アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
芝刈り機のシーズン前点検整備をしました―――関連用語を英語でどういう?
以前、芝の種蒔きのエントリーで簡単な日常用語の英語版の紹介をしました。学校でもあまり取り上げられない易しい英語。しかし日常良く出てきてパニックになる事があります。この機械の点検整備関連の用語もそうではないかと思います。

ここでこれを取り上げ紹介したいと思います。貴方も本ブログを読むだけで生きた英語の達人に.......は無理ですが、何らかのインプットにはなると思います。

「点検整備」---“Check”、“Service”

点検を英和辞書で引くと”Inspect”, “Examine”, ”Check”とあります。整備は“Maintenance”、”Service”, ”Tune-up”と載っています。

こちらの取扱説明書(Operator’s manual)を見ると“Service”を使っています。”Service engine”や“Service lubrication”のようにです。具体的な箇所になると“Check”を使っています。例えば”Check Spark plugs.”等です。

“Inspect”や”Examine”は「整備する箇所が不明で調べることにより点検する」というような感じでしょうか。又“Maintenance”はもう少し大規模な整備の感じでしょうか。この場合はシーズン前の点検箇所と手順は分かっているので“Service”や”Check”を使うようです。

“Tune-up”や”Overhaul”は「機械の構成部品を取り出し磨きなおしたり削ったりして性能を維持アップする」という感じでしょうか。これも上記により今回の場合にはマッチしません。

「オイル交換」と「部品交換」―――“Oil change”&“Replace parts”

同じ「交換」でもオイルの場合は“Change”, 部品の場合は”Replace”となります。

部品の場合は“Change”でも通じなくはないですが”Replace”がもっぱらです。“Replace”は「部品を取り出し、もとあった場所に新しいものをつける」というような意味合いです。「取り付ける」だけであれば“Install”, ”Mount”でもOKです。

因みにオイル抜きは“Drain”で「オイル補充」は“Add oil”です。この一連作業が終わって”Oil change”となります。

「対象芝刈り機」―――“Lawn mower machine(s) to be checked”

日本語ではこの「対象」という言葉は日常良く出てきますが、英語でぴったり対応する一語単語はありません。辞書を引くと“Subject”や”Target”がありますが、少ししっくりしません。大抵“Lawn mower machine(s) to be checked”や“Machine(s) for checking”とSmall words(熟語)で表されます。

この辺りがBig wordsの記憶を競う学校英語、試験英語とSmall wordsの積み上げの日常英語の違う所で、戸惑う所でもあります。

「傾斜台」―――“Ramp”

写真の中にあった芝刈り機を載せている「傾斜台」は“Ramp”といいます。語源は「坂」から来ているようです。高速道路入り口出口を“Ramp”といいますがこれも坂になっているからでしょうか。日本でも高速道路の「ランプ」と使っているようですね。

これに関連して“Ramp up”という言葉があります。製品開発の時の「立ち上げ生産増加」で、徐々に増加していく即ちグラフにすると坂状になっているさまを言います。



これらの用語は具体的な日常用語ですので、ぴったりする用語を覚えていなくともBody languageで何とか分かります。しかし覚えて的確に使えれば会話の面白さが数段高まる事は間違いありませんね。





スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
最近、色褪せていた芝生が急激に緑に変わって、ああ春だなあと感じています。でも夏とかは芝刈り大変ですね。IUは芝生の範囲が広大なので、毎日刈っている人を見かけます。
2007/03/29(木) 23:35:57 | URL | ざっく #-[ 編集]
こんにちは
いちろうさん。

質問です。、この"対象芝刈り機”というのが、よくわかりあません、Lawn mower machiine to Be checkedは”点検される(べき)芝刈り機”と思うのですが、この対象というのは何処でしょうか?

Rampは傾斜台というのですね。一つ賢くなりました、Freeway のばあいには、乗り口でしょうか?トラックの荷台と路面にわたす板やはしごのようなものは、日本語でやはり、傾斜台というのでしょうか?もしご存知ならお教しえください。台には骨組みがあるような気がするので、傾斜板でしょうか?

2007/03/30(金) 02:30:26 | URL | calperch #-[ 編集]
分かりました
いちろうさんの意訳では、点検すべき=点検対象の ということですね。
2007/03/30(金) 02:47:50 | URL | calperch #-[ 編集]
ざっくさん
何かのサイトでアメリカの芝刈りのエネルギーコストを推測しているのを見ましたが、莫大なもだったですね。

当方の家でも5ガロン容器でガソリンスタンドに買いに行きますが1シーズン5~6回買いに行きます。という事は80リッターから100リッター超使っている事になりますね。

又、放牧の民の末裔のDNAが騒ぐのかみんな嬉々として芝刈りをやっていますよね。物心両面ですごいエネルギーです。
2007/03/30(金) 11:34:29 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
Calperchさん
業務で「対象」ということを良く使いますが最初これの英語が出てきませんでした。

「クレームの対象ロット」、「教育の対象者」、「本日の出荷の対象品番」等です。これに対する英語をこちらの人は”To be ....."と使っています。これを使いこなすのに数年かかりました(汗)

それからトラックなどの「傾斜台」ですが本日ネットで調べました。なんと日本でも「昇降ランプ」とありました(苦笑)。アメリカの航空機産業や自動車産業から日本に入ってきた言葉なので英語が混じったのでしょうか。
2007/03/30(金) 11:44:36 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック