アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
"Are you serious(シリアス=発音はシアリアス)?"を「まじっすか?」と訳すそこの若者、君はいいとこ行ってるぞ!
晩年のいかりや長介は、それまでのお笑いのキャラクターを捨てシリアスな刑事、検事ものの役に挑戦。見事成功を収めたそうです。

さて、このシリアスという言葉。和製英語で広く使われています。しかし、こちらアメリカでは少し違うニュアンスの使われ方をします。草の根評論家、危機一髪の第三弾です。

シリアスは広辞苑によると、”(Serious)厳粛なさま、まじめなさま”と有ります。上記のドラマ等の分類、「シリアスな人」等の人の性格の分類等に使われるようです。

英語の発音は”Serious(シアリアス)”と聞こえます。ところが英語の良く使われる意味は少し違います。これで草の根評論家、危うく大きな問題になりかけました。

とある日。会社の会議室。今日はKellyにとって少し厳しい話です。いちろうからKellyに今年のサラリーの通知で、査定により今年は据え置きです。

いちろうーーー「(諄々と説明)と云う事で、今年はあなたのサラリーは据え置きです。又頑張ってくれ」

Kelly----------"Uuuum! Are you serious about this?"

いちろうーーー「(俺は厳粛かだって?そりゃー武骨者で”むすっと”しているし。厳粛といえば厳粛なのかなあ。)Yes.」

結果的に「Yes.」でよかったのですが、英語では”Serious"は「本当、本気」と云う時に良く使われます。Kellyも聞きたかったのは

Kelly----------”(サラリーの据え置きはまれだが)この話は本当ですか?”と聞きたかったわけです。

いちろうの会社で、あるお客さんから仕事のオファーが有りました。中身を見てみるとなかなか条件の良い話。こんな話は今迄有りませんでした。そこで緊急幹部会議。米人幹部も話がうま過ぎてやや懐疑的です。

Chad--------"Ichiro. Do you think they are serious about this?(いちろう、この話はお客さん本気だろうかね?”

いちろうーー「とりあえず、我々のベスト価格を提出するしかないでしょう」

このときはいちろう、大分この用例に慣れてきました。これはお客さんは「厳粛」でも何でも有りません。

英和辞書を引くと、

Serious---1a.(表情、態度などの)まじめな;ほんきの、真剣な、冗談でない。1b.(+About+代名)(人が)(...について)真剣で。

とあります。本例はぴったりする訳が英語辞書の上位にあり、これを覚えておけばそう問題はなかったようです。しかし何せ「シリアス」と云う言葉が日本でも一般的なため、勘違いが起きました。

今度聞かれたら次のように答えよっと。

Kelly----------"Uuuum! Are you serious about this?"

いちろうーー「まじっすよ」

現代若者日本語評論家でもある、いちろうからのお知らせでした。









スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック