アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
もう一つのアメリカ文化---Jug Band Festivalに参加して

皆さん、ジャグバンド(Jug Band)なるものをご存知でしょうか?Wikipediaの説明によると、


ジャグ・バンド (jug band) とは、20世紀の初めごろにアメリカ合衆国南部の地域で興った音楽バンドの形式、あるいはそのバンドの演奏する音楽。ジャグ・バンドの「ジャグ」とはウイスキーなどの飲み物を貯蔵するための瓶を意味する。ジャグは、口に息を吹き込むことによって、低音楽器として使用される。


バンドの編成はまちまちであるが、ジャグ (瓶)、ウォッシュボード (洗濯板)、ミュージカルソー (ノコギリ)、カズー(ストーブの煙突、櫛、ティッシュペーパーを使ったもの)、ウォッシュタブ・ベース (洗濯桶とモップから作ったベース)、スプーンなど、身の回りにあるものから作られた手製の楽器を多く使うのが特徴と言える。これらの楽器にハーモニカ、バンジョー、ギター、マンドリン、アコーディオンなどの楽器が加わる。音楽的には、トラディショナルなジャズ、ブルース、カントリーなどを基調としたものが一般的である。


A jug band is a band employing a jug player and a mix of traditional and home-made instruments. These home-made instruments are ordinary objects adapted to or modified for making of sound, like the washtub bass, washboard, spoons, stovepipe and comb & tissue paper (kazoo).

とあります。

このJug Band Festivalがルイビルであり(9-19-’09)、日本からもOld Southern Jug BlowersというBandが参加し、当方はその通訳ボランティアとして参加しました。

当方は、これを聞くのは初めてでしたが、なかなか歴史のある音楽性、秀逸な演奏に魅了されました。その様子をどうぞ。

005_20090927101357.jpg 
(Old Southern Jug BlowersのCDジャケットから。イラストの二人が手にしているビンが狭義のJugと呼ばれるものです)

006_20090927101409.jpg 
(同ジャケット。8人のメンバーの面々です)

046_20090927100049.jpg 

(コンサート会場のオープニングセレモニーでの演奏)

我がOld Southern Jug Blowersの特徴

カントリーミュージックの里アメリカ中西部、南部。多くのバンドは、ギター、ハーモニカ、バイオリン等で編成された、カントリー仕立てでした。それはそれで秀逸なバンドでしたが、我が日本からのOld Southern Jug Blowersは、マンドリン、ギター、バンジョー、コルネット、チェロ等Jug Band発足当時のデキシーやブルースの香りを残した由緒ある編成です。更にはそのレトロなコスチュームも当時の香りを残したもので、これも人気の的でした。

この歴史あるスタイルのため、今回の演奏会では大人気で、本演奏の前には、1930年代にこの演奏スタイルを確立したアール.マクドナルド氏を知っているという、90歳代の地元の名士のお宅に招かれ広大な屋敷で演奏もしました。

又最後の大トリのグループ演奏中に、サプライズ指名を受けJug奏者が飛び入り参加してジョイント演奏もしました。



061.jpg
(当日の案内。我がOld Southern Jug Blowersはメインを飾るバンドの一つとして取り上げられています)


(オープニングセレモニーの様子)
039_20090927095830.jpg

040.jpg

041_20090927095934.jpg

042_20090927095957.jpg

044_20090927100028.jpg

046_20090927100049.jpg
(オープニングセレモニーの様子)

048_20090927100113.jpg
(会場に設置された記念プレート)

054.jpg
(メイン会場の様子)


(地元名士の豪邸での演奏)
060_20090927100209.jpg

055.jpg

056_20090927100254.jpg

057_20090927100310.jpg

058_20090927100326.jpg
(地元名士の豪邸での演奏)


064.jpg
(演奏前のメンバーの面々)

067_20090927100421.jpg
(大トリ近くのOld Southern Jug Blowers)

069.jpg
(ファンとの交流)


070.jpg
(夜間の他グループの演奏)

074.jpg

076_20090927100613.jpg
(大トリの白眉のバンド。これにOld Southern Jug BlowersのJug奏者が飛び入り参加しています)


当方は今回このスタイルの音楽を聞くのは初めてでしたが、アメリカの音楽文化のもう一面を感じました。このOld Southern Jug Blowersの皆さんは、関西中部が拠点とのことです。もし機会があれば演奏会を覗いてみてください。



スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック