アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英語のモジュール、オヤジ編--------「問わず語り」のオヤジの世界と英語の世界
会話の頭や間に適度に振るフレーズ、即ち英会話モジュールは、会話のリズムやスムースさを出すために、これでもかこれでもかと入れていきます。

日本のオヤジのくどい会話、即ち「問わず語り」とどこか相通ずるものがあります。

この英語のモジュールのオヤジ編。今回も続きます。
「でもさ~」-----”Nonetheless, Nevertheless”

平明英語を勧める本ブログですが、このBig wordsの”Nonetheless, Nevertheless”は、会話英語でも時々耳にします。日本語は言わずもがなの世界で成り立っていますが、英語はこれらを駆使してくどく言います。日本のオヤジと同じ世界です。

「それでもよ~」、「どっちにしろさ~」-----”Regardless,....”

同類の、くどく言う時のフレーズです。

”Regardless you like or not, you should do that project.(好き嫌いはあるけど、それでもさ~、このプロジェクトやらなければならないだろ)”

「やるっきゃない」-----”Regardless it's hard or not, we have to implement it.”

上記の”Regardless,....”の応用版です。大分前の流行語になった「やるっきゃない」も、いろいろ英訳はあるでしょうが当方はこのフレーズで使っています。

「結局は、だ!」------The bottom line is, ....”
「かいつまんで言えばだ」----”In summary,..”


ちっとも結論は出なくて、かいつまんでないのが悲しいオヤジの会話です。くどい英語も同じなのか、これらのフレーズは良く耳にします。

「遅かれ早かれ」-----”Sooner or later,....”

”Sooner or later, we have to downsize the company's structure.”というアナウンスが会社から出たら、身の回りの整理を始めてください(汗)。良く使われるフレーズです。

「片や」------”Meantime, Meanwhile。”

長いパラグラフの会話文をつなげるのに便利なフレーズです。特に、瞬時に文をつねげられる程の英語力の無いオヤジには最適です。

“I have been approaching A company for sales activities. Meantime, B company has provided an RFQ(Request for quote) to us.”

「それはそれとして」--------”Aside from ..”

手元のイディオムハンドブックをみると、”Aside from”は、「~を除いて」、「~を離れて」となっています。しかしオヤジ的なフレーズとしては「それはそれとして」と使いたくなります。

部長---------「社長!社長身辺経費を含めて、いまこそ経費削減に勤めなければなりません!」
社長---------「部長、それはそれとしてだ。例の家電業界に打って出る件はどうなったのかね」

「~を除いて」、「~を離れて」と使うのでは、このオヤジ社長の様には話をかわせませんぞ。

「万が一の時に」------”Just in case.”

英語の”Just in case.”も、良く使われるフレーズです。和製英語になっていましたっけ?

「だからさ~、言っただろ」--------”That's why I told you.”

”That's why .....”は良く使われるフレーズです。この後に、”.....I call.”や”....I said.”、”....I mentioned.”、何を入れてもOKです。「だから言ったじゃないの」という歌がありましたっけ(この歌がわかる人は相当オヤジですぞ)。

「らしいね」------”I'm told.”

実際の英会話の場では、”It is said...”や”People said...”はあまり聞かないものです(当方の生活圏では)。個の認識の強い英語圏の会話では、他人行儀の感じがするのでしょうか?こんな時に”I'm told....”と入れると、なんとなく感じが出ます。

「~なんだよね」-----”This is a reminder that....”

最近は、日本も若い世代の扱いが問題になっているとか。なかなかオヤジも気を使っているようです。はっきりした英語も、時には回りくどく言う事があります。

”This is a reminder that you are about to turn the report in to the customer.(もうすぐお客さんに報告書を提出するんだよね)’



このコラムも「問わず語り」でくどくなりましたので、今回はこの辺で....







スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
別件を検索途中に偶然こちらにたどり着きました。
わたしは英語が好きで長年勉強しているのですが、なかなか会話が上達しないので、ブログの内容はどれもとても興味深いです! やはり文法や英文の向こうにあるアメリカ人側の立ち位置・心理を知るのは大切だなと思いました。また、いちろうさんが日本人なので、日本人だからこそわかる英語学習者の弱点やその対処法、心の持って行き方などが、実体験を交えて書いてあるので、とても参考になり、自分の英語への考えがかなり変わったような気がします。まだ途中までしか読んでないので、さらに過去ログをさかのぼろうと思います。素敵なブログを発見できて良かったです。またコメントなど書かせていただきます。よろしくお願いいたします。
2008/11/19(水) 18:55:08 | URL | magnolia #9nvobqiA[ 編集]
Magnoliaさん
コメントありがとうございます。

プロファイルにあるように、当方は35歳までは、英語に無縁の生活を送っていました。それから必要に駆られて、英語を習得していったわけです。

そういうことで、英語を使えない人の気持ちも、十分わかります。そういう観点で本ブログを書いていますので、多少なりともお役に立てるかと思います。又、お役に立てたらうれしいです。

又、コメントをいただけるとありがたいです。
2008/11/20(木) 13:18:36 | URL | いちろう #AtOU8eDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック