アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
日米文化に通じたバイリンガルによる、英語、文化学習のアドバイス----寄稿コラム "Living in a foreign country."
日本に10年近く滞在した事があり日本語も堪能な、パトリシア プリングルさん。現在はこちらルイビルで、日本とアメリカの架け橋のような仕事をやられています。

そのパトリシアさんに、当方の所属するグループのミニコミ誌に、標題のコラムを書いていただきました。パトリシアさんの、日本での日本語学習や文化の違いとの格闘の経験を基に、アメリカで文化の違いや英語で苦労している人たちへのアドバイス集です。

本ブログ読者にも、有用な内容が含まれていますので、パトリシアさんの許しを得て、ここでも公開させていただきます。その要諦は、

1. 英語を学ぶということは、文化を学ぶということ。
2. 日本で学習した英語と、アメリカの英語は違う物(トライ アンド エラーの勧め)。
3. 個人教師の勧め。
4. 趣味の会加入の勧め。

と、いうものです。上段に本コラムの日本語版(当方意訳)、後段にオリジナル英語版があります。

英語を学ぶということは、文化を学ぶということ

外国で暮らすという事 / Living in a foreign country.

Patricia Pringle, Ph.D.
ATA Certified Japanese to English Translator
Japan-America Communications, LLC
Louisville, KY
意訳 いちろう

『外国で暮らし、その国の人達とうまくやっていくという事は非常にチャレンジングな事です。私は皆さんが当地ルイビルで生活し、英語を学びながら職場やコミュニティのアメリカ人の人達とうまくやっていっているのを見て感銘を受けています。この投稿は、皆さん方の英語を学ぶときに役立ついくつかのヒントを集めたものです。これは、私の日本時代の、日本や日本語を学んだ時にも役立った事柄です。

私は今、日本語を話せます。しかし、学生時代に日本語を習い始めた時にはなかなか話せず、一生懸命勉強をしたものでした。私は日本に10年ほど滞在しており、その間にかなり話せるようになりました。しかし、今アメリカに帰ってきて、日本語を維持するのに力を注いでいます。

私が最初日本に行ったときには、日本の事を知らずに大変でした。日本の人々は皆親切でしたが、何を言っているのか理解できませんでした。私は、大阪の河内長野の大学の寮にいましたが、そこの人たちの話す言葉は、習った日本語とは違う物でした。その寮に入った時、隣の部屋の女子学生が来て、みかんをくれました。

「これ、つまらない物ですが、どうぞ」

「なぜ、つまらない物をくれるのだろう?」と思いました。幸いに、私は「ありがとう」という言葉を知っていたので事なきを得ました。しかし、そのみかんは食べてみるとすごくおいしい物でした。私は、最初はその女子学生は変な子だなとおもいましたが、すぐに親友になりました。後で知りましたが、日本では謙譲の美徳があるとか。アメリカでは他人に物をあげる時には、

「お近づきになれて嬉しいです。大変おいしいみかんを持ってきました。これ、非常に良いみかんですよ」

と言って渡します。

言葉を学ぶという事は、言葉だけではなくその裏に潜む文化を学ぶと言う事です。

以下は、英語を学ぶ時、アメリカの人達とうまくやる時にお役に立つ、いくつかのアドバイスです。』

日本で学習した英語と、アメリカの英語は違う物(トライ アンド エラーの勧め)

『ご存知のように、皆さんが日本で学習した英語と、こちらで使われている英語は少し違う物です。日本では、英語は試験のためか、間違いが許されません。こちらでは、英語はコミュニケーションに使われ、完璧さは求められません。コミュニケーションの為の英語ですから、話す事から練習する必要があります。それはいつも間違いが付きまといます。これはアイススケートを練習するのに似ています。オリンピック選手になるのにも、最初の頃は転んでしまうのと同じ事です。

皆さんの多くは、勤務のためにこのルイビルにいます。毎日職場で英語を使っている事でしょう。なのに、何故英語を“学習”するのでしょうか?職場で使う英語と、“学習”の英語は違うはずです。職場では、英語を練習する間もなく使いこなさなくてはならず、間違いだらけです。』

個人教師の勧め

『私は、皆さんが英語の個人教師を見つける事をお勧めします。それも、気さくな学生や経験を積んだお年を召した人たちがよいでしょう。それは、皆さんが英語の練習をするのに、緊張しなくてすむからです。皆さんが、何かのスピーチや会合に出て話す必要があるときに、この人たちは気さくに教えてくれるはずです(ところで、多くの普通のアメリカ人は、正式なスピーチや、フォーマルなパーティは嫌いである、という事をご存知でしたでしょうか)。』

趣味の会加入の勧め

『次には、こちらで仕事以外の、テニスやヨガなどの趣味の会に参加するのも、良い英語の練習になるでしょう。私の日本時代には、日本人の親友とハイキングクラブに参加しました。週末にはよく郊外をハイキングし、楽しむと同時に、日本語の練習もしました。

もし、あなたの英語が完璧でなくてもかまいません。アメリカの人は問題にしません。アメリカは人々が各国から集まった多文化の国です。各人が、それぞれの出自の英語を使っており、皆トライ アンド エラーで上達していきます。

さらには、この機会に皆さんは日本にいる時には経験できない、乗馬やセーリング等にチャレンジするのもよいですね。YMCAに集う人々の中には乗馬やセーリングをやっている人達もいます(YMCAとしては、そういうコースはありませんが)。

アメリカで生活し英語を使っていくのは大変ですが、一方で新しい出会いがあったり新しい趣味等に挑戦できるのは非常にすばらしい事ですね。』

いちろう まとめ

パトリシアさんとは、ある会合で一緒に話をさせていただいた事もあります。その時にも、「英語学習時には間違いを恐れるな」と言う事を力説されていました。日本語をマスターした、英語ネイティブのアドバイスですので、説得力があります。


English version


Living in a foreign country.
By Patricia Pringle
==
Living in a foreign country and learning to get along with people in a different culture can be very challenging. I am very impressed at how Japanese people living in Louisville make an effort to learn English and have good relationships with Americans, both at work and in their neighborhoods. Here are some suggestions for learning English that helped me learn Japanese when I lived in Japan.

I am now fluent in Japanese, but I started studying Japanese when I was a university student, and I was not very good at learning foreign languages, so I had to study hard. I lived in Japan for almost 10 years, and learned to speak pretty well, but now that I am back in the United States, I have to work to keep from forgetting Japanese.

When I first lived in Japan, I had a hard time because I knew very little Japanese. People were very kind, but I could not understand what they were saying. I lived in a dormitory in Kawachi Nagano, Osaka Prefecture, and they spoke very different Japanese than I had learned in school.

Soon after I moved in, the girl in the room next door came to my room and gave me some oranges. “They are not very delicious, and besides they were cheap, so I am giving them to you.” I thought, “If they are not very good, why is she giving them to me?” Fortunately, I only knew how to say “Thank you,” so that is what I said. The oranges were the best I had ever eaten.

I thought my neighbor was odd, but she turned out to be a good friend. I later learned that Japanese people will downplay the gift they are giving. In the US, when we give a gift, we would say, “I am happy that you are my neighbor, so I bought these wonderful oranges for you. They are really good. ” Learning language is more than learning the words. It is also learning the culture.

Here are some suggestions about how to learn English and enjoy being with Americans.

As you know, the English that is taught in Japan is not the same as the way English is spoken by Americans. In Japan, you have to be perfect in English to pass important examinations. When you live in the US, you have to use English to communicate, and, unfortunately, you can’t always be perfect. The only way to learn to speak is to begin speaking. There will always be mistakes. It is just like when you learn to ice skate. There is no way to do Olympic-style figures without first falling down many times.

Many of you are in Louisville because of your work. You use English every day, so why study English? It’s because using English for work is not the same as studying English. In your work, there is little room to practice and make mistakes.

I recommend finding a tutor, someone who speaks English, like a university student or a senior citizen, to practice English. Why? Because it gives you the opportunity to practice what you want to say, in an unpressured environment. For example, there are occasions when you absolutely have to say something in English, such as making a speech, or going to networking events. Your tutor can help you practice what to say, and give constructive feedback. (Did you know that many Americans have difficulty making speeches, and don’t like cocktail parties?)

Another way to practice English outside of work is to join a club with Americans who also enjoy your hobby. Examples are tennis or yoga. When I was a student in Japan, I met my best friends in a hiking club. I got to travel to the countryside on the weekends, do something I enjoyed, and speak Japanese.

If your English isn’t perfect, it’s all right. Americans really don’t have a problem with it. This is a multicultural country with people from many countries living together. We are used to people coming here and using their English and improving it by trial and error.

Or you could use this opportunity to try a new hobby, maybe something that is difficult to do in Japan, such as sailing or horseback riding. The YMCA has some interest groups that meet a few times each month.

It can be challenging to live and work in the US, and struggle with English. But it can also be an opportunity to meet new people and try new hobbies.

==
Patricia Pringle, Ph.D.
ATA Certified Japanese to English Translator
Japan-America Communications, LLC
Louisville, KY

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
<It is just like when you learn to ice skate. There is no way to do Olympic-style figures without first falling down many times.>

英語を話すことはよく「自転車に乗ること」に例えられますが、パトリシアさんの↑もいい説明ですね。
2008/10/16(木) 18:48:14 | URL | Miyuki S/Ohio1982oh #-[ 編集]
Ohioさん
コメントありがとうございます。

そうですね。これは何にたとえても成り立ちますね。水泳でも、サッカーでも、野球でも。

要は、犬かき、草サッカー、草野球の時代を経なければ、オリンピック選手も生まれなかったでしょう、という事ですよね。

英語でも間違いの時代が必要なんでは?という事ですよね。
2008/10/17(金) 12:21:10 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック