アメリカ中西部での生活、仕事、英語、スポーツ、文化に関する草の根評論
アメリカ中西部の秋模様------ランニング練習近況も少し
同じく、日本の読者から、「アメリカ中西部の秋の様子はどうなんだ?想像もつかない」という問い合わせがありましたので、最近の当方居住区周辺の様子を紹介してみたいと思います。

今年はまだ本格的な冷え込みが続いていませんので、木々の紅葉はいまいちというところでしょうか。

それと、最近のランニング練習状況を少し。

photo5.jpg
(本格的紅葉は未だです。芝生も青々)



中西部の秋

photo3_20131101025410db3.jpg
(秋の刈入れの最中です。ここは終了。中西部の典型的な広大な畑が続いています)

アメリカの中西部という定義の地方は、東西南北に膨大な広さがあります。西はカンザス、ネブラスカ辺りから、東はインディアナ、オハイオ辺りまであります。又、南北も広く、北はウィスコンシン、アイオワから、南は当方の住んでいるインディアナ辺りまでなります。

インディアナ、オハイオ辺りは、全アメリカから見ると東側になりますが、開拓時代は西部地方がまだ確定していなく、行政テリトリーがずっと東側に寄っていたのでしょうか。それでこの地方が相対的に中西部になったという説もあります。

この広さを日本地図に当てはめると、南北は関東地方から北海道、東西はそれこそ北海道から九州までカバーする広さとなります。

そんな中西部ですので、秋模様も様々です。本編は当方の周辺の中西部の秋という事でご覧ください。

photo7.jpg
(ここらの畑はこれから刈入れです)

photo4.jpg
(アメリカの秋の道路)

photo8.jpg
(似たような風景です。アメリカに来て絵画の遠近法に納得)

photo6.jpg
(まだ緑豊かな所もあります)

ランニング練習報告

最近は、仕事が忙しく(言い訳その一)あまり走り込んでいません。10月度の走り込み量は、約100Miles(160kms)となりそうです。

しかし、スローランニングの練習過程で、長距離走(20Miles=33kms超え)を行ったためか距離への不安という面では解消された様です。先々週の日曜日にふらりと出かけて2時間強(13Miles=ハーフの距離)走ってきました。その頃はあまり走り込んでいませんでしたので、2時間持つかな?という不安がありましたが、問題なく帰還。足腰も問題なく次の日には6.4Miles(10kms)の練習が出来ました。

やはり、一回でも長距離走が出来ていると、自信になるようですね。



本日はハロウィーンですが、中西部一帯は気温も平年より高く、風雨が強くなってストーム(嵐)が来ています。これも近年の異常気象の一つでしょうか。









スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック