アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
良い年末年始休暇をお過ごしでしたか?(明けましておめでとうございます)----年始の挨拶と社内英語公用語化対処のさわり
皆様、良い休暇をお過ごしでしたでしょうか?ご馳走はいただきましたか?休みはエンジョイしましたか?私は素晴らしい休暇を、家族と共に過ごしました。

(これも、アメリカ流年始の挨拶を、そのまま和訳したものです。「明けましておめでとう)に当たる---と思われる---”A happy new year.”も、年が明けると、あまり聞かれないものです。あまり過去を振り返らない文化からか、「昨年はお世話になりました」の英語版も殆んど聞かれません。それに、自分のことでも、「素晴らしい休暇」とポジティブに表現していますね)

(とはいっても、本ブログは日本語ブログ。ここであいさつを。皆様明けましておめでとうございます。昨年は、拙ブログにお立ち寄りいただきまして、ありがとうございました。本年もこの静かなブログを宜しくお願い致します。)

社内英語公用語化対処のさわり

社内英語公用語化が、昨年から急に脚光を浴びています。これも、唯、英語力だけの問題ではないという事は、このブログの命題でありますが、この年始の挨拶の部分、それから前回のエントリーの年末の挨拶の部分を見ても言えますね。

社内英語公用語化といっても、日本語を英訳するだけでは、少し異なコミュニケーションに----少なくともアメリカから見ると----なってきます。ここは、やはり彼我の文化の違い、言語の成り立ちの違いも理解しておく必要がありそうです。

今年は、もう少し掘り下げてそういう事も書いていきたいと思いますので、この素晴らしいブログにご期待下さい(お役に立てるかどうか分かりませんが、この拙文が少しでもお役に立てればと思っています。と、これも日本的に“翻訳”。しかし、これでは異なコミュニケーションになるのでご注意)。



 



スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
未だに正月気分の皆無な1月にカックシきています(^^)が、あけましておめでとうございます♪
そうですね、文化の違いやクセを無視して単語や文法を詰め込むと、かえって誤解を呼ぶキケンもりそうな感じがする今日この頃です。なにしろ船乗りは陸地の人と常識が違うせいで、英語ネィティブ同士であっても「いらぬ衝突」が耐えませんので…(^^; 
…なにはともあれ、今年もすてきな一年でありますように!
2011/01/06(木) 16:48:00 | URL | うろこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うろこさん

> 未だに正月気分の皆無な1月にカックシきています(^^)が、あけましておめでとうございます♪

「あなたと、ご家族がうまく行っていると希望します」"I hope you and your family are doing well."

と、いうのが、年明けにアメリカ人の友人から来たメイルの内容でした。うーん、アメリカ的ですね。ここは、日本的に、

開けましておめでとうございます。今年もよろしく!
2011/01/07(金) 12:29:42 | URL | いちろう #-[ 編集]
いちろうさん、あけましておめでとうございます!
今年もいちろうさんの素晴らしいブログを楽しみにしています!!

“今年もよろしくね~”にぴったり当てはまる英文はないって聞きました。
全部ひっくるめて“よろしくね”という日本語のファジーなところはとても便利ですが、
英語はspecificに言わないといけないんですよね。

。。。というわけで、やっぱりまるめてよろしくお願いします!
2011/01/07(金) 18:49:19 | URL | Nemo #6jn2IUrI[ 編集]
Re: タイトルなし
Nemoさん、今年もよろしくお願いいたします。


> “今年もよろしくね~”にぴったり当てはまる英文はないって聞きました。
> 全部ひっくるめて“よろしくね”という日本語のファジーなところはとても便利ですが、
> 英語はspecificに言わないといけないんですよね。

そうですね。新年の挨拶にしろ、一般の挨拶にしろ”今年も(これからも)よろしくお願いいたします”というのは、殆ど無いですね。強いてあげると先のコメントに書いたように、”家族”を織り込んで、先のコメント内にあげた例や、"I am very pleased you and your family have good time." くらいなものでしょうか。

一部ビジネス界にあるような、”今後もご指導ご鞭撻をお願いします”のような、隷属的な挨拶は、個の世界英語圏では皆無ですね。
2011/01/08(土) 13:11:06 | URL | いちろう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック