アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「どげんかせにゃいかん、この英語表現」------アメリカのルイビル地方の多様な英語表現
「どげんかせにゃいかん、宮崎」というのは、時の人宮崎県の東国原知事が言って有名になり、流行語大賞にまでなったフレーズです。「宮崎をなんとかしなければいけない」と言う九州東部の方言です。同じ九州東部の、大分県出身の当方にはなじみの言葉ですが、他の地方の人達にとっては、一番最初に聞いた時には怪訝な感じになったのではないでしょうか?

グローバル言語の英語。世界各国の言語を起源にした単語もあり、その多様さはアメリカ人も怪訝な感じのものがあるようです。いわんや我々日本人にとっては「どげんかせにゃいかん、この英語表現」と嘆きたくなる物ばかりです。
ルイビル、ルイズビル、ラウビル、ロウビル.....

まず、我々の地元の中核都市のLouisvilleの呼び方です。これはフランス語を起源にする為か、様々な呼び方があります。地元のラジオのアナウンサー達がラジオの番組で言っていましたので、俗語として存在するのではなく、公式に(?)いくつかの呼び方が存在するようです。

よく使われる順に挙げますと(L音はカタカナでは表示無理を承知で挙げます)、

ラウビル---------地元の人たちには、意外やこのラウビルが最も多く使われるようです。この発音の時に、「喉の所で低くこもる様に発音するのがルイビル人の正しい発音の仕方だ」と真面目に諭してくれた人がいました。

ロウビル--------ラウビルの変形。

ルイビル--------我々地元日本人はこのルイビルの言い方に馴染んでいますが、以外や地元アメリカ人ではあまり使われていないようです(当方の聞き取りでは)。

ルイズビル-----日本の英語のガイドブックで見た事があり、日本人にとっては馴染みの発音ですが、地元アメリカ人がルイズビルと発音するのは殆ど聞きません。

ラウズビル-----これはやや揶揄する言い方でしょうか。そんな状況のときに使われるのを聞きました。Rowdy(粗暴な)とも引っ掛けているのでしょうか。

ルーザービル----これはLoservilleでLoser(敗者)に引っ掛けた物です。ラジオでUK(University of Kentucky)のファンがU of L(University of Louisville)を揶揄する時に使っています。これは、よっぽど親しい人以外には使用しないで下さい。

バージタウン(Bardstown), インジアナ(Indiana)

これもラジオで話題に上がっていましたので、かなり広く発音されているようです。バーズタウンをバージタウン、インディアナをインヂアナと思いっきり訛りましょう。ディープルイビルの雰囲気が漂ってきます。

ラウト(Route :ルート)

このRouteをラウトというのは、アメリカ南部の方に行くと顕著に発音されるようです。当方の経験ではインディアナ中南部位から発音されているようです。その昔あったテレビ映画‘Route 66’も‘ラウト66’だったのですね、ルイビル地方では。

Okey Do-key(OK), Buddy(Friend / Brother)

これは発音ではありませんが、用例として慣れるまで不明だった物です。電話の会話や普通の会話のおしまいの時に、“Okey Do-key(OK)”とつけています。「オッキ、ドッキー」と軽いノリで言えば、世の中明るくなるというものです。これが使われるのも、インディアナ中南部以南でしょうか。

Buddy(バディ)もインディアナ中南部以南で使われているようです。挨拶の時に“Hey, Buddy!”と呼びかけます。「スローモーに”Buddy”と言うとケンタッキーの田舎丸出しの雰囲気だ」とインディアナ中部のあるアメリカ人が言っていました。当方には、どっちもどっちと思えるのですが。



さて、本コラムを読んでいただいて、何とか対応できるようになったでしょうか?えっ、「どげんこげんならん(同じく九州東部の方言=どうにもならない)」ですって?日本語でもいろいろあるので、英語もいろいろあるとのんびり行きましょう。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
ルイ王朝のルイですか?
こんにちは、いちろうさん

不勉強なもので、突拍子もない質問ですが、このLouisはフランスの王朝とおなじルイですが、この町の命名はルイ王の町と言う意味だったのでしょうか? Villは村落、ムラ、町というValeと同じような接尾語であったように思います。

フランス語的な発音になじみがなければ、ルイス、ルイズまた、ロウイスという発音をする人もいるでしょうね。

Buddyについては、小学校などで遠足に行く時にBuddy Systemといって、二人一組にして迷子の予防をすることもありますね。私も最近は Fishing Buddyが沢山できました。 日本語では相棒でしょうかね。

我が家ではオッキー、ドッキー、ガンモドキーとやっています。(笑)語呂がいいと思いません?

2008/03/27(木) 12:19:36 | URL | Calperch #-[ 編集]
Calperchさん
「Louisvilleという名は?」と問われて、ハタと困り、下記に改めて調べてみました。フランス語源らしいのは知っていましたが...

”Louisvilleは1778年にGeorge Roger Clarkという人によって設立されました。市の名前は、フランスのKing LouisXVIに由来しています。当時アメリカの独立戦争の時(1775年~1783年)で、イギリスに対抗して、アメリカを支援していたフランスに親近感を抱いていた為に付けられました。”

BuddyもOkey-Do-keyも結構全国レベルで使われいるのですね。こちらの南部の方だけの言葉だと思いましたが...

オッキー、ドッキー、ガンモドキーとはうまく言ったものですね。オッキードッキーと言う時には大抵明るく言いますから、こんなしゃれもハマリますね。
2008/03/27(木) 13:21:25 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック