アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
”諸行無常”の世界の日本の建物------1960年代の日本の建物
アメリカは日本から比べると、建国200年余の非常に若い国です。日本は建国の定義がはっきりしませんが、2,000年あまりの歴史を持っています。若い国アメリカ。しかし、その自然条件からか、人工の建物は結構古い歴史が刻まれています。

我々の周りを見ても、100年余の歴史の、建物や橋等の建造物は結構残っており、実際に使われています。

それに引き換え、我が日本では地震や高い湿度、激しい風雨等で一般建造物の寿命は短くなっています。写真の絵の建物は、当方の母校小学校の古い世代の建物です。

IMG_6509_1_1.jpg
(1960年代の日本の建物)

”諸行無常”の世界の建物

これは、明治42年に上井田尋常高等小学校(大分県)として落成。当方が、小学校低学年の時に学んだ学び舎です。昭和37年大恩寺小学校(大分県)時に、新校舎に取って代わられるまで使用されたという、由緒ある建物です(この絵の元写真は、1960年代に撮られたものだと思います)。

しかしこれにしても、記録を見ると53年間使用後、老朽化から鉄筋コンクリートの校舎に立て替えられました。今現存すれば、ちょうど100年位の歴史を刻んでいたであろう建物。しかし、大事に使っていたにしても、現在までもったかどうかははなはだ疑問です。

この跡を継いだ、鉄筋コンクリートの校舎も過疎化の影響で数年前に閉校となりました。



100年前の日本とアメリカの、国力の違いによるインフラ整備力の違いの差は大きかったのでしょう。しかしそれにしても、アメリカの100年続く建造物が多い事を考えると、彼我の違い、特に日本の”諸行無常”ぶりがわかります。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
いちろうさん、こんにちは。サンディエゴ
在住のMasaです。

ブログへのご訪問、コメントありがと
うございます。

確かに、そう言われてみると、日本に
比べて、アメリカって若い国なんで
すね。気が付きませんでした。

そんな若輩者が世界一の大国に
なっているんですからね。何だか...。

この冬、日本に帰ったら、日本の
良さをもう一度見つけてみようと
思います。

またお邪魔します!
2007/11/28(水) 17:03:02 | URL | アメリカ企業で10倍うまく立ち回る方法 #-[ 編集]
Masaさん
アメリカは新しい国ですが、”日常可視範囲(身の回り)”は結構古いですよね。

当方の住んでいる町(Charlestown,IN.)の町の創立が1,800年代の初めだそうです。それからコミュニティーが成立して連綿と受け継がれてきています。

日本でいうと、明治維新より数十年前、江戸時代藩政の頃です。日本はそれから幾変遷あった事でしょう。

それがずっと続いている事は驚きですね。こちらは町並みも歴史がありますよね。

それとの対比でみると、国の歴史の新しさはもう一つの驚きですね。
2007/11/29(木) 13:56:38 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
懐かしいですね
この絵をみていたら、根雪のうえに二階の窓から飛び降りて遊んだ、高校時代のことを思い出しました。(とんでもない遊びですね)

その校舎もいまでは鉄筋コンクリート4階建てですから、確かに景色の変化は日本のほうが激しいように感じます。

兎追いし、かの山なんというのは夢のまた夢となってしまったのでしょうか。原風景に出会えない生活というのもさびしいものですね。

建物以外にも、古い車をシャーシから作り直して乗り回すというような人も沢山いますね。
2007/12/01(土) 09:08:47 | URL | Calperch #-[ 編集]
いちろうさん、久しぶりです。
日本の昔の建造物は、木造だったので、寿命が短かったのでしょうね。(法隆寺は別ですが)
それに対して、ヨーロッパではレンガや石で作りますから、数百年前の建物が手を加えられながら、今でも使われています。
植民地時代に得た富を、町造りに投資して、今でもそれがインフラになっています。それに比べて、わが日本は稼いだ外貨が、金利の高い海外へ流出しています。
残念です。
2007/12/02(日) 20:04:09 | URL | 英さん #-[ 編集]
Calperchさん
当方の出身地はずいぶんな田舎ですが、”箱物”公共事業で山野もずいぶん景色が変わりました。昔よく遊んだ丘陵地も今では一面削り取られて、様変わりです。

原風景はなくなりましたねぇ。

大体が町の名前からして、(当方の生存期間?の時間軸をとってみても)戦後の町村合併ブームで一回、近年の町村合併で一回、それぞれ変更しています。

上のコメントにも書きましたが、当方の町(Charlestown,IN.)は1800年代の初めから設立され、連綿と続いているようです。

国民性として、歴史の時間時軸というものが大分違うようですね。
2007/12/02(日) 23:28:32 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
英さん
先日近くの街(ルイビル)に行ったら、家のリフォーム工事をしていました。よく見たら、足場を組み二階だけを改築(取り付け?)工事をしていました。アメリカの家は基礎がしっかりしている(若しくは、自然災害の影響が少ない?)のだなあ、と感嘆したしだいです。

ダウンタウンのビル辺りを見ると、もっと彼我の違いがわかりますね。100年位前のビルでも、日本感覚からすると高層ビルで上方に向かってそそり立っていますよね。

日本では東京あたりで立派な建物があったようですが、関東大震災や戦災で崩壊したそうです。アメリカはそういう面の不利さが無いとはいえ、こちらでは地方の中都市で、すでにそういう社会資本が整備されていた事は驚きですね。

2007/12/02(日) 23:44:24 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック