アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
一芸に秀でる事の日米の違い―――音楽の里ブランソンに見るアメリカ人の一芸への想い
前回エントリーのホットドッグ早食い選手権者小林尊氏の話題で、一芸に秀でる事についてのコメントがありました。この小林氏はこの早食いパフォーマンスで、アメリカでは有名人の仲間入りをしているようです。

アメリカはスポーツ、音楽、芸術、はたまたこういう大衆パーフォーマンスの面で一芸に秀でている人、事に対して敬意を払う文化が日本より成熟しているようです。そんな事例を見てみましょう。

音楽の里Branson, Missouri.(ミズーリ州ブランソン市)

中西部のミズーリ州は大リーグのセントルイスカージナルズがある所です。特に最近日本では田口選手もいて有名になっています。そのセントルイスを更に西に行くと広大な原野の中にブランソンの町があります。

ここはリゾート地として知られています。且つ音楽の里でもあります。町には劇場が40位あり第一線を退いたミュージシャンがその劇場を所有して悠々自適の公演を行っています。ミュージシャンはメガヒットを飛ばした有名な人達から我々の知らない中堅の人達、更には有名ミュージシャンのカバー曲を行う人達まで様々です。

有名なミュージシャンではアンディウィリアムズ、ケニーロジャーズ、チャックベリーまでいます。アンディーウィリアムズとケニーロジャーズは十年位前に行った時に見ました。有名で無いミュージシャン(我々から見て)もいます。又、日系のShoji Tabuchiという人もいるようです。それぞれ一世を風靡した芸を持っているのでしょう。ミュージシャンの総数はウェブサイトのリストを見ると70組(人)位いるようです。

一部のミュージシャンは公共の劇場で公演するようですが、大部分のミュージシャンは自分の劇場を持ちそこで公演しています。前回行った時も“アンディウィリアムズ劇場”、“ケニーロジャーズ劇場”等を目にしました。

劇場内部もそのままテレビ実況出来る位立派な建物、ステージ、席数、又はバックバンドのミュージシャン達でした。それぞれお目当てのミュージシャンを見にリゾート保養を兼ねて全米から人が集まってくるようです。

社会の進歩の激しいアメリカですが、こうした音楽や芸術は案外古いものでも大事にするお国柄です。1960年代、70年代のミュージシャンでも固定ファンがついて公演にも駆けつけます。

日本でも最近は昔のミュージシャンが多く活動しているようです。しかしコンサート活動を行えるのは一握りのメガヒットを飛ばしたミュージシャンのみですよね。多くのミュージシャンは何かのきっかけの時にステージに立つのみでは無いでしょうか。

上記のブランソン。日本でいえば山梨県の清里(リゾートというより観光地ですが)に橋幸夫、南こうせつ、山田パンダ、伊勢正三、三橋美智也、等が常設の自分の劇場を持ち年間を通して公演をする、それを楽しみに全国からファンが集まってくる、という図式です。一芸に対する考え方の違いかまだ日本もここまでは成熟していないようです。



昔、テレビのバラエティ番組で早野凡平がロープの大道芸を披露していました。その時に司会の永六輔が「これがアメリカであれば早野凡平はこの芸で一生食っていけるのだがなぁ」としみじみ言っていたのを思い出します。

この番組はもう数十年前になりますが、アメリカでこう云う事例を見るたびに、どういう訳かこの時の永六輔のコメントを思い出します。



スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
愛着を失わないアメリカ
日本で、スバル360とかミゼットとかを道でみかけることはありませんが、50年代、60年代の車を、乗り回している人を、こちらでは時々みかけます。

日本人は新しいもの好きで、進歩に対して、大変敏感ですが、古いものに価値を見出すと言う事は不得意のような印象をうけます。

このブランソンも、自分の好きな物は、古いものでも好きと言う、アメリカ人らしさ?が出ているような気がします。

私の親戚のものもここで、ショウジ・タブチの公演をみています。1日に3軒はしごをした人もいます。ながーい、ながーい一日だったといいます。


2007/01/17(水) 15:05:43 | URL | calperch #-[ 編集]
Calperchさん
当方は10年ほど前にブランソンへ行き、ケニーロジャーズのステージを見ました。”The gambler"という歌にあわせてステージからカードみたいなものを飛ばしており、それがうまい具合に客席に届いており妙な関心をしたことを覚えています。

アンディウィリアムズは町のレストランで行き会いました。当時既にご高齢の様子でした。今はどうなんでしょうか。

2007/01/18(木) 13:07:56 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック