アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ビジネス現場の、“姿さやけき“異文化コミュニケーション-----プレゼンや論文の○、×記号
グローバル化の波は、日本の皆さん方の周りまで、押し寄せてきていると思います。ビジネス現場も、英語が必須の状態になってきて、英語に日夜格闘されている方が多いのではないでしょうか。

この格闘ですが、どうも英語そのものに苦しむだけで無く、英語以前の問題で苦しむ事が多いようですね。いわゆる異文化コミュニケーションの問題です。そんな事例と簡単な解を、英語はともかくビジネス異文化コミュニケーションに、長年親しんできた当方から、いくつかお贈りします。

今回は、プレゼンや論文の○、×記号についてです。これを読んで、“姿さやけき“異文化コミュニケーションを身につけて下さい。

(尚、ここの英語圏文化基準は、アメリカ中西部を基準に取り上げています)。

プレゼンや論文の○、×記号

ますますビジュアル化するプレゼンや論文。いろいろな記号が使われています。日本では、プロジェクト進捗や、成否を表すのに、○、×の記号を使うところがあります。

Aプロジェクト進捗 ○
Bプロジェクト進捗 ×

これは、○は進捗状態良し、×は進捗状態悪し挽回要する、というような意味合いです。これは、文章でくどくどと書かなくても、一瞥すれば意味が分かるので、ビジュアル時代には最適な記号です。

ところが、英語圏では、象形文字文化の日本と違い、これらの○、×の記号はありません。こちらのアメリカ人が迷うのが、日本や日本人からのプレゼンや論文の中にあるこの記号です。

英語では、それぞれ以下のように表現するようです。

(Aプロジェクト進捗 ○の場合) OKもしくはProgressed
(Bプロジェクト進捗 ×の場合) In process

英語はテクスト言語ですので、すべからく文字化しようとし、あまり---殆んど---記号化しません。

因みに、ボディラングエッジの発達している英語圏ですが、これもこの○、×のボディラングエッジはありません。日本では○はともかく×は、ビジネス現場でも、ボディラングエッジとして使うようですね。両腕を体の前で、Xの字に交差させて、「例の商談 ダメだったよ!」等、使います。これが、こちらではありません。

これの“解”

ある客先の、自動車会社のアメリカ人、カナダ人マネージャークラスの人達へのプレゼンで、当方はこの記号の代わりに以下の表現を使いました。

(Aプロジェクト進捗 ○の場合) 1 yard to be down
(Bプロジェクト進捗 ×の場合) 7 yards to be down

これは、アメリカンフットボールから来ています。アメリカンフットボールでは、次の攻撃権を得る---これをdownと言います---為には、最低でも10ヤード前進させる必要があります。これの進度を表すのに、残り必要ヤード数がアナウンスされます。これを説明すると、

1 yard to be down----残り1ヤード進めば次の攻撃権を得る。即ち、もう少しで次のステップにいける。日本の記号でいうと○。

7 yards to be down----7ヤード進まないと、次の攻撃権を得られない。即ち、次のステップにはまだまだ遠い。日本の記号でいうと×。

数字の多寡により、進捗度が分かるというものです。いわゆる、記号法とテクスト表示法の折衷案でしょうか。これには、客先のマネージャーも、いたく感心してくれ、当方はプレゼンの後、別室に呼ばれ、この発案について根掘り葉掘り聞かれたものでした。

その自動車会社は、日系の自動車会社で、そのマネージャーも、日本的記号の使用を見てきていたのでしょう。それが、北米アメリカ人----そのマネージャーはカナダ工場の人でしたが。カナダもアメフットは盛ん----にぴったり来る表記方法に出会い、感心してくれたというわけです。

これが、サッカー圏でのプレゼンであれば、以下のようになるでしょうか。

(Aプロジェクト進捗 ○の場合) IGA(Inside Goal Area )
(Bプロジェクト進捗 ×の場合) BHL(Before Half Line)

IGA(Inside Goal Area)であれば、ゴールエリアに入り込みシュートチャンス!、もうじき得点、即ち進捗OK。 BHL(Before Half Line)は、まだハーフラインを越えていませんので、進捗はまだまだだな、となるわけです。

こうした、その地域のなじみのあるスポーツに置き換えて、記号化---もしくは半記号化-----すると、この“解“になりそうですね。



えっ、そこで×印を出しているあなた、なんですか?この比喩はダメですって。「ゴールエリアに行けども行けども、得点力の無い某国代表チームの例がある」ですって!!!







スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
いちろうさん、こんにちは!
今日の記事、とてお興味深く読ませていただきました。
素晴らしいです!
。。。特に最後の締めが!(笑)

目に見えない到達状況を数値化する作業は、
英語学習でも効果を上げると思いますし、難しいですけど必要なことですね。



2010/06/18(金) 13:59:52 | URL | Nemo #6jn2IUrI[ 編集]
Re: タイトルなし
Nemoさん、今晩は。


> 目に見えない到達状況を数値化する作業は、
> 英語学習でも効果を上げると思いますし、難しいですけど必要なことですね。

確かに、英語の到達度を数値化するのは、難しいですよね、特に”使える英語”の観点の、話したり聞いたりする能力は。

さて、我が代表チーム。オランダ戦は、◎といかずとも、△位の結果であってほしいですよね。
2010/06/19(土) 13:39:55 | URL | いちろう #-[ 編集]
いちろうさん、おはようございますた!
先日、SATCの1を再放送で観ていたとき、彼の長所と短所を書きだすシーンで、
「Pro Low」となっていますた!
へー、○×じゃないんだーって思っていたので、タイムリーな記事に納得ですた!
2010/06/21(月) 12:45:51 | URL | ペンギン村のペンちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ペンちゃん、こんにちは。


> 先日、SATCの1を再放送で観ていたとき、彼の長所と短所を書きだすシーンで、
> 「Pro Low」となっていますた!
> へー、○×じゃないんだーって思っていたので、タイムリーな記事に納得ですた!

こちらでよく使うのが(ビジネスが多いかな)、”Pro Con”(長、短)ですね。”Pro"が「前に」というような意味がありますので。長所、利点の意味で使います。”Con"は短所、欠点という意味ですね。

どちらにしても、あまり---殆ど---記号は使いませんね。少しでもタイムリーなエントリーになって、うれしいです。
2010/06/21(月) 13:17:09 | URL | いちろう #-[ 編集]
生まれて初めて海外(豪州)に出て、語学学校の末席を汚したとき、テストの正解なのに○がない(チェックをもらっただけ)!と驚いた記憶がまだあります…(^^)言語以前の概念は、すごく大事と思います!

スポーツで例えられるとは、さすが!共通のフィールドを探せると、ぐぐっとラクになりますよね。
陸地と共通フィールドの少ない船乗りは、英語ネイティブスピーカーが英語圏でけっこう苦労するの図、がいっぱいあります…左右の表現も、port/starboard でするのはやめてほしいと時々思う私(既にマイルやインチで疲れているというのにっ)
追伸・今回書いた記事にトラックバックさせていただきまーす♪
2010/07/04(日) 05:49:45 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん、今晩は。

> 生まれて初めて海外(豪州)に出て、語学学校の末席を汚したとき、テストの正解なのに○がない(チェックをもらっただけ)!と驚いた記憶がまだあります…(^^)言語以前の概念は、すごく大事と思います!


そうです、そうです。これには当方もびっくりでした。息子の学校のテストの答案を見て、顔が真っ青。一門も正解が無い----○が無かった-----と、あせりました。しかし、この日米記号の差を知って、ほっとしました。正解の時は、チェックマークだけですもんね。

あと、専門的になりますが、経理関係の数字で、日本ではマイナス(赤字)を示すのに、▼を使いますが、こちらでは使いませんね。ただの”-”表示ですね。

コメントありがとうございました。
2010/07/04(日) 13:54:18 | URL | いちろう #-[ 編集]
趣味でつけている英語ネイティブ講師のブログへの日本語サポートに、関連した説明があったので、この記事にリンクをつけさせていただきました~(^^)
http://www.phrasemix.com/englishphrases/man-youre-on-fire.html#disqus_thread
2010/11/23(火) 16:19:55 | URL | うろこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Hi there, みなさま、ご訪問ありがとうございます。 オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。 英語マダム・ジャスミンリュー姐さんが >ほとんど罰ゲーム的な数ヶ月をこれから過ごす …と「朝100チャレ」を宣言されていらっしゃる
2010/07/04(日) 02:38:36 | オンラインで楽しく英会話上達・オンタノ英会話