アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
いちろうアメリカ西部を往く―――アンテロープキャニオン、グランドキャニオン、セドナ、(アリゾナ州)の旅(後編)
3日目は宿のある町のセドナです。

アメリカの西部劇又は70年代の映画に出てくるシーンでモニュメントバレーがあります。大平原のかなたに周りが侵食されて出来た巨大な岩の山の場面のあれです。

このセドナはモニュメントバレーの近くです。セドナはそのモニュメントバレーの岩山に赤い土で彩色した様な山が数多く連なっている町です。

IMG_2983_1_1.jpg
(青い空に赤い岩肌が映える町です)


IMG_2981_1_1.jpg
(宿の前にも奇岩の山が迫ります)


赤い岩肌の山々

セドナの町はこの岩山に囲まれた谷あいにあります。町全体が観光スポットです。

IMG_3020_1_1.jpg
(風化の過程によりいろんな形状の山が見られます)

IMG_3000_1_1.jpg
(ある山に近づいてみるとどこか人物のポートレートにも似た岩山です)

IMG_2990_1_1.jpg
(山の中腹に教会が立っていました)

ある山はハイキングコース(Trail)になっています。

多くの山はハイキングコース(Trail Course)が設けられ人々を迎え入れてくれます。有名なベルの形をしたBell Rockに登ってみました。

IMG_3019_1_1.jpg
(目指すはベルの形をしたBell Rock)

IMG_3046_1_1.jpg
(ふもとの道にはTrail案内板があります)

IMG_3060_1_1.jpg
(Trail途中の花。乾燥地での生命力の強さには驚嘆します)

IMG_3045_1_1.jpg
(山の中腹から頂上を見上げて。ハイキングは途中でギブアップ)

4日目(最終日)、帰途に

宿のセドナから南下し空港のあるフェニックスへドライブです。アリゾナ州は高速道路も一般道路も郊外になるとどこも最高速度75マイル(120km)規制です。75マイル規制ということは当然80マイル(おいおい!)位までは許していただいて疾走して来ました。

帰りも当然80マイルで爆走。広大な平原を眺めながらのドライブは最高です。4日間の旅行でトータル700マイル以上は走ったでしょうか。

IMG_3096_1_1.jpg
(広大な平原を爆走、南下します)

レンターカーのNi○san Mu○anoも快調に走ってくれました。顧客満足度100%です、燃費の高いのを除いて。

Mu○anoはガロン当たり18マイル。いちろうのHonda CRVは28マイル。確かにM○ranoは上級車ではありますが、この燃費の差はガソリン代高沸の今となってはイタイ!。



と、旅の思い出を残しながら中西部に帰ってきました。荒涼としたアリゾナから帰ってくると中西部の緑が目にしみます。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック