アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ケンタッキー、インディアナ地区の今年のイベント情報―――Seasons of fun: April – October(The Louisville Currier Journal紙より)
最近はネットの新聞で殆ど用が足りますが、それでも時々紙の新聞と言うのは有用なものでして...先日の新聞の日曜版を見ていたらケンタッキー、インディアナ(一部オハイオ、テネシー)地区のこれから暖かいシーズンの各地の祭り、行事、イベントをまとめた冊子がありました。

ネット接続はいつまで可能か分かりませんがこちらでご覧になれます。

これはネットアクセスだけからでは発見できなかった代物でしょう。ネットもキーワード検索も出来ますが、いずれにしてもアクセスと言うのは予備知識があっての話。「お宝見っけた~」的な発見は紙の新聞には負けるようですね。

IMG_5034_1_1.jpg
(この冊子に行事イベント情報が満載でした。それにしても豪快なアイスクリーム)
ケンタッキーダービー

こちらではシーズンが始まると各イベント目白押しです。その中で直近の大きなイベントはルイビルで行われるケンタッキーダービーです。これはダービーの三冠馬を決める三大レースの一つになっており100年を優に超える歴史があります。

このレースは、今年は5月5日ですが4月14日からそのクライマックスまでに様々なイベントがありレースを盛り上げます。川沿いの花火、パレード、マラソン大会、熱気球大会、飛行機ショー、蒸気船のレース、等々で合計70イベント位あるそうです。

Bluegrass music festival, Chocolate Festival等々

その他こちらの地元の特長を生かしたイベントが沢山あります。こちらに出かける機会のある方は一度目を通してお越しください。掘り出し物イベントもあるかも知れませんよ。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
新聞とネット情報
これは、以外と重要な問題のようです。ネットの中の記事の85%の元ねたが新聞だそうですが、、読者がネットのためにへると
新聞の収入は減り、新聞が減退するとその代わりになる媒体がないという、状態だといいます。
信頼のできる(と思われている)新聞情報がなくなるのは、大げさにいえば、民主主義の危機とも言われています。

新聞もネットに配信して、広告収入を上げようとしていますが、本紙の広告減に追いつかないと言います。

テレビのニュースで間に合わせるという事も出来るでしょうが、どうも、情報の底が浅さと、解説、分析の不十分さという欠点があります。

どうしたものか。
2007/04/11(水) 14:47:54 | URL | calperch #-[ 編集]
Calperchさん
日本もアメリカも新聞の販売量がネットが原因で減少傾向にあるそうですね。

といって新聞社もネット部門も競争がありおろそかに出来ないようで、どんどん内容が拡充されていますよね。ネット新聞は当方の見る地方紙では紙の新聞と殆ど同じ内容の記事になっています。

今回の特集の冊子までネットに載っているとは予想しませんでした。

新聞業界も変革を避けては通れないと思いますが、どのような変革が待ち受けているのでしょうか?

2007/04/12(木) 13:40:59 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
以前も書きましたが、我家は新聞をやめてます。娘はもっぱらネットですし、家内はテレビです。
私は、新聞の顔が見えにくくなってきた気がしています。自分の主張をするよりも、どうやって大衆に受けて、販売枚数を上げるのか?というところばかりが見えて。
でも、一緒に配布されていた地域のビラがなくなったのは不便ですが、最近は駅やショッピングセンターなどで、
色々な地方情報冊子が無料で配られています。これには、レストランの割引券なども付いており、結構重宝してます。
2007/04/13(金) 23:29:45 | URL | 英さん #-[ 編集]
購読者確保の作戦
当方のエリアでは朝○新聞が購読者確保のために、以下のような方法を採っています。購買層の少ないエリアのスポーツ少年団の活動を写真付で特集しミニコミ紙として新聞に折り込んでいます。中学校の陸上競技会や小学生のサッカー大会やミニバスケット、野球、剣道など試合結果を載せて親の感心を引こうと言う作戦です。少年野球の大会に来ていたカメラマン氏に直接聞いた話ですから、ホントだと思います。
2007/04/14(土) 00:33:33 | URL | 岳人 #-[ 編集]
英さん
このエントリーのような総合編集の冊子は新聞社の総合力に利点がありますが(しかし既に、ネットでもあるかもしれない)、個別のイベントはその主催者のウェブサイトにアクセスすると便利ですよね。

新聞社の主張、各自の主張は価値観多様化の時代、ネットを見れば右から左まで雲霞のごとくあるわけで、いまさら新聞の主張を見なくとも、と言う気分なのかもしれませんね。
2007/04/14(土) 15:40:51 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
岳人さん
地域の活動は地域生活者としては気になる所で有効ですね。しかしこれも個人ウェブサイトで深掘りした物も多いですよね。

プロの視点で、個人/素人のウェブサイトとどう有意差を出していくかがポイントでしょうね。
2007/04/14(土) 15:48:39 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック