アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「おぉ、野球のミット(“Mitt”)よ、お前はそんな所にいたのか!!」―――単数と複数の問題その2
先日のコラムでは、日本人には単数、複数の問題は理解不能だという結論に達しました。しかしここで諦めていては後に続く人達のためにならない、と草の根評論家は奮起。今まで蓄積した事例をアメリカの社会背景紹介を織り交ぜながら、少しずつ紹介いたしたいと思います。

1.“Good eyes!”

アメリカは称賛(Appreciation)の社会。子供の下手なスポーツでも親は“Good, kids!”。会社でも生産が上がって頑張ってくれれば“Good jobs”と声をかけます。

いちろうの部署で、作業者のJoeが不良を見つけてくれました。うっかりすると見逃す小さな製品のキズですが重大な欠陥です。そこでお礼の言葉です。「良く見つけてくれたね」と言うのを直訳すると「よい目だったね」と言います。しかし、ここで注意。英語では「目」は二つありますので複数になります。

いちろうーーーーーー“Good eyes, Joe!Thank you”


2.“Cross my fingers”

これはアメリカでBody languageと平行して使われます。何かを望む時に“Hope”という動詞がありますがこれの替わりに“Cross my fingers”と言いつつ、手の中指を人差し指の爪の方に重ねてクロスするようにします(この時に中指を単独で上に向けないように!これはスポーツ界でも問題になっている卑猥な軽蔑する意味のBody languageです)。

これを両方の手で行い相手に示しながら“Cross my fingers”と言うと“Hope”という意味になります。これも指を二つ以上重ね合わせるので“....Fingers”と複数になります。

これは、このフレーズ単独でも使われており今日のラジオのニュースでも“....keep crossing fingers……”といっていました。この地方の州知事のコメントで、「ある政策が良い方向に行くように望んでいる」と言うような意味でした。


3.同類の言葉

物の成り立ちがペアで出来ている物は同じ注意が必要です。一個だけ特定しない限り複数で表します。

    Ears――――――――――耳
    Glasses――――――――めがね
    A pair of pants――――ズボン(パンツはズボンの事です)
    A pair of trouserss――ズボン
    A pair of gloves――――手袋。二つで一セット
    A pair of mitten――――手袋。

4.草の根評論家がトホホになりそうだった言葉

Data―――「データ(複数)」は日本語でも言いますね。ある集合的な名詞で、数えられそうに無いですが単複あります。“Data“は複数。単数は”Datum“。しかし実際上は単数では殆んど使われず”Data“とつかっておけばまず大丈夫です。”Datum“は製図上の基準点(面)の事でもあります。

Result――「結果(単数)」。これも結果が一つだけという活動、実験は余り無いわけで殆んど“Results”と複数で使います。ごくまれに単数で使う場合があります。

Phenomenon―――「現象(単数)」。複数は“Phenomena“。これはやや単数での使用が多いでしょうか。

Feet―――――「足(複数)」ですが、ご存知唯我独尊アメリカではメートル法(Metric)は採用しておらずヤードポンド法を使っています。この長さの単位で、長さ、面積(Square feet)で良く耳にします。
大抵長さ、面積は複数ですので“Feet”, “Square feet”と複数の形でよく耳にします。しかし、メートル法(Metric)と混在している日系の会社で単位の確認する際「ヤードポンド法で」と言う時には“By foot”, “By square foot”と単数が出てきます。



表題のミット(Mitt)に関しては懐かしい思い出があります。 当方の小さい頃は野球が唯一のスポーツで、その時にキャッチャーミット、ファーストミットと呼んでいました。しかしアメリカに来てもミットという言葉は聞きませんでした。この言葉はどこに行ったのか?これは和製英語だったのかなとも思いました。

見かけなかった原因は、①近年野球界ではグラブと呼ぶのが増えた事、②Mittは単数で大抵上記のように“A pair of mitten”と“Mitten”でしか使われてないからでしょう。あの懐かしいミットはこんな所に隠れていたんだ!と思った次第です。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
さっそく遊びにきてみました
ども。こんばんは。
エセダイエッターのMarks.です。

ブログを拝見させて頂きましたが、何と言うか内容が濃いですね!!
所謂一般的なブログというよりは、正に評論だという印象を受けました。自分の日記はアホなことを殴り書きしてるだけなんで、ちと居た堪れなくなりました。。

あと、自分も英語の勉強をちらほら始めようかと思ってたので、また勉強がてら遊びに来ます。

アメリカでのダイエットってハードル高そうですけど、一緒に頑張りましょう!!

それでは。
2006/03/28(火) 02:21:00 | URL | Marks. #-[ 編集]
訪問ありがとうございます。アメリカに来て10数年。経験した事、不思議に思い続けた事が一挙にこのブログになってOutputされているのだと思います。
自分でも良くこんなに続いていると思います。また読んでやってください。
2006/04/01(土) 13:10:19 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック