アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
最近のつぶやき集-----私のTwitterから(4月15日週分)
私のTwitterから、4月15日週分です。本日は、①英語の取り組み方、②アメリカ一般、その他、です。

近くのルイビルで、恒例の(日本から見るとやや季節はずれですが、寒い中)花火大会がありました。これは、5月初めに行われるケンタッキーダービーの関連イベントとして行われるものです。

この関連の一つに、来週マラソン大会があります。さて、腰が少し痛い当方。どうなりますやら。

Twitterのアカウントは@ichiro_indianaです。興味のある方は覗いてみてください。



英語の取り組み方

●(1)こちらの和食レストランチェーンに、Kansai(関西)という店があります。いま新規出店でラジオで宣伝をしていますがこれを〔カンザイ〕と発音紹介しています。(ある語順では)英語的にはSが濁音になるのですね。〔キャンザイ〕とならないのは、店側の意思が伝わっているのでしょうか。

(2)日本の会社等で、アメリカマーケットで損をしているなと思うのは、この英語的に濁音に変化するケースです。自動車のIsuzuもこちらでは〔イズズ〕と発音されます。

アメリカ一般

●本日、近くの公園で、14km走実施しました。森に囲まれた、一周4km弱の起伏のあるコースで、練習には最適なんですが、今年は暖冬だったせいか花粉や花びらがすごく多く、喉や目に飛び込んできて大変でした。

●I did not know what the smudges are. Are they something like patterns like stains or something bird preventing flavors? Do they work well?

●(1)大学バスケ全米一になったケンタッキー大学から、プロ(NBA)に4~5人行く(ドラフト)のだそうです。しかもFreshman(一年生)が多いとの事。NBAは一年でも大学に行かないと、ドラフトにかけないのだそうです。

(2)これは、大学スポーツの人気と力が強いこともありますが、大学教育に対する社会の認知度もあります。大学スポーツ選手も授業の単位が取れないと、そのチームが出場停止にもなるそうです。割と真摯に大学教育を考えているようです。

(3)以前、NBAのスーパースターのシャキーオニールがプロ生活の途中に、大学復帰して単位を取り直そうとした時に、ひじょうに好意的に報道していました。ポジティブな認知度ですね(変な日本語)。

●なるほど、日本の文房具は良いんだけど...こちらで使わないのにErasableボールペンがあります。アメリカ人も、日本人からのお土産でもらいましたが、使っていません。こちらではボールペンはサインのときの必需品。それが消せるとなると困ります。まず普及しないでしょうね。技術が良くても世界では普及しない例でしょうね。

●本日こちらで、ルイビルの花火大会があります。ケンタッキーダービーの行事の一環です。日本の夏の風物詩と違いこちらでは、①気温10度C前後の中実施(浴衣にうちわが懐かしい!)、②夜9時半という遅い開始(夏時間の為、夜9時位までは明るい)、という特徴があります。
http://thunderoverlouisville.org/

(2)くだんのルイビルの花火大会。アメリカらしいといえば、軍事大国アメリカ。花火の前に数時間、軍事用飛行機のエアーショーがあります。輸送機から偵察機、戦闘機までオンパレードです。戦闘機は、ロケット弾格納庫をオープンしながらのデモ飛行です。さすがアメリカ。参加者の喝采を浴びています。

(3)更に、くだんのルイビルの花火大会のアメリカらしさ。花火の前に、ヘリコプターが巨大な星条旗を吊るしながら(ライトアップ)飛行して、観衆に披露していました。それに、開会の時と、花火のクライマックスでの国家斉唱は、上等ではなかった、常套ですね。

(4)この花火大会。今回は寒くてテレビ鑑賞でしたが、その時のメイン時間帯のスポンサーが、韓国系自動車ディーラーのKIA(紀亜)グループでした。韓国車の勢いを感じます。

(5)それからアメリカのこの手のイベントの特徴として、市や県の公共機関は全く関与しませんね。「我々の税金をこういう行事に使うとはけしからん」という思想が徹底しているのでしょう(使えば、訴訟が起こるでしょう)。道路規制等の便宜は図ると思いますが。








スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック