アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ケンタッキーの”ミニ グランドキャニオン”を訪ねて---Natural Bridge State Resort Park訪問記
ケンタッキーの東部には、アパラチア山脈に連なる、丘陵地が広がっています。その一角に、自然の岩の造形を楽しめる一帯があるという事で、昨年末に出かけてきました。Powell Countyの中のNatural Bridge State Resort Parkです。

ここには風化により出来た橋状の岩や、規模は違いますがグランドキャニオンを思い起こさせる岩の絶壁、底部がえぐれてきのこ状になった岩等があり、トレイルコース(遊歩道)沿いに楽しめるようになっています。

078.jpg
(グランドキャニオンを彷彿させる断崖絶壁)


トレイル沿いの岩の造形

(Map)

View Larger Map
Powell Countyの中のNatural Bridge State Resort Park(Lexingtonから南西に52Milesの所: I-64をLexington東でMountain Parkway道路に乗り換え、それからState Road11号に出た所)


029.jpg
(岩の風化で出来た自然の橋、Natural Bridge----下部から)

038.jpg
039.jpg
(Natural Bridgeへの上り口----岩の切れ込みの間を通って行きます)

044.jpg
(グランドキャニオンを彷彿させる断崖絶壁)

066.jpg
(断崖上部からの眺望)

117.jpg
(底部がえぐれて出来たきのこ状の岩----今も侵食が進んでいます)

080.jpg
(トレイルも整備されています。自然の厳しさの洗礼もあり倒木がコースに!)


冬であまり人はいないかなと思いましたが、穏やかな天気の日でもあり、結構ハイカーに出会いました。

ここのResort Parkは、丘陵部トレイルめぐりで岩の造形を楽しむのもすばらしいですが、ふもとの湖でのフィッシング、サイクリング、ウォーキング、ゴルフのアウトドアースポーツ、ゴーカートやミニゴルフのレジャー施設も整備されており、春から秋にかけてのアウトドアーシーズンは最高の所だと思います。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック