アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカの連休シーズンのストレス対処法―――健康小冊子にみるアメリカ人の関心項目
日本ほどまとまった連休のないアメリカでは、11月のサンクスギビングの連休、12月のクリスマス、年末年始がまとまった連休のあるシーズンとなります。

この連休によるストレスは洋の東西同じ様で、こちらでもシーズンに対応してBaptist Hospital からおなじみの健康小冊子“Healthy you!”が会社の個人に配布されてきました。ここは斯界の権威者(?)のいちろう。これを取り上げないわけにはいきません。

ざっと見る限り日本と同じ様な取り上げ方で日米間の差はあまり無いようです。アメリカの特徴を多少解説を加えました。英語の用法とともにご覧下さい。


IMG_1880_1_1_1_1.jpg
(Beatlesのクリスマスソングも秀逸です)


Season of Stress

For most people, the holidays include too much time fighting traffic, overloading credit cards and entertaining relatives. It’s a season when you are expected to cram office parties shopping and family gatherings into your already busy life. In short, the holidays mean stress.

Tips for coping with holiday stress

1. Stay out of holiday debt(予算管理はしっかりと). Know your spending limit. Expensive gifts won’t guarantee a happy holiday. If your extended family is filling your shopping list to the brim, consider starting a name exchange. There’s a good chance every one else on the list will appreciate a break, too.

日本の様なお歳暮という慣習の無いアメリカですが、クリスマスはプレゼントを行うようです。日本に比べるとあまり金額には見栄を張らないようですがそれでもみんなの頭を悩ますのでしょうか?

2.Make a shopping list and check it twice(買い物は慎重に). Staying organized will help you avoid any oversights or last-minute panic.

アメリカではサンクスギビングのセールが一年で最大ですが、クリスマスシーズンも商魂たくましい商店街は見逃すはずがありません。あの手この手で消費者をひきつけようとしています。今のシーズンは新聞についてくるチラシも相当なものです。

3. Avoid a relative melt down(親戚付き合いに気をつけよう). The holidays give you a great opportunity to spend time together. But if your family is full of conflict and friction, the holidays can become a battlefield. You can clear the atmosphere by involving everyone in the planning. When a couple of relatives insist on sniping at one another, take it as your cue to go for a walk. If the worst fights happen at the dining room table, consider having your holiday meal at a nice restaurant where everyone is more likely to be on their best behavior.

アメリカではFamily reunionと呼んでいます。この時期アメリカでも家族が遠くから近くから集まり親交を暖めます。よい関係だけなら良いのですが、この注意書きの様なケースも発生するようで...

4. Go easy on alcohol(お酒は控えめに). Too much alcohol will only add to your stress. You may say or do things that you’ll later regret, and you’re bound to feel lousy the next day.

洋の東西全く同じです。痛いほど分ります。しかしアメリカはある意味では保守的な国ですね。当方滞米14年。最初の出張でアメリカに来てから20年。その間主要ビールは殆んど味、デザインは同じですね。日本みたいな商品開発は無い国です。

5. Keep moving(身体を動かしましょう). Exercise is always a great stress reliever. Instead of watching that Christmas special for the hundredth time, take a brisk walk around neighborhood with a cousin or slip away with your aunt to the gym for a much-needed break. Even if you get your workout on a treadmill, try to spend some time outdoors. A little winter sunlight can dramatically brighten your mood.

朝晩冷え込んでくるとラジオでSingle digit(華氏で10度未満。マイナス15度C以下)だと大騒ぎになります。日中でも33度F(0度C)前後。これでは屋外に出る機会は少なくなります。よってこの時期の連休は家の中にこもりがちで運動不足になりがちです。

6. Eat well and be merry(食べ過ぎにご注意を). You can hold onto your healthy eating habits throughout the holiday season. Have a few healthy snacks throughout the day, especially before the Big Meal.

油っぽい食べ物のことをGreasy Foodと呼んでいます。わが会社の同僚Pat.は「ダイエット中で食べ物に気をつけているんです」と皆に宣言。この前食事を一緒にした時は確かにサラダを選択。しかしそのサラダはボール一杯!お肉どっさり!濃厚なドレッシングしたたっている!おいおい、と思いました。かような食生活の国。みんなこの小冊子を読んでくれ!



斯界の権威者(?)としては平凡なコメントに終始しましたが、皆様方もHoliday seasonを気をつけてお過ごしください。




スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
いちろうさん
どうも、国民の祝日は日本が一番多いでしょうね。
日本人は働きすぎだといわれてきたので、意識的に祝日を多くして、休ませようとしてきたのでしょうが・・・
でも、欧米の人たちは、夏に月単位でバケーションをとるので、日本人よりも遊んでいる感じがします。
そんな、休み慣れているはずのアメリカ人が連休の前に、こんな細かいことまで、アドバイスされるなんて、信じられない。
2006/12/12(火) 01:18:31 | URL | 英さん #-[ 編集]
”欧米”とひとくくりに出来ないところ。
バケーションの長さですが、同じ欧米文化ですがビジネス志向のの強いアメリカではこの面では少しヨーロッパと違いますね。
アメリカの一般のビジネスマンは(セレブ層等例外はありますが)たいてい1週間/回のバケーションですね。
会社の規則にもバケーションは会社の許可制にしており、期間、時期等歯止めをしています。勿論日本よりはバケーション(有休)を取り易い文化ではありますが。
2006/12/12(火) 12:47:06 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
1月2日の出勤
この2日からの出勤というのに慣れるのには、時間がかかりました。
出来る限り、正月の3日間は今でも、休みを取るように算段するのですが、出来ない年もあります。子供の学校も2日からあったりしますね。
いちろうさんはどうしていますか?
2006/12/12(火) 15:24:09 | URL | calperch #-[ 編集]
そうですね。この正月二日からの出勤は慣れるまで(4~5年)は大変だったですね。
数年たってからは、家でも正月らしいことは(おせち料理、お神酒、他)あまりしなくなったので何とか慣れてアメリカ的に2日から会社出勤ですね。
さてさて今度の正月も2日から出勤ですが....
2006/12/13(水) 12:33:33 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
おもしろい!
holiday seasonの休暇がアメリカ人にとってストレスだったなんて、思いも寄らぬことでした。面白すぎる!
確かにふだん会わない親戚と顔をあわせるのって、気が進まない人も多いんでしょうね。笑っちゃいけないけど、"relative melt down"って表現、思わず笑ってしまいました。
私も1月2日からの会議に出席するために、閑散とする元旦早朝の成田から出張に旅立ったことがあります。あの空しさ、寂しさは一生忘れないでしょうね…。
2006/12/18(月) 02:53:46 | URL | Wonderwall #-[ 編集]
Wonderwallさん
日本みたいなWetな人間関係の対極にある(と思っていた)アメリカ社会でもいろいろあるのですね。

たしかにこちらの人は言い始めると(論争し始めると)止まらないところもあるので、こういう注意が必要な事態になることもあるのでしょうね。

1月2日からの仕事!日本の文化風習から抜け出ないとなかなかきついですよね。お話のケースのようだと大変でしょうね。

当方の家はこんどJapan TVを入れます。これに浸ると1月2日からの出勤は大変だろうな!と今から予想しています。
2006/12/18(月) 04:31:36 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック