アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英会話の入り口のこちら側
日本人は何年も学校で英語を習うが,多くの人は挫折して英語アレルギーになると言われています。是非視点を変えて英会話の入り口のこちら側に来てください。

先日登場した英会話の先生は各国国民性を良く理解しており、日本人の当方に対しても的確なアドバイスをしてくれ、それをいまだに覚えています。

それは、「会話時には『私郵便局にいきます』でもOKですよ」と言うくだりです。

これは、正式には『わたしは郵便局に行きます』ですが、「英語の入門時には細かいことを気にして結局喋れないより、間違いを気にせずどんどん喋りなさい。それの方が挫折しないですよ」と言うことだろうと思います。

当方30歳過ぎから英会話の勉強を始めましたが、それまでは英会話に興味もあり英語のテープ等も聞く努力をしていましたが、「これは文法的に有っているんだろうか?」等うじうじと考え喋れませんでした。

本アドバイスを聞いて目からパラパラと目からうろこが落ちて、間違いも構わず積極的にトライ。英会話の入り口のこちら側に来るようになりました。

確かに英会話を多少分かるようになって気がついたのですが、Nativeの人でも(人こそ、と言うべきか)結構日本人から見ると”掟破り”英語を話しています。

多いのが疑問形。

(例)The purchase order has been issued.(注文票は発行されました)

日本人の多くの人は、「ううぅ...これは現在完了の受身だから、Hasを前に持って来て...」と考えている間に会話はどんどん進んで取り残されていく、と言う事態になります。

これは、米人の中でも

The purchase order has been issued?(イントネーションしり上が
り)

で済ませる人がかなりいます。なんだ同じ構文じゃないか、と言われると思います。そうです。ちょっとイントネーションをつけるだけで立派な疑問文になるのです。

It is OK?(OKですか?)
You are going there?(そこに行くの?)
You have finished it?(済んだ?)

更には主語等省略を結構しています

OK?
Going there?
you, finish?

今朝から職場で交わした会話を思い出すだけでも上記の様にたくさん有ります。

勿論これは英会話の入り口の話で、正式の会話、スピーチ等とは異なりますが、この入り口近辺の英会話で日常生活の大部分はこなせます。

あなたも是非Breakthrough(壁を打ち破り)し、英会話の入り口のこちら側へどうぞ。

日本語でも結構あるじゃないですか。

わかった?
大丈夫?
やれるよね?

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック