アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「社長!サプライヤーにJust in timeと言ったら、製品を納期前にどんどん納入していますよ!」―――英語での時間を表す関連表現のいろいろ
先日の“Soon”で時間を表す関連表現についてつまずいた事例を紹介しました。これと同類の事例は沢山有ります。単語自体は易しいので分かっているつもりだけに、なかなか的を得ないのでしょう。


表題の“Just in time”は「ジャスト イン タイム」で知られた材料、部品等の定時定量納入システムですが、英語でそのまま訳すと少し違和感があります。こちらでは、“On time delivery”と”訳され“て使われています。 ”In“を英和辞典でみると、

“in”:7.[時間を表して] a....(のうち)に、...の間に、...中

とあり、部品納入であれば指示された日時までに、いつでも納入してよい事になります。又、“On”は

“On”: 5.  a.[日.時.機会をあらわして]...に、b. [特定の日時]に、

とあり、こちらの方が定時納入にぴったりです。こちらの会社の購買説明会等のアメリカ人の作成したプレゼン資料では“On time delivery”と謳われています。

気になるので、“Time”より成句をそれぞれ引いてみると、

“In time”: 2.(...に)ちょうどよいときに、間に合って(For)

“On time”: 1.時間通りに、定刻に、

と有ります。こちらでは“In time”でもイメージが合います。トヨタ生産システムの創始者はここを引用したのだろうと思いますが、“On time”の方がもっと定刻を示しています。アメリカ現地の英語環境の中にいるものとしては、“On time”のほうがピッタリきます。

表題は少し大げさにしていますが、アメリカ人にしてみればあり得るジョークではないでしょうか。

当方、アメリカで生産管理(Production Control=PC)の業務も少し行いました。生産管理は時間との競争。よってこの時間を表す関連表現には沢山遭遇し且つ戸惑いました。慣れてしまえばなんでもないですが...

Behind――――――(スケジュール等が)遅れている。
Ahead―――――――(スケジュール等が)進んでいる。
On time―――――(スケジュール等が)予定通り。
Right on schedule-----------(スケジュール等が)予定通り、という事を強調したい時。
Punctual-------------時間に正確な
As of ...―――――...付けで(例:As of today—今日付けで)
Reschedule―――計画変更
Postpone―――――延期
Delay――――――――遅れ
Tight Rope―――綱渡り(辞書には無いですが、当方どこかで事例を聞きました)

因みに、Production Control(生産管理)というのは純アメリカの会社組織には余り見かけないようです。日本での組織管理の名前のようで、こちらでは①Material control,②Inventory Control,③Custemer Serviceと分けて組織を作っています。

それにしても、当方のこの時間を表す関連表現には「計画変更」「延期」「遅れ」、極めつけには「綱渡り」とトホホな事例がよくも並んだようで。管理能力が問われますねぇ。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Hi there, みなさま、ご訪問ありがとうございます。 オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこ・南の島滞在中です。 あいかわらず、な~かなか、ネットに接続できませんが 無事です。元気です。 ただし、チガーという虫にやられまくっています(TT)
2009/09/05(土) 13:01:29 | オンラインで楽しく英会話上達☆オンタノ英会話