アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英語のSmall Talkに入っていけないとお悩みの諸兄へ---- Small Talkの日米文化比較論
食事の時やちょっとした時の雑談を、英語でSmall Talkと言うんだそうです。日本人には、英語でのSmall Talk、特に食事の時のSmall Talkが苦手だという人が多いようです。当方もそうです。英語の色々な変化した使い方や発音が、正式な会話の時とはなにやら違うようでさっぱり聞き取れませんでした。

当方の職場では、恒例のFriday Lunchがあります。事務所の皆で金曜日に昼食に出かけることです。最近、当方はここ何回かのFriday Lunchで気づいた事があります。日本人にとってこれが苦手なのは、どうやら英語の聞き取りの問題だけでは無いようだという事です。何か話題そのものが、我々日本人にはとっつきにくいものの様です。よく聞いて見ると、どうやらこちらアメリカ人の話題の中心は以下のような物です。

1.家族の事。
2.家や敷地の補修の事。
3.車の事。

経済の成行き、それに絡む自分の会社や業界の事、又政治や社会の動向それに世界情勢のいわゆる時事問題が好きな我々日本人とは、はなから話が合わないわけです。


Small Talkの話題

「言語を学ぶ事は文化を学ぶ事だ」ということが言われています。言語を学ぶ時には、その法則だけに通じていれば良いというものではなく、その背景になる文化を知らなければならないというものです。

これと同じで円滑なコミュニケーションを取るには、その文化的な背景を知らなければならないようです。いくら英語の聞き取りや文法に注力しても、コミュニケーションの相手の関心事項が我々のものと違うと、話しに入っていけないようです。

ここ数回でのSmall Talkで当方が聞き取った、一般アメリカ人の関心事項は以下の様なものでした。

1.家族の事。

アメリカというかキリスト教圏の一般の人の価値観No1はやはり家族の事でしょう。これがSmall Talkではよく出てきます。奥さんがどうしたとか子供が何をしたとかです。財布に子供や家族の写真を入れて持って歩き、頼まれもしないのに見せてくれるのもその価値観の表れです。

家族の事は二の次にして、仕事やゴルフに没頭する日本のサラリーマン諸氏が、いくら耳をそばだてても関心事項が違うのでは、英語の聞き取りもおぼつきませんね。又、日本にも家族思いのサラリーマンはいるでしょうが、親友の前でならともかく、そんなに多数の人の前で家族の事を話すなんて思いもつかない事です。

又、英語圏(アメリカのみでしょうか?)では、話しの中で家族の事を早い段階からファーストネームで説明します。”My wife said….”の代わりに”Mary said ….”と突然名前が出てくるのも、日本文化を背負っている物にはなかなか入っていけません。

2.家や敷地の補修の事。

DIY(Do It Yourself)の世界アメリカでは、家や敷地の補修はすべからく自分で面倒を見なければなりません。これがこちらの人の格好のSmall Talkの題材となります。この時点で、都市化が進んだそういう面倒が少ない日本人では話がかみ合いません。

又、この関連で使われている用語や単語は、当然学校英語教育では出てくる頻度の少ないものが多くなっています。”Gravel”や”Ramp”はこの方面の話題によく出てくる単語ですが、皆さんお分かりでしょうか?(回答は巻末)

3.車の事。

車の話題もよく出てきます。「オッ!これなら車関連産業に勤めているので分かるぞ!」と当方は思いましたが、どうも話が分かりません。今話題のハイブリッド車の話題ではなさそうです。

そうです。アメリカは車文化の豊かな国。長い歴史もあります。一般の車もビッグスリー傘下に色々なブランド名(オールズモビル、コルベット、マーキュリー等)があります。それらがどう統合されてどの会社の傘下に入ったのか歴史的な経緯の分からない日本人では、話の整理がつきません。アメリカ人が車の話を始めると、必ずこの傘下ブランドの名前が出てきます。多くの日本人は必ずここでつまずきます。

又、クラシックカーの分野でも独自の産業があり(この分野の車をHot Rodというそうです。最近学習しました)、新型車並みに部品メーカーから完成車メーカーまであり、新製品を出しています。この分野もアメリカ人は得意に話しをしますが、日本人にはついていけない世界です。

4.時事問題は殆どなし。

日本人は経済の成行き、それに絡む自分の会社や業界の事、又政治や社会の動向それに世界情勢に関心がいきます。最近、日本の当方の知人ですでに会社を退職された方と久しぶりに会った時に、その方が日本の経済動向から政治、海外情勢それから最近の社会の動きをとうとうと説明解説してくれました。当方が日本を離れて暮らしているので丁寧に説明してくれたのでしょうか。又、当方も興味がありその解説に聞き入っていました。

アメリカ人はなかなかそうでは無いようです。まず自国自体が日本の数十倍広く、且つ価値観の違う人たちが多数集まっているアメリカ。個人の関心は海外どころか自国の中央政府や経済、社会の所には向かいません。世界不況の時も、イラクの戦況不利な時も、先日のテキサスの軍の銃乱射事件も話題には上りません。

この分野は、時事英語といって日本人の我々も多少は見聞きして話の一つも出来ると思うのですが、なにせ相手がさっぱり関心を示しません。これもSmall Talkに加われない所以の一つです。



日本の英語学習者には、食事中のこの英語のSmall Talkについていけない、と嘆いている方が多い事を最近知りました。当方はもうすでに達観して「分からずに当然」と粛々と食事をしています。特に、かって知ったる同僚の得意話しには「あまり大口を叩くんじゃないよ」と心の中で諭していますが、アメリカ人は動じる所がありません。だってSmall Talkですから(Big mouthとSmall talk。ほら、Bigと Smallでしょ...チャンチャン)。



文中英語の回答

”Gravel”---砂利
”Ramp”-----傾斜式踏み段



スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
いちろうさん、こんばんは
銃乱射事件、軍の中でまで起きてしまいましたね。

意外や意外。
アメリカ人は時事問題は大好きなものとばかり思っていました。
DIYはアメリカで生活していくには、必須事項なんですね。
2009/11/08(日) 01:18:56 | URL | Nemo #6jn2IUrI[ 編集]
Re: タイトルなし
Nemoさんこんにちは。

> いちろうさん、こんばんは
> 銃乱射事件、軍の中でまで起きてしまいましたね。
>
> 意外や意外。
> アメリカ人は時事問題は大好きなものとばかり思っていました。
> DIYはアメリカで生活していくには、必須事項なんですね。

本文では入れませんでしたが(他、エントリーでは少し言及していますが)、アメリカでは無常観や”禍福はあざなえる縄の如し”の様な人生観がないようで、あまり深刻な話はしないですね。どこか、笑い飛ばせるような話をしていますね。先日は今回の軍での銃乱射事件の話は出ませんでした。

時事問題も、今やかなり重たく暗い話ばかりですもんね。

DIYはこれは、当方も休日の大半のエネルギーを注いでいる感じですね。春先から晩秋にかけて、芝や木の管理、ペイント...おっと冬は冬でいろんな屋内の仕事があります。これに一家言持っている人も多いので、それはそれは話が弾みます。
2009/11/08(日) 01:56:07 | URL | いちろう #-[ 編集]
ほぼ初対面の人に、プライベートなことをベラベラお喋りするのも、世間様という概念がないから…ということも、あり得ましょうか…(^^)
家や敷地の補修の事は、本当に好きな人が多いですよね。皆さんほんとに詳しい…。
しかし、米領サモア?チリとかアルゼンチンにある街?とか言われたりすると、笑えます。
2009/11/08(日) 12:47:09 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん、こんにちは。

アルゼンチン、もとい、サモワからと思っていたのですが、出発は取りやめになったのですね。


> ほぼ初対面の人に、プライベートなことをベラベラお喋りするのも、世間様という概念がないから…ということも、あり得ましょうか…(^^)
> 家や敷地の補修の事は、本当に好きな人が多いですよね。皆さんほんとに詳しい…。
> しかし、米領サモア?チリとかアルゼンチンにある街?とか言われたりすると、笑えます。

当方の会社の相棒は、BasementにGuestroomを一人で作ったそうです。配管から配線まで一人でやったそうです。日本では配線等は規制があり出来ないのではないでしょうか。

当方も結構Deckの修理や芝の管理をしています。先日も来年向けに芝の種をまいたところでした。当方も、この分野だとSmall talkも出来るのですが、テキ(?)は奥が深いです。


2009/11/09(月) 04:34:27 | URL | いちろう #-[ 編集]
Big mouth!
こんにちは~
Big mouth に反応して出てきますた!

少し前、日本のマクドナルドではBig mouth大賞とかいうのやってますた。
「100年に一度の大不況だと?!オレは1000年に一人の逸材だ!」っていうのが大賞だったと記憶しています。

それはともかく・・・世界の大国がSmall talk とは少々・・・(汗)
でも、実際に行動するのは日本よりアメリカの方が多そうなイメージですけど、はて。。
2009/11/18(水) 16:03:12 | URL | ペンギン村のペンちゃん #-[ 編集]
Re: Big mouth!
ペンギン村のペンちゃん、コメントありがとうございます。

> それはともかく・・・世界の大国がSmall talk とは少々・・・(汗)
> でも、実際に行動するのは日本よりアメリカの方が多そうなイメージですけど、はて。。

こちら(アメリカ)の人は、日本人から見ると普段話している事が既にBig mouthのようですね。ハッキリ言う、沢山言う、言わずもがなのことを言う、斟酌しない、等々です。これは英語の会話の基本で、日本人が英語が不得手なのはこの違いがありそうですね。

こちらの人は皆自分の事を、1,000年に一人の逸材だ!と思っているようですよ。
2009/11/20(金) 13:13:16 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック