アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカの飲酒運転への刑罰―――日本とアメリカの飲酒の“風景”の違い
アメリカも日本に負けず劣らず飲酒運転で捕まる人が多いようですが、飲酒の“風景”と言うのは、アメリカと日本では少し違うようです。

アメリカではキリスト教の戒律があるのか、日本の様な酔っ払い天国的な風景は目にしません。

“お付き合い“が無い

個人社会のアメリカにはアフターファイブ、先輩後輩の付き合い、職場の飲み会などと言うのは皆無です。又、町内会等の地区の付き合いもまったくといって良いほどありません。

よって、日本の様に集まって一杯と云う機会は殆んどありません。当方の会社は小さな会社ですが、アメリカ人と一緒に飲むということは殆んどありません。日本の親会社から幹部が来た時にこちらの幹部と一緒に食事するくらいです。

その時もアメリカ人はpops類(コーラ類)やアイスティーで済ませています。

日本の飲酒の“風景”の大部分はこのお付き合いのものではないでしょうか。これが無いだけアメリカの飲酒の“風景”は日本と大きく違ったものになっています。

体格が違う

我々日本人はビールでもお酒でも飲んで、ほんのり良い気持になるのがたまりません(その後第二弾、第三弾突入の人もいますが)。これでリラックスして話に花が咲く、というのが日本人のコミュニケーションの定型です。

アメリカ人は日本人から較べると格段に体が大きく、酒を飲んでも酔わないからかこのプロセスが理解できないようです。

はたまた「英語のコミュニケーションというのは、相手の言う事を受け止め、こちらの主張を微に入り細に入り表現して行う」と言う真剣勝負的な特徴があるからか、お酒の力を借りずともとうとうと喋っています。

これゆえにアメリカ人はますます飲むと云うことが縁遠くなるのでしょうか?

アルコールが結構規制されている

自由の国アメリカですが、飲酒場所は結構規制されています。こちらの公園ではシーズンになるとピクニック(日本のピクニックと違い、集まって食事をしたりゲームをしたりする事)でバーベキュー等を行います。

しかし多くの公園ではアルコール禁止です。皆、暑いさなかハンバーガーやホットドックを頬張りながらコーラ類を飲んでいます。日本であれば冷たいビールの欲しい所ですが、ビールも禁止です。

又、ドライカウンティーといってアルコールの販売飲酒が全く出来ない地区(カウンティー)もあります。これはキリスト教のある会派の戒律から来ているようですが、このカウンティーに通りかかるとアルコールは全くお目にかかれません。

酒類の販売も規制があり、インディアナ州では日曜日は酒類が買えません(ケンタッキー州では日曜日午前中は種類が買えない。午後からはOK)。

又酒類の自動販売機も皆無です。これは盗難等で自動販売機の呈をなさないのかも知れませんが、未成年者等の購入を規制する一つの方法と思われます。

「酒に酔う」文化の違い

日本人にはお酒は祝い事も兼ねており宴会、パーティー等で心地よく酔うのは嬉しい事です。

当方の会社で創立記念日のパーティーがありました。その時はアメリカ人も(勿論日本人も)お酒を頂きました。その時の日本人幹部のスピーチは「本日はお酒を頂きまして少し酔いましたが、誠に本パーティーを楽しませていただきました...」と云うくだりになります。

しかし人前で酔うと云うことが文化的にタブーなのかアメリカ人幹部からは「酔って云々...」のスピーチは全くありませんでした。かなり飲んだアメリカ人幹部もスピーチ等で人前に立つと正気の振りをしていました(体が大きいから酔わない、という事もある)。


アメリカはビールをとってみても一人当たり消費量は日本を凌いでいますが、日常の飲酒の“風景”と云うのは上記のように日本から較べると格段に違うものになっています。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック