アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカから見た、「日本の若者の内向き志向」論議----雑感集
前回の、コラムを書きながら、且つ、書き終わった後に感じた諸々の事柄です。


アメリカの到達期待値、もしくは価値観として、“アメリカンドリーム”があります。若者の究極の到達点として、あがめられているロールモデルですが、これの「アメリカンドリームに背を向ける、若者の内向き志向」という論議は、こちらではついぞ見た事も聞いた事もありません。これも一極化していない価値観のあるアメリカ社会のなせる業でしょうか。

日本では当然の目標の、経済的に豊かな生活というのが、アメリカでは少し当然では無い様です。当方の会社の元従業員は、会社生活から収入の低いキリスト教関連の教会の仕事に変わりました。当方の会社の仕事が、非常に過負荷でやりきれないという事はなかった---むしろ収入の割には楽な仕事だった様に見受けられましたが----のですが...人生の目標も、多様性に富んでいるようです。

日本の企業でも近年、「ダイバーシティ推進室」が出来て活動しているようですね。実態としては“男女機会均等”活動のようですが...これに与する人が、価値観一極化の「若者の内向き志向」論議に与するという事は、矛盾する事にはならないか、というのがアメリカ側から見た感じですね。

「ダイバーシティ推進室」も、ネイティブの人が聞いたら目を白黒させるのではないでしょうか。こちらは企業従業員数の紹介も、日本のような総数何名、内女性が何名----括弧で表示----ということが無い世界です。日系企業で、これを行うとアメリカ人総務部長がすっ飛んできます。

そういえば、日本での「若者の内向き志向」論議。これを英語で説明するのは、なかなか難儀ですね。上記の価値観の違いで理解されにくい事もありますが、その前に説明用の適当な言葉が、英語には無いからです。勿論、英語の達人であれば、訳せるのでしょうが、こちらで生活する限り、この言葉は一般に流布していないので訳せませんし、ネイティブの人達も聞いても議論がかみ合わないと思います。

英語は、「日本語で考えるな。英語のままで考えよ」という教えがありますが、当方流に言うと「日本の概念で考えるな。英語圏の概念で考えよ」というような事ではないでしょうか。いくら英語で考えても、それが日本の概念であれば、通じるわけありません。


それにしても、この雑感集、Twitterみたいなつぶやき集になりました。それでも、一つ一つの雑感は、140文字以内に入りきれないようで。くどい文体のなせる業ですね。




スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック