アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---追記編
前回のエントリー【英語圏の概念に無い日本語フレーズ集:和英大辞典---”反省しないアメリカ人”というよりも”反省の概念が無いアメリカ人”】に関しての追記です。



当方も、英語の文法を習い、単語も習ったのだけど、いざ実際に会話する段になるとなんと話してよいのやら、さっぱり見当がつかないという事がありました。

日本時代、会社を訪れた外国人。直接の相手ではなかったですが、そばを通りかかる時に、なにか声をかけたいと思っていましたが、何を話してよいのやら分かりませんでした。「遠い所を、こんな田舎まで大変でしたでしょう」と、当時日本人のお客さんに言ってた様に言うのもなんだか変だし。どう言うのかな?と悩んだ物でした。今考えてみると、この話す事の概念の違いがあったのですね。

又、アメリカに来てアメリカ人同僚と仕事を始めた時に、なんとなくギクシャクした事もありました。仕事の評価をめぐり、日本人は「まだまだ、これくらいでは安心できない」と考え口にしますが、どうもそれがアメリカ人にはフラストレーションが溜まるような感じでした。

この頃は英語で意思伝達は出来始めていましたが、この辺りの行き違いが結構ありました。今から考えると、誉めるアメリカ社会と“重荷を一生背負っていく“日本社会との違いだったのですね。


和英辞典の追記

英語圏の概念に無い日本語フレーズ集の追記版です。

*うっそ- / 嘘でしょう
--“It’s a fiction.”
--これを、文字通り“It’s a lie.”や”You are a liar.”とやると、少し大変な事になります。「嘘をつく」という事に大変な贖罪感を感じる英語圏の社会では、“It’s a lie.”や”You are a liar.”を面と向かって言われると、会話に大変な緊張が走ります。
--こちらでは、よく冗談を言って(中には架空の話も盛り込む)笑わせる人は、さらりと“It’s a fiction.”と言います。これだと、話をハイカラに(うーむ。死語か)収められます。

*嘘も方便
--該当無し。
--当然、この英訳も通常では(英語学的にいえばあるかもしれませんが)聞きませんね。
--某国前首相の発言で話題になったこの言葉。もし、こちらの政治家がこれに近い事でも、一旦口にすると政治生命はなくなるでしょうね。



この概念の違い、文化の違いと呼んでも良いかと思いますが、英語以前の問題で立ちはだかります、これを知る事は英語学習以上に重要ですね。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック