アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカの飲酒運転への刑罰―――”Crack down(厳しく取り締まる)”、他の関連英語
“アメリカの飲酒運転への刑罰”のコラムで関連英語の話題を少々。

”Crack down(厳しく取り締まる)”

交通違反の取り締まりはここ広大なアメリカでもやっているようです。道路の距離数、車両数が日本に較べて格段に長く且つ多いアメリカでは、当方はあまり遭遇しませんが、時々ラジオのニュースでも知らせています。

その時に聞いたのが”Crack down”。”The State police cracks down on Louisville down town areas.(州警察はルイビルの中心街で取締りをやっています)”等使うようです。先日のコラムにもありましたが、アメリカはこの面でも“先進国”。びしびし取り締まっているようです。

この”Crack down”は税金の取立てにも使うようです。本日の新聞でインディアナ州の徴税の様子が出ていました。

“State cracks down on those who owe taxed.”

“Bank accounts, pay maybe seized.”


“The state is going after delinquent taxpayers who failed to pony up when it offered a penalty-free, prosecution-free amnesty last year.”

“Gov. Mitch Daniels said yesterday that his administration is seizing money from bank accounts and paychecks to settle the debts.”

古今東西、税を逃れたい人はいるものでインディアナもその例にもれません。しかも昨年の猶予期間に納めれば問題ないものを、それすら納めていません。

Daniels知事(多くの場合ガバナー デーニョと聞こえます)もいよいよ腹に据えかねたのか、州政府も強行策を取るようです。銀行口座、給与支払いも差し押さえ(”Seize”)。こういうときに”Crack down”を使うようです。

”Jail, Prison( 刑務所)”

アメリカの殆んどの町(カウンティ=郡)の中心街には”Jail(刑務所)“があります。英和辞典によると”Jail”は「未決囚や軽犯罪囚を拘留する所」とあります。日本で云うと留置場でしょうか。

”Prison”が「既決囚を収容する所」です。いわゆる刑務所でしょうか。

その留置場が市役所の近く、町の一等地にあります。昔の西部劇で「ある集落の町につくと町の真ん中に保安官のオフィスがありそこに留置場がある」というシチュエーションがそのままです。

さすが法治国家アメリカ。良くも悪くも”Jail”が町の中心で睨みを利かせています。まずはコミュニティの治安を最優先にした町の編成です。

“Arrest(逮捕する)”

英語は、言霊の日本語と違い良くも悪くも表現がストレートです。日本で云えば検挙と逮捕でニュアンスが大きく違いますが、アメリカは”Arrest”一本。軽度の飲酒運転で捕まるのも”Arrest”なら、殺人罪で捕まるのも”Arrest”。四の五の言わず(これって大分弁?)に全部”Arrest”です。



よきにつけ悪しきにつけ法の下では強権国家アメリカ。英語の表現、制度の仕組みは強烈ストレートですね。人間社会の思惑が交錯して制度、表現がなし崩しになっていく日本よりは分かりやすくもありますね。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
今、法律の授業を取っていて、裁判のケーススタディをやっていますが、英語が得意でない私でも分かりやすい言葉で判決内容などが出ていることに驚かされました。ストレートな分、裁かれる立場に立ったら怖いでしょうね。
2006/09/26(火) 00:52:52 | URL | ざっく #-[ 編集]
コメント有難うございます。
確かに法律用語(あまり詳しくは知りませんが)と日常用語の差は無いようですね。我々の会社でも、"Mandatory overtime(強制残業)"、"Probation(雇用試用期間)"等、法律用語に出て来る単語が使われています。
今日、アメリカ人同士の会話で"Sanction(制裁、処罰)などと言う単語が飛び交っていました。
日本なら使い分けるところでしょうね。
2006/09/26(火) 12:34:26 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック