アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカ人の友人からのクリスマスカード---“未曽有の難局”の無いアメリカ社会の処世観
クリスマスがやってきました。こちらアメリカでは、クリスマスの方が一年のけじめのシーズンです。Season‘s Greetingsのカードも勿論クリスマスを目途に届きます。

当方の友人のDaveから、今年もクリスマスカードが届きました。その文面も我々日本人が発する時候の挨拶とは少し違い、明るさに満ち溢れています。持っている処世観が違うのでしょうか?

I hope you are doing well. How are the boys.
Nancy and I now have 4 grand children.
My hair is gone… But my sprit remains strong.
We have been married now for 3 ½ years.

“未曽有の経済情勢“には言及せず

彼は標準的なアメリカ中間層市民です。アメリカ人らしく仕事は数回変わりましたが、現在はある会社で中堅幹部社員をやっています。中堅幹部社員の常で、景気が悪くなり、以前勤めていた会社のリストラの対象にもなりましたが、アメリカらしく、又すぐ仕事を見つけて会社勤めを続けています。

昨年からのこんな経済情勢でも、時候の挨拶には仕事の事や経済情勢の事はおくびにも出していません。ちょうど、当方も年賀状を書き終えて投函したところですが、その文面は「多難な入一年でしたが、皆様お元気でしょうか?」との書き出しでした。

会社というものが、日本の様に隷属するものではなく、対等に接するものという考えの満ち溢れている社会では、それを通しての時局の判断などというものは一般アメリカ人は行いません。未曽有の経済情勢により会社が大変になるかどうかは、会社の問題であり、“個”としての自分(には関係なくは無いが)の問題では無い、というのが一般的な考え方です。

よって、“未曽有の経済情勢“の話は出てこないわけです。

年はとっても意気盛ん

彼は50歳台半ばの、当方とは同年代の人間です。文面にあるように、お孫さんも4人います。我々の年代の悩みである髪も薄くなり、殆ど無くなっているようです。しかしそんな事で無常観を感じていません。「髪は無くなったが、精神は衰えていません」との、力強い挨拶文を送ってきています。

総体的にアメリカ人は、年をあまり気にせずに生きています。年齢による上下間の無い社会(であり言語)だからでしょうか。お年寄りでも、派手なピンク色の服を着ている人もいます。又、我々の年代での深刻な問題である定年退職後の生計の問題も、定年退職制度が無く、その人の意思で何歳迄でも働ける社会ですので、50歳台の生き方、60歳代の生き方などというものはありません。

よって我々日本社会にあるような、「髪も薄くなって定年間近だ。過去を反省し、これからの生き方を考えながら暮らしていこう」なる、無常観はありません。肉体的に髪は薄くなっているが、生き方は変わるわけではない、という考えが強く出ています。

日本では若い人は放っておいても元気一杯ですが(最近はそうでもないか)、我々はくたびれてきて無常観にさいなまされる年代です。そういう時に、こういうアメリカの価値観を見せつけられると元気になります。



ここは一つ、この処世観を借りて皆様に年末の挨拶をしたいと思います。

この素晴らしい一年を振り返り、来年も更なる輝ける年になりますようにお祈りしています。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
ご近所さんの結婚報告のBBQに出かけてきました(^^)
いちろうさんの以前の記事にもありましたが、ニュースの話しをする人が少ないというか、自分周りの嬉しいこと・自慢したいことではちきれんばかりの人が多いですね。今回は新郎69歳、新婦57歳、去年、クロスカントリースキーで出会ったというお二方&91歳のお母様の元気ぶりに圧倒されちゃいましたが、こういうよい所は見習いたいと思います♪
私も今年はザ・サバイバルという感じで生き延びたことを心から感謝しつつ、来年もこのまますっ飛んで行きたいと思いますっ!ありがとうございました!!
2009/12/27(日) 15:12:19 | URL | うろこ #-[ 編集]
いちろうさん、今年もいろいろアメリカ社会の断片を切り取って私たちに見せていただいて
ありがとうございました。

今日、偶然TVで目にしたのは、車上生活をしたり、ラスベガスの地下道でのホームレス生活を余儀なくされた人々の姿でした。

次のお仕事をすぐ始めることができる方は能力もお持ちなのでしょうが、恵まれていますね。

うろこさんのコメントのあるように、いつまでも若々しいアメリカ人の姿にも元気をもらいました。

また、来年もいちろうさんの発信して下さる記事を楽しみにしています。
どうぞ、よいお年をお迎えください。
2009/12/27(日) 22:49:11 | URL | Nemo #6jn2IUrI[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん、こんにちは。

> ご近所さんの結婚報告のBBQに出かけてきました(^^)
> いちろうさんの以前の記事にもありましたが、ニュースの話しをする人が少ないというか、自分周りの嬉しいこと・自慢したいことではちきれんばかりの人が多いですね。今回は新郎69歳、新婦57歳、去年、クロスカントリースキーで出会ったというお二方&91歳のお母様の元気ぶりに圧倒されちゃいましたが、こういうよい所は見習いたいと思います♪
> 私も今年はザ・サバイバルという感じで生き延びたことを心から感謝しつつ、来年もこのまますっ飛んで行きたいと思いますっ!ありがとうございました!!

そうですね。こちらの人は、いわゆる時局の話題には関心が無いですよね。それにより、大変な時局を解説し話が暗くなるという、日本人にありがちな負のスパイラルは陥りませんね。

それと本文では紹介しませんでしたが(手紙文に書いていますが)、このエントリーの彼も50歳過ぎての再婚。彼の時も盛大な結婚パーティを行い、皆から祝福をされていました。この辺りも彼我の違いがありますね。

それでは、うろこさんも(いろいろ大変だったようですがアメリカ的に)素晴らしい年が来年も続きますように!
2009/12/28(月) 01:44:11 | URL | いちろう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Nemoさん、こんにちは。

> いちろうさん、今年もいろいろアメリカ社会の断片を切り取って私たちに見せていただいて
> ありがとうございました。
>
> 今日、偶然TVで目にしたのは、車上生活をしたり、ラスベガスの地下道でのホームレス生活を余儀なくされた人々の姿でした。
>
> 次のお仕事をすぐ始めることができる方は能力もお持ちなのでしょうが、恵まれていますね。
>
> うろこさんのコメントのあるように、いつまでも若々しいアメリカ人の姿にも元気をもらいました。
>
> また、来年もいちろうさんの発信して下さる記事を楽しみにしています。
> どうぞ、よいお年をお迎えください。


ホームレス紹介ニュースで日米の違いを感じるのは、日本だと顔を画面に撮らなかったり話す言葉の音声を変えていたりすることですよね。こちらでは、顔は出る、音声はそのまま、新聞の時には名前も紹介します。

「今は困窮してこんな生活を送っているかもしれないが、それで、もって生まれた私個人の尊厳が地に落ちるわけではない」という思想があるようです。”個”の社会アメリカらしいですね。これは、本エントリーにも通じますし、全てのことに通じる"Way of thinking"の様ですね。

こういうことを見聞きすると、元気を貰いますね。異文化を知ることの良さでしょうか。それでは、Nemoさんも、輝ける今年から素晴らしい来年を迎えられますことをお祈りしています。


2009/12/28(月) 01:57:32 | URL | いちろう #-[ 編集]
明けましておめでとうございます
いちろうさま アケオメ でございます。
これ 明けましておめでとうございます を縮めたものでして 最近の若者は ヘーキで使いますし 通じます。携帯の普及に伴いまして 日本語も随分と変わりました。我が家にはまだ若者の息子がおりますので ついてゆけますが そのうち日本語がわからなくなるかもしれません。英語とて同じことでございますね。
スカイプでのレッスンを始めまして ビジネスでの英会話を教える機会が増えたのですが 年齢層もぐぐ~んと若くなりました。
そして アメリカ人が同僚 とか ヨーロッパに赴任とか 英語も偏ったものではなく より幅広くお教えすることとなって日々勉強の毎日です。
お刺身のお話 とても興味深く拝読いたしました。アメリカ人観光客のアテンド通訳をしておりました時 同じ問題がおきましたのです。ですから わたし 魚は魚で日本名で答えておりました。お魚って同じように見えましても種類があったりして 下手に英語に直しますとこちらが思っているものと違っていたりしますのでね。それに英語で言っても知らなかったりしておりました。で 日本語を言った後 説明を付け加えておりましたのです。
今年も益々のご活躍をはるか日本よりお祈り申し上げております。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
2010/01/01(金) 22:04:47 | URL | fountainhead #6NxBSyw.[ 編集]
Re: 明けましておめでとうございます
Fountainheadさん、空けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願いいたします。Fountainheadさんのブログのエントリー楽しみにしています。


2010/01/02(土) 16:47:52 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック