アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
ビジネス現場の“姿さやけき”異文化コミュニケーション----社内公用語の英語化で、コミュニケーションは“姿さやけし”となるか?
英語を社内公用語にしよう、という企業が出てきて、議論が喧しくなっています。社内の会議まで、英語で行うんだそうです。しかし、英語をなんとか話せたにしても、コミュニケーションが“姿さやけし”となるかというと、そうでもありません。乗り越えなければならない、障壁があります。

これは、①日本人が、日本人相手に英語を話す時に遭遇する気恥ずかしさ、②英語社会は“遠慮”の無い社会である事、がコミュニケーションのミスマッチを引き起こすのではなかろうか、というものです。英語もさることながら、それ以前の心理的なもの、文化的なものも、考慮に入れないといけないようです。本日はそれを取り上げてみましょう。

気恥ずかしさ

こちらアメリカでは、日本人とアメリカ人の混じった会議があります。アメリカ人に対しては当然英語ですが、日本人同士もアメリカ人同席ということで、英語で話しますが、なんとなく気恥ずかしいものです。

それは、日本人にとっては、英語は長い間評価の対象であり、英語が相手の日本人より劣ると、劣等感にさいなまされ、又、相手からは人格否定すらされるのでは、と言う気持ちがあるからでしょう。それが、英語がそこそこ話せる人にとっても、照れとなり、日本人同士の英語の会話が、なんとなく気恥ずかしいものとなるのでしょう。

本当は英語に、良い英語も劣る英語もあろうはずが無く、どれだけその人が持っているものが相手に伝わるか?という問題なのですが、今の日本の英語に対する“空気”では、この心理的な障害が先に立ちますね。

これを理解して、この障害を取り除く工夫をしないと、社内公用語の英語化によるコミュニケーションも、“姿さやけし”とは行かないでしょう。

英語社会は“遠慮”の無い社会

英語は、主語述語がハッキリしている、 確認、言い直しがしょっちゅうある言語で、日本語に較べると“遠慮”のない言語となります。謙譲というものが少ない、と言ってよいでしょうか。

又、英語社会では、相手を、「社長」や「部長」と言う職名、即ちJob Titleでは呼ばない----(注1)まれに例外はありますが----ものです。殆んどファーストネームで呼びます。日本の企業で、公用語の英語化を適応するとすると、Mr.やMs.をつけるところでしょうか。

これらにより、相手に対する“遠慮”というものが、日本社会より格段に少なくなります。この“遠慮”を取り除かなければ、英語の世界に入っていけないと言ってよいでしょう。

ここに、日本社会での社内会議用慣用語を挙げ、それを英訳してみましょう。英訳になると、日本語の“遠慮”というものが、すっかり無くなっているのが分かります。

1.上司の意見に反対の時

*日本での慣用句
「社長、お言葉ですが...」
「お言葉は分かりますが...」
「社長、そうはおっしゃっても事情が...」
「社長のご提案は、抵抗が予想されます。」
「申し訳ありませんが、それは出来かねます。」
「それは困りましたねぇ....」

*英訳:(いずれも括ると)”Mr. Suzuki, I do not think we can implement your suggestion.”
*英訳の日本語訳 :「鈴木さん(社長の事)、私は貴方の指示が出来るとは思いません」

日本で、部下が社長にこういう事----英訳の日本語訳----を言ったら、社長は「ハイ!明日から網走支店へ行きなさい」と言われるのがおちですね。しかし、英語で会話すると言う事は、概ねこんな文章構成になります。

(実際は、もう少し間接的な言い方は出来ますが、それはもう少し英語に馴染んだ人の事であり、近々英語公用化をする大部分の会社の一般社員では、そこまで求めるのは酷でしょう。)


2.上司にプロジェクトの確認、具申をする

*日本での慣用句
「社長、中国進出の件、どうでございましょうか?」

*英訳:”Mr. Suzuki, did you make decision the project that we may set up China branch.”
*英訳の日本語訳 :「鈴木さん(社長の事)、貴方は中国進出のプロジェクトの件、決定しましたか?」

これも、同じですね。気の短い社長なら、「俺に詰問するのか!」と言われそうですね。しかし、英語で確認するには、この表現が普通ですね。

*日本での慣用句
「中国市場は有望視されています。」

*英訳:”I am very much convinced China market is very feasible for us. Again, I am very positive for this.”
*英訳の日本語訳 :「私は、中国市場はうまくいくと確信しています。繰り返しますが、私は、この件に関しては肯定的です。」

あまり、受動態のない英語では、「私は...」で始まる能動態構文が多くなります。又、英語の初心者は、これの方が、英語が出て来易いですね。又、能動態で意見を述べる時は、この“be convinced”や“Believe”をよく使います。これも日本語からすると、言い切る感じで“遠慮“の無い世界ですね。

又、“Again~”以下も、英語では常套の念押しです。これも気の短い上司では、「何遍も言わなくてもわっかっとる!」と、キレそうですね。

いずれも、“遠慮”が入る、否、それ以上のへりくだりが入る日本の社会では、英語化しても、伝えたい事を上手く英語モードにしないと、さっぱり英語が出てこないということになるでしょう。



つまるところ、①厚顔無恥で気恥ずかしさを感じない社員が多く、②社長を「あんたねぇ」と呼べるような“遠慮”の無い会社の方が、コミュニケーションが“姿さやけし”となり、社内公用語英語化に成功する会社となるでしょう。そんな会社、日本にあるのかなぁ。

(注1)
Job Titleで呼ぶケースは、①大学スポーツの監督を“Coarch!”、②大統領を“Mr.President!”と呼んでいるのは聞いた事があります。


スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック