アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
1年で43,000km走破しました―――アメリカの車社会事情
昨年3月に現在の愛車、Honda CR-Vを購入後今月でちょうど一年が経ちました昨年9月の本ブログエントリーで半年経過の報告を書きましたので、本日は一年経過の報告を。


IMG_1832_1_1.jpg
(増え行く日本車)


一年で43,000km走破(汗)

一年経過でトータル走行距離は43,064km(26,915Miles)でした。日本の友人が数年かかって4万km位でしたのでアメリカの広大さ、車社会ぶりが分かります。なにせ毎日の通勤距離が80km(50Miles)ちょっとあります。これに休みに出かけるのも100kmは軽く超えます。アメリカの広大さが分かるというものです。

昨年9月の半年経過時では2万6千kmでした。1年で5万kmを超えるペースかと思いましたが、さすがに冬場は休みの日の外出が少なかったのでしょう。少しペースが落ちました。

しかしこれでも2年で9万km(6万Miles)近くになってしまいます。まあ、前の車が30万km(20万Miles)くらいまで走りましたのでそれくらいは行ってくれるでしょう。

品質

このHonda CR-V、品質面は最高です。購入後一年間、まだ一回も故障がありません。普通はイニシャルな不具合が出てくるものですがそれもありません。

1万Mile毎に“Maintenance required”というランプが点灯しますので修理屋にもって行きます。概ねチェックしてくれていますがその時もまだ部品を換えた形跡はありません。点検費用が100$以上かかるのがイタイですがまあ保険コストと考えましょう。

燃費

燃費も最初から変化なく26MPG(Miles per gallon)から28MPGです。本日たまたま給油時に計ってもきっちり28MPGでした。SUVですからこれくらいはしょうがないか。

雑感

アメリカのマーケットでは日本車の躍進がまだまだ続いています。周りはどんどん日本車が増えています。燃費、品質、価格、ゴージャス感どれをとっても日本車がぬきんでています。Big3(2.5か?) がこれを巻き返すには、よっぽど革新しないとならないでしょう。

今度ブッシュ大統領とBig3の首脳が会談しますが、数年前ならいざ知らず現在では日系メーカーもアメリカに根をおろしており政治問題化にはなりにくいでしょう。その影響の大きさから、Toyota, Honda, Nissanが日本車だと思っているアメリカ人は当方の周りにはほとんどいません。



さてさて我が愛車も2年目に突入。2年目も無事に走ってくれるでしょうか?







スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
1年で43000km・・・
当方の4年分に相当しますね。スゴイ。
この調子ですと2年位でタイミングベルトなどの部品も交換ですね。日本みたいに車検制度が無いでしょうからユーザーが、メンテナンスを怠ると大変でしょう。。油脂類のマメな交換が大切ですね。
2007/03/24(土) 01:10:05 | URL | 岳人 #-[ 編集]
私の2。5倍以上ですね。
アメリカの車の平均の走行距離は年に10000マイルといったと思います。私は、少しこれよりすくなくて、月に750マイル程度で年に9000マイルです。いちろうさんは平均にくらべて、通勤の距離が少し長いですね、たぶんラッシュアワーを避けられているのではないかと想像しています。私の住んでいるあたりで、ラッシュ時の50マイルの通勤だと1時間20分くらいかかります。全国のなかでも、もっとも混雑するFreewayの一つと言われていますから。

日本車は通常オイルとプラグを変えてやれば、どんどん行けますね。磨耗部品は定期点検さえきちんとしていれば、問題がないのが安心の元ですね。



2007/03/24(土) 02:51:01 | URL | calperch #-[ 編集]
岳人さん
こちらは車検制度はありませんが、かといいってユーザーがそんなにまめに車を自主点検しているかというとそうでも無いですね。

まず街中にエンジンオイル関連(オイル、フィルター、各種冷却水)のみ交換補充のサービスショップがあります。ここでエンジンオイルの交換を行います。ここには定期的に車を持っていきますが、オイル、フィルター交換、各種冷却水の補充のみです。

当方の車は新車なので定期的にディーラー修理にもって行きますが、通常多くの人は上記のエンジンオイル関連の交換補充のみです。

では、ベルト類やブレーキ、躯体関連はどうするか?異常音や振動が出始めたら修理屋にもっていきます(苦笑)。

時々ハイウェイの道端に車がエンストしてとまっていますが、「それはその時に牽引車を呼び修理屋に持っていくまでの話で、その防止のために定期修理でお金をかけられない」というのが普通のアメリカ人のスタンスです。

これが中古車も含め故障の少ない日本車が流行っている一つの要因ですね。
2007/03/24(土) 23:45:29 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
Calperchさん
Indiana, Kentuuckyは面積は余りありませんが人口も少なく(Indiana6百万人、Kentuckyで4百万人)渋滞は今の所ごく限られたJunctionのみです。

当方の所はState Roadが4割、Inter Stateが6割くらいですが、片道28マイルを30分で着きます。平均時速56マイル(90km)ですねぇ(汗)

上記の限られた渋滞Junctionを回避するために現在新しい道路の検討がされており、それが3ルートあります。すぐにはできませんが(10年くらいのプロジェクト)出来上がればいっそう便利になります。

そちらの方に旅行した時に、ハイウェイへの入り口が信号つきでフリーに入れないのにはびっくりしました。そちらの方に較べればこちらの道路事情は格段に良いですね。

2007/03/25(日) 00:05:40 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母の智子です。学資保険の選び方を運営しております。宜しくお願い致します。
2007/03/23(金) 12:22:02 | 学資保険