アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
暑中お見舞い申し上げます―――少し早いアメリカの夏感覚
皆様暑中お見舞い申し上げます。と、書くとこの時期の日本の皆様は怪訝な気分がすると思います。

しかし、アメリカはもうすでに夏本番。いや、先週の独立記念日の週が、夏の気分のピークの人も多かったようです。多くの人達が夏の旅行に出かけたり、帰省して家族と過ごしたり、独立記念日の花火を楽しんだりしました。

この夏の感覚の違いは、以下の事由から来ているようです。


梅雨がない

日本ではまだ梅雨が明けておらず、大雨が続いているようですが、こちらアメリカ中西部は梅雨なるものがありません。毎日晴れの日が続き太陽はサンサンと輝いています。

こちらルイビル地区の天気データを見ると、今年のこれまでの累積降雨量は18.84インチ(478mm)のようです。これは春先の雨の季節の降雨も含まれていますので、ここ6月7月の降雨の少なさを表しています。特に今年は平年より雨が少ない年で、6月以降雨が降ったのは2~3回ではないでしょうか。

日本のように毎日が雨でしかも一日に200~300mmも降る所とは較べるべくもありません。

夏至の6月末近辺で雨が降らないということは、日照はふんだんにあります。太陽の光の恩恵を一番受けるのが今この時期で、まさに夏本番という感じがします。

7月終わりから8月にかけては、雨は同じく少ない時期で日中の気温自体はまだ高くなって行きますが、だんだん日照が弱まり朝晩は涼しくなっていきます。すでに秋の気配がしてきます。

朝晩も涼しくなく、雨がなく日中も太陽がさんさんと降り注ぐ今の時期がまさに夏真っ盛りという感じです。

企業の連休の設定

こちらは祝祭日の日数は日本より格段に少なく、日本のような一週間ぶっ通しの連休は少なくなっています。個人がめいめいにバケーションを取り、休みをエンジョイするのが慣わしです。

それでも、少ない祭日ですが、Floating Holiday(s)(年次の設定に自由度を持たせた休日)をつなげて土日含んだ4連休、5連休は時々あります。そのひとつがこの独立記念日の週です。

これに、更に上記のようにバケーションを合わせて一週間、十日間と休む人もいます。日本の休みの感覚で言えばお盆の休みの感覚でしょうか?

こちらの大企業はほとんどの会社で、先週の独立記念日の週は長期の休みだったようです。残念ながら当方の会社は、水曜日の7月4日の独立記念日だけが休みでしたが、うるさい、もとい、的確ご指導賜るお客さんが休みなだけ、出勤していてもどこかのんびり夏気分でした。

こちらのいわゆる広義の夏シーズンで、この連休が設定できるのがこの週のみ。それはもう、夏気分になろうかというものです。

学校の休みの真っ盛り

こちらアメリカ中西部の各学校は、6月の初めから8月の中旬までが夏休みです。8月になると町中で“Back to school”の広告が並び学用品販売がかまびすしくなりますし、生徒学生もそれぞれ新学期の準備に入ります。

ご存知のようにアメリカは8月末の学期から新学年。上位の学校への新入学のみならずともいろいろ準備に気ぜわしくなります。学生生徒も7月末位からはゆっくり夏休みを堪能する気分ではないでしょう。

それに反し、この7月初め位までの時期がゆっくり休めてエンジョイできる時期です。まさに夏本番をエンジョイの気分でしょうか。


夏の風物詩、野球のオールスターゲームがアメリカでは今日(7月9日)から、日本のほうが7月20日からになっているようです。この時期設定の差がこの夏気分の差を表しているような感じがします。

と、やや強引に(?)結論付けたところで再度、暑中お見舞い申し上げます。皆様お体に気をつけてお過し下さい。

PS
今このエントリーを書いている最中、お隣さんが花火を打ち上げ始めました。又、外では蛍が舞っています(こちらの蛍は乾燥した芝生に生息しています)。もうすっかり夏です。








スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
涼しい夏です、今年は
オールスターはご存知のように
今年はサンフランシスコですね。
テレビのニュースでもこの話題
が毎日取り上げられています。

今年はいわゆる夏日がすくなく
昨日は短時間でしたが、ぱらぱ
らと霧雨の大きいのが。

今日は75度の予定です。そちら
は、暑そうですね。ご自愛を。
2007/07/12(木) 01:10:34 | URL | calperch #-[ 編集]
Calperchさん
こちらは連日の90度F台から80度F台になって、一息ついています。

休みで一週間帰っていた息子も、又自分のアパートに引き上げて寂寥感もあり、蒸気のエントリーになったしだいです。

会社のほうもバケーションから続々復帰して来ている従業員が多く、これまた夏の終わりをなんとなく感じさせてくれます。

2007/07/12(木) 13:59:26 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック