アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ヒヤリング後日考-------聞き直しの勧め
英語ネイティブでもない日本人が、いろんな国のアクセントや発音の混じる現在の英語を、瞬時に聞き分けられるようになるのは至難の業です。ましてや社会人になっても、英語学習を継続させなければならない多くの日本人にとってこれの追求は、今の仕事を放り出してやるか、家庭を顧みずやるかしかないでしょう。

実は英語圏の人達でも、この瞬時に聞き取るという事はなかなか出来ない様です。アメリカにはいろんな国から来た人達がいて、母国訛りの英語を操っている事は前回お話しました。

加えてこちらでは、同じアメリカの中、否、同じ地域でもさまざまな言い回しや発音の変化があり、その会話でお互いに瞬時には聞き取れていないようです。

その時には、人々はどうしているか?当然のことながら、人々はさまざまに聞き返したり、確認しなおしたりしています。
聞き直し英語事例集

日本で習ったモデル英会話とは違い、実際の会話では突然話しかけられたり、雑踏での騒音で聞き取れなかったり、と言う事が多々あります。その時に聞き返すフレーズが以下のものです。「何でしょうか?」というような意味でしょうか。
“I am sorry.”
“Pardon?”
“Excuse me?”
“Please say again.”

およそ、普通の生活では謝罪の言葉の聞かれないアメリカですが、この聞き返しのときに“I am sorry.”が出てくるのが、なんともいえません。しかも良く使います。

もっと、フランクになると、
“Huh?”

です。総体にフランクなアメリカですが、これは親しい間柄にとどめておいた方が良いかもしれません。

言っている英語が殆ど解りそうに無い場合、やさしい表現で言ってもらいたい時には、
“Please say with other words.”


「あなたの言ってることが、聞こえませんでした、聞き取れませんでした」という時には、以下のフレーズが便利です。
“I could not catch what you said”
“I could not hear you.”


「あなたの言ってる意味が聞き取れませんでした(言ってる事は聞き取れたが)」という時には、
“I could not catch what you mean”

ここらで、日本の学校英語でよく出てくる”Understand”を使いたくなるところですが、これには注意が必要です。
“I could not understand what you said.”

これは「あなたの言ってる事は聞き取れたし、言っている意味も解った。しかし、その内容については私は理解できなかった」という意味も含まれ、言っている事に対する不同意を表す事もあります(これはファジーゾーンで、「単純に聞き取れなかった」の意味になるケースもあります)。

これは、こちらでも日本人出張者とアメリカ人の会話で、日本人は単純に英語がわからなかったと言う意味で“I could not understand what you said.”と使いましたが、アメリカ人は”理解できなければ、さらにこの言い回しはどうだ”という事で、会話がだんだんシリアスになっていったケースがありました。


「言っている事は解ったが、もう一回確認したい」時には、
“Do you mean .......?”
“Is that what you said ......?”

言ってることはわかって会話に彩を持たせたい時には、
“Is that right?”
“Sure?”
“Really?”

日本語で「えー?ホントー?」でしょうか。


最後に、和製英語化しているために少し意味を取り違えた、聞き直しの例です。上記に出てきた、シリアス。日本ではもっぱら「硬い、容易ならない、重々しい」と言う意味で使われます。テレビや映画のシリアスなドラマ、というようにです。

こちらでは

“Are you serious?”

と、日常生活や会社生活でも良く出てきます。

当方の会社の顧客であるA社。大量の仕事の引き合いを出してきました。いままで、そんなうまいビジネスはあったためしはありません。そこで、

“Is that company serious this time?(今回A社は本気かい?)”

という意味合いで使います。決して、「硬い、容易ならない、重々しい」と言う意味合い、即ちシリアスという意味合いではありません(両者の意味の源流はつながっているのでしょうが)。これは、最近の若者言葉風にいうと、「まじっすか?」がぴったり来るでしょうか。


忙しい日本の社会人の皆さん。まずこれらを先に覚えたらどうでしょうか?そうすれば、仕事も放り出し、家庭も顧みずなんてことはなく、英会話ヒヤリングの達人になると思いますが...





スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック