな緑に囲まれていますね。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック