アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英語のモジュール、オヤジ編--------「検討させていただきます」を英語でどう言う?
「英会話は、単語や文法の知識だけではなく、会話の頭や間に適度に振るフレーズ、即ち英会話モジュールなるものの成否によりスムースさが決まってくる」というのは日向さんの秀逸なブログに書かれています。

英語の初級の頃に習った、

”Let me see.”
”Well.”
”Anyway.”、”Anyhow.”

あたりがそうでしょうか。こういう定型句を各人の頭の中の”引き出し”に仕入れて、状況に合わせて引っ張り出して使う、という事が必要です。

しかし、当方の様に年齢がいって英語を始めた者にとっては、どうしても日本的な(日本語の)フレーズが頭の”引き出しに”残っています。

「それはさー」
「そうだねぇ~」
「ところでさ~」

等です。この世界になると、英語の世界がすっ飛んでしまうというのが、悲しいオヤジ英語使いの実態。

しかしあきらめる事はありません、ご同輩よ。この日本的な常套句も立派に英語の世界であります。
「検討させていただきます」=”Let me think about it.”

社長----「山田部長。今度家電分野に打って出ようと思うのだがねぇ。どうだね」
山田部長--「はっ。今度検討させていただきます」

こんな場合は大抵実行しないんだそうで...。

”Yes.”、”No.”の世界英語圏でも、曖昧に会話を収束させておくというのは良くあります。こういう場合に便利(?)なのは、

”Let me think about it.”

この”Let”は使役助動詞の中でも、強制度の一番少ない助動詞なんだそうです。ですから、こういった返事をしても後日、

”Did you think about that?”

と、問われる確率は少ないようです。これが、

”I will think about it.”

とやると、確実に

”Did you think about that?”

と問われます。

「どっちゃでもいいよ」=”Either way is OK.”

会社での毎日の作業指示。基本的にアメリカはトップダウンの国ですから、指示する方が事細かく指示しなければなりません。

”OK. You should do this one, first. Secondary , you do that one.”

そんな中でも、毎日の事になってくると相手も日本的マネジメントをわかってくれます。

”Ichiro, which do you want me to do, first?”
”Either way is OK.”
”I gotcha.”

嫌になるほど事細かい説明をしなければならない英語社会の中にあって、これは一服の清浄剤(?)となります。

類語としては、

”Whichever you want.”
”It doesn't matter.”

「わっかる、わっかる」=”I know what you are saying.”

話の間に合いの手を入れたいのは、洋の東西同じです。日本人が英語圏に来ると、うなずきで同意を表すのが多くなります。そこは音韻言語(別名うるさい言語)の英語。それにマッチしたのが表題の、

”I know what you are saying.”

です。もっと感じを出すと、”アイノーフォッチューセン、 アイノーフォッチューセン.”とすばやく言う事です。

この「わっかる」で、

”I understand。”

を使うと、「理解した」になり、話は別の方に飛んで行きますので注意。”I know what you are saying.”は、「取りあえずあなたの言っている事は受け取った」くらいの意味でしょうか。

「それに、だ!」=”Besides,...”

どこにもくどい人はいるもので、日本のオヤジも年を重ねると言うこともくどくなります。しかし、安心してください、日本のオヤジよ!おしゃべり言語の英語では、これくらいで普通です。

表題の”Besides,.....”も、くどい言語の英語では良く使います。

”I would like to propose this plan to all of you. This helps for our future sales development activities. Besides, this is good for our future structure.”

”In addition...”も類語ですが、当方は響きがいいのかこの”Besides..”を良く使っています。




冒頭の、”Let me see.”、”Well.”、”Anyway.”、”Anyhow.”も英語から覚えるよりも、「それはさー」、「そうだねぇ~」、「ところでさ~」(意味が対応しているのがミソ)から入っていったほうが、なんとなくオヤジには親近感がもてるのではないでしょうかねぇ。

(いつか続く)

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック