アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
スローランニングについて------その効用について
スローランニングを始めて数週間が過ぎました。暑い夏場は走るのがしんどいものです。昨年はもっぱら、涼しい屋内でインドアバイク(自転車)をこいでいましたが、今年はこのスローランニングの効用で、暑い中も屋外で走る距離を重ねています。

それらの効用を報告します。




スローランニングの効用

今年は炎天下でも、スローランニングの効用のおかげで走り込みが出来て、週に32~36Miles(50kms強)走っています。暑い中走ると汗はかきまくりますが、息が上がるまでは速くないので、走った後に気持ちの良い汗となり、疲れ果てることもなく次の日も走ろうという気になります。

又、時間がある休日には距離も稼げるようになり、既にハーフ走(13Miles=21kms=時間で2時間40分)を二回、10Miles=16km(時間で2時間)走も二回、週末にこなしました。このハーフ走の翌日も、いつも通り5Miles(一時間)走をこなせるようにもなりました。

さすがに一週間を通すと、連日は疲れるので休養が必要で、週に二回位は休みを入れています。しかし昨年や今年の夏場初めの頃の、一時間走もできなかった事からみると画期的前進です。

閑話休題----面白い話

素人ランナーの底辺にいる当方でも、ランニングを続けると結構体重も落ちてきて、ランナー体型、顔つきになってきます。特にもともと面長の(心ある友人はこれを馬づらと言いますが)当方は、頬もこけてげっそり(本人強調、精悍に)してきます。

歳を取って痩せてくると、体でも悪いのではないかと回りも心配するようで、あらぬ疑いをもたれます。久しぶりに会う知人からも、

知人-----「(うむむむ)どうですか?体調の方は。すごくスマートになられて(うーむこれは心配)」
当方-----「ええ、極めて元気です!毎日良く走っているんですよ!!スマートになったでしょ!」
知人-----「(うむむむ)まあ、お元気でね。気をしっかり持ってやってね(うーむ)」
当方-----「(そんな類ではないんだが)ハア...」
知人-----「(うむむむ)美味しいものも心置きなく食べてくださいね(うーむ)」
当方-----「(そんなことではなくて)ハア」
知人-----「(うむむむ)行きたい所にも行ってね。楽しんでくださいよ(うーむ)」
当方-----「(そんなことではなくて)ハア」



スローランニングの効用の方は、これが続くと体幹の強化され、スピードも上がり来年のマラソンでは悲願の4時間を切る記録が出そうな....と欲を出すと故障したりするのでしょうね。良い汗をかけるだけありがたいと思って続けましょう。






スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック