アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
文法や発音は出てこない、アメリカ人の英語コミュニケーションのアドバイス------ケンタッキー日米協会の”Heipful tips”
こちら、ケンタッキーには”日米協会”があります。これは各州にあるようで、いろんな催し行事を行い、日本とアメリカの関係市民の友好親善を図る機関です。

その中に、日本とアメリカを交互に訪問するホームステイ行事があります。今年はこちらケンタッキーがが受け入れる順番です。100名を超える日本からの人達がこちらに短期間のホームステイをして、いろんな行事に参加します。

ケンタッキー日米協会が、そのホームステイの募集と、日本人とのコミュニケーションの仕方をまとめた”Helpful chips”というのを発行しています。

この、コミュニケーションの仕方は、アメリカ人向け案内ですが、これを深読みすると我々日本人の英語学習者へのヒント、”Helpful tips”となるようです。
Helpful Tips

Communications:

Most guests speak some English, some speak very well. Almost all will bring an electronic translator or a dictionary for occasional help.

Be ready to repeat words using alternatives, speak slower (but not louder) then you normally would, use short, simple sentences, and avoid slang and idioms.

You can communicate by gestures, written words and spoken language. Their reading and writing skill is better than speaking and listening. Sign language and a friendly face do the rest.


読み書き能力と英会話力

テキ(って誰だ)も我々の英語力は、先刻ご承知です。「読み書き能力はあるが、会話力は不足している」と規定しています。

これはまさに我々日本人の英語能力の特徴です。良く見抜いているものです。唯、この読み書き能力だけでは、コミュニケーションはうまくいかないので、こうした”Helpful chips”が出てくるのでしょう。

こうした中で、我々がバランスの良いコミュニケーション力をつけるには(読み書きも一つのコミュニケーションですが)、英会話力をつけなければならないのは、自明の理です。

英会話での文法、発音と言い回し

会話を行うには、「単語を繰り返し言い、分らなければ言い換えなさい。また、短い簡単な文章にして話しなさい」とあります。ここには日本での英語学習者がトラウマになっている、”文法”や”発音”は一切出てきません。

これは我々日本人が、文法では”用言および助動詞の活用は、未然。連用、終止、連体、仮定、命令形の6活用があって...”や、発音については、”コーヒーをコーシー、人をシトとならないように舌の位置を間違えずに.....”等、意識しないのと同じでしょう。

これは、アメリカ人向けに発した、初級英語会話力を持った日本人とうまくコミュニケーションをするポイントです。この伝で行き、これを深読みすると、そっくり現在の日本の、英会話の初心者へのアドバイスになります。即ち、

「英会話を行うには、文法や発音は気にせず、 単語を繰り返し言い、解らなければ言い換えなさい。また、短い簡単な文章にして話しなさい」

となりましょうか。

この中で見過ごされがちなポイントが、「短い簡単な文章にして、分からなければ言い換えなさい」というところです。

こちらの人の会話を聞いていると、

1.まず結論を言う(短く、簡潔に)。
2.それを、関係代名詞で補完する(ここで、トータルとしてかなりの言葉数になる。しかし文章のユニットとしては、短い)。
3.分からなければ(アメリカ人の気性として、分かっていても?)かなりの言い換えをする。

という事があります。この世界に、結論が後に来る日本語を英語対訳で表現しようとすると、かみ合わなくなります(まず、当の日本人が途中で立ち往生する)。これは、多くの日本の英会話学習者が陥る所ではないでしょうか。



現在日本ではさまざまな英語学習法があります。しかし上記の、①英会話力の追求、②文法、発音へのこだわりに距離を置き、言い回しの方法習得、のポイントをはずしたアドバイスは、”Helpless tips”となってしまうのではないでしょうか?






スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック