アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
「マック(マクドナルド)のコーヒー食べたい」発言事件----“か行変格活用”と英語文法
先日、家人と小旅行をしていたときのことです。アメリカの小旅行は、ドライブと相場が決まっています。長時間高速運転---この日は時速80Miles/130kmで7時間走りました---で疲れてサービスエリアで、休もうとした時の事です。疲れで頭が茫然としており、会話も少しヘンです。

当方------「あー、マック(マクドナルド)のコーヒーを食べたい。」
家人------「コーヒーを“飲む”でしょう?」
当方------「あっそうか。日本語でも間違うんだから、英語も間違うわな。」

という事で、話は日英文法談議へ。

か行変格活用

アメリカ生活で英語に苦しんできた二人には、このあたりの話題は敏感になっています。

当方------「考えてみるに、日本人でありながら日本語はいいかげんだよな。」
家人------「英語で文法が気になるほど、日本語では文法は気にしていないわよね。」
当方------「そうそう。英語の時制や変化形はうるさく言われるが....日本の“か行変格活用”ってあったよな。」
家人------「かー、きー、なんとか、のあれだっけ?」
当方------「あれは、何の変化を言っているの?」
家人------「えーっと。何かの動詞の変化じゃなかった?」
当方------「全く忘れちゃったなぁ。まあ、それを知らなくても日本語は喋れる訳だ。」
家人------「英語も同じよね。理論よりまず実践よね」

家人も、そんなに英語を“勉強”してきたわけではありませんが、今ではテレビラジオから情報を仕入れ、勿論買い物や家の修理の手続き---交渉含め---もします。理論より実践を旗印に歩んでいる人間の考え方が出ます。

当方------「日本の英語のサイトを見ると、あまりにも文法にうるさいよな。」
家人------「そうよね。英語はまずやってみなきゃ覚えないわよね。文法は、やっていることの確認で振り返るくらいよね。」
当方------「そうそう。」
家人------「理論よりまず実践よね。」
当方------「それに、ネイティブの人達だって、実際の英語では、強調やリズムで文法通りではないのにね。」



それからしばらくして、二人はマックのカウンターの前に立ってコーヒーを注文しました。

当方------“I would like ……Uhhhh, coffee, two coffee, please.”

当方の英語は、不完全な文型ですし、”Could you please ~?”や”Can I have ~?”の様な丁寧な語法ではありませんが、それでもキチンと店員さんとコミュニケーションがとれ、コーヒーも無事入手しました。





スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
大変ご無沙汰しました~。
実は11月の初めに、インディアナから車で1時間ほどの、夫の実家に訪れていました!18時間ほどの滞在でしたが、ワ州は時速80マイルは出しにくいクネクネ山道が多いので、いつまでも続く平地にヒャー!となりましたよ!
いちろうさ~ん!と思いつつ、所用でニューヨークに向かったのですが、まさに人種の坩堝・店員は非英語圏の人ばかりで「用事が伝わること」を目的にガンガンしゃべっているのを、もっと日本でも放映したらいいのにな、と思いました(^^)
雪雪雪、で停電しそうなワ州より~
2010/11/23(火) 13:20:41 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん、お久しぶりです。

> 大変ご無沙汰しました~。
> 実は11月の初めに、インディアナから車で1時間ほどの、夫の実家に訪れていました!18時間ほどの滞在でしたが、ワ州は時速80マイルは出しにくいクネクネ山道が多いので、いつまでも続く平地にヒャー!となりましたよ!

今年は、雨の少ない中西部でした。きっと"Brown great plain"に遭遇したかと思います。時々、山のある風景にあこがれることがあります。

又、インディアナの大平原にお越しください。
2010/11/23(火) 13:56:27 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック